2018/06/24

20歳からの初めて一人暮らし失敗しない必ず見るべき10のポイントはこれ

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

どうも通算人生6回引っ越しをしている内田です。

引っ越しっていろんなお金がかかるので大変ですよね。

  • 引っ越し料金。
  • 敷金。
  • 礼金。
  • 家賃。
  • 共益費。
  • 仲介手数料。
  • 火災保険料。
  • カギ交換の費用。
  • 保証会社初期費用。
  • 新居に必要家具など。

簡単にあげましたがまだ他にもお金がかかるモノばかり。

今回ぼくが伝えたいことはこういった項目ではありません。

実際に体験した見るべき10項目を知ってもらいたくて書いています。

これから新居への引っ越しを考えている20歳以上の人へ向けて参考にしてもらいたいです。

下見するときの10の注意点。

  1. 入り口のニオイ、湿気チェック。
  2. 水回り。
  3. 床のフローリング。
  4. 洗濯機の場所。
  5. 元から付いている収納場所。
  6. カーテンの高さ。
  7. エアコンの状態。
  8. 郵便ポスト。
  9. 物件の周りのキレイさ。
  10. 自転車置き場。

ある程度はネットから見て物件の画像や家賃、駅から何分かなどの情報は載せてありますよね。

気になる物件は絶対に内見してください。

見てイメージと違う部分は何個でも出てきます。

では1つ目から見ていきましょう。

入り口のニオイ、湿気は?

まず最初に入ってからのニオイ。

これはかなり大事です。

ぼくが今借りている物件は入った瞬間に

えっ湿気?カビ?病院臭?とりあえずなんかニオうな。

内田

そんな感じだったんですね。

前に住んでいた人の生活臭ではなかったんですね。

タバコ臭なんか最悪ですからね。

不動産屋さんに聞いたら「前入居者が退去して半年以上は経っていますね。」とのこと。

人が全く出入りしてないからニオイがこもっていたのか?

1週間ほどしたら慣れたので今は何も感じなくなっていますが湿気がこもりやすい場所はチェックです。

水回りのチェック。

  • 風呂場。

浴室内の隅々まで見る。カビは生えていないか?

もし残っていたらカビが生えやすい可能性はあり。

ちなみにぼくが借りているところはカビキラーでも落ちません…。ショック。

完全に見落としていました。

事前にカビのチェックをしとく。

  • キッチン下。

ここはかなり危険。

何がって?

Gに要注意

内田

答えはゴキブリ。水回りの中でも1番出やすいところ。

ちなみにぼくの場合、丁度1ヶ月たった頃に1㎝ぐらいの大きさのGが出ました。

速攻であの世行きにしてあげましたけど。

翌日ゴキブリ最強駆除アイテムコンバット

を仕掛けたらそれから出ません。

恐るべしコンバット。

排水伝って出ることが多いので防ぎようがない。

だかコンバットで事前対策を確実に。

近くに飲食店がある場合もかなり要注意。

  • 洗濯機周り。

メジャーは必須アイテム。

使っているモノを運ぶにしろ、新品をつけるにしろサイズの確認は絶対。

もし新品買ってサイズ合わないなんかショックすぎますからね。

  • トイレ周り。

水の勢いは?

破損しているモノはないか?

入念にチェック。

トイレ独特のニオイはどうしようもありません。

  • 水漏れ確認。

ここをチェック漏れしないように。

ちなみにぼくは入居してから管理会社の担当者に2回来てもらいました。

風呂場、炊事場の蛇口。

蛇口ひねる中のパッキンが劣化しすぎて完全アウト。

ここから水漏れが2回も。

普通入居する前に点検するでしょ?

内田

少し怒り口調で電話したら申し訳なさそうに謝ってこられました。

完全に管理会社のミス。

内覧時に蛇口ひねって1分ぐらい出してもらいたいところなんですが…。

水道の契約ができていなかったために水の出方の確認ができません。

ここは入居する日に水漏れ確認は1番にしてください。

確実なのは不動産屋さんに

入居当日は水漏れしないようにパッキンは変えてあるんでしょうね。

内田

っと一言。

念には念を。

  • オール電化はお湯の確認。

これも事前確認ができないため、不動産会社を通して管理会社にしっかりと確認を。

オール電化は夜中にお湯をつくってストックしておきます。

一人暮らし4

赤丸部分が全くランプが点灯しない。

 

ぼくの場合そもそも電力会社のメーターがぶっ壊れていた為

  1. 管理会社。
  2. メーカー。
  3. 電力会社。

この3つを経由して直してもらいました。

一人暮らし1

この3つあるうちの1番上のヤツ。

一人暮らし2

これ自体が全く作動しない状態。

ランプ点灯しない原因はこのメーターにあったんです。

ここまでかかった日数5日。水シャワーで辛い思いをしてしまいました。

気温がそこまで低くなかったのでなんとか耐えることはできましたが。

ここも不動産屋から管理会社を通して確認をとっておいてください。

水風呂に浸かる運命だけは避けてほしいから…。

五日間の家賃返してくれ。

内田

電話で言ったら管理会社の担当者が激しく反省していました。

こんな風に入居する前の段階で点検がおろそかな部分もあるので口頭で確実に伝えておきましょう。

ちなみにオール電化のシャワーの水圧は弱いですからね。

強めにヒネってもある程度の圧力までいけばそれ以上はないです。

ここにこだわる人はオール電化は不向きですよ。

床のフローリング。

傷み具合は最初にチェック。

ぼくの場合は窓際の部分の損傷がひどくて事前に不動産屋に言ったにも関わらず直っていない。

えっここの管理会社グダグダやん。

内田

率直にこれしか言葉が出てこん。

早急に直すとのことで当日直してくれました。

壁紙は新入居者が入る前に変えてあるのが基本。

これは絶対なので。

窓の開閉は?

窓って意外にも閉まりにくい所って多いんですよね。

劣化してボロボロ、滑りが悪いなど。

最低10回は開け閉めしてくださいね。

内覧は午前中から昼間にかけていくのがベスト。

日当たりの確認で湿気の多さが違ってくるから。

やっぱり太陽の光が入ってこないのなら湿度が圧倒的に高くなります。

ぼくが住んでいる所も部屋までしか光が入りません。

風呂場、玄関まではどう考えても無理です。

対策としては常に換気扇を回すことぐらい。

これしかないでしょう。

そもそも完璧に光が行き届く部屋なんか聞いたことがありませんし。

洗濯機の値段と場所。

これのどこが重要かって言ったら外置きor中置きかってこと。

大体が部屋の中でしょう。

ちなみにぼくは外置きです。

何が言いたいのかって外置きの場合は新品で安い洗濯機で十分ってコト。

まず雨風にさらされます。

太陽も直接当たる。

劣化が早いってコトです。中に置くよりも。

10万前後するヤツはいらない。

2〜3万で全然問題ないんですよ。

ちなみに毎回部屋干し。

部屋干しスタンドと除湿機の併用で問題なく乾きます。

外に干すベランダもあるんですが仕事行ったら朝から夜まで帰ってこないのでもしもの場合。

スポンサーリンク

天気が急変した時のために最初っから部屋干しの方が確実。

外干しで濡れたら二度手間になるでしょ。

事前に防ぐ。

家で仕事ができる人は外でもいいですがね。

ちなみに外置きになるとこんな感じ。

一人暮らし3

引っ越した後、蛇口と洗濯機をつなぐ部分が劣化しすぎていました。

これは新しい洗濯機で家電量販店の配送の人が設置までしてくれました。

が、しかし蛇口のつなぎ目からすぐに水漏れ。

「管理会社に言って変えてもらってください。」とのこと。

すぐに電話して変えてもらいました。

これだけは言えます。

当たり前のことですが外置きの洗濯機は消耗が早いってこと

元から付いている収納場所。

ワンルームの場合クローゼットが付いている所もあります。

新しく引っ越す際にはクローゼットに収まる分だけを持っていくのがベスト。

服を外に出したままになると部屋が確実に狭くなります。

新居に行く前に断捨離した方がベター。

一軍も二軍も全部持って行くからな。

内田

「やめとけ。選抜一軍だけでも十分だろ。」

靴の収納スぺースも限られてきます。

一人暮らし5

物件にもよりますが男性の28㎝ぐらいなら3足+もう1足。

もう1足は片方づつ入れる羽目になります。

一人暮らし6

入れたらこんな感じ。

ぼく自身はこれにサンダルがもう1足の合計5足しかありません。

メインで履くのは決まっていますからね。

ワンルームですから5足ぐらいって考えた方がいいです。

意外にも狭いので。

でもよく考えたら5足もあれば十分なんですね。

たくさんあっても履きこなすことはできません。

モノのために無駄にスペースを取るのはやめておこう。

カーテンの高さ。

メジャーはここでも役に立つんですね。

古いのを持って行くより新しく買うことの方が多いです。

サイズ確認をしなかった為に「ワンサイズ大きめを買ってしまった。」

なんてことがあるんですよね。

返品する手間もかかるし一度開封してしまうと拒否される場合がありますからね。

エアコンの状態。

家電は10年持ったらいい方なんて言われたりします。

もしエアコン付きの物件であれば一度試運転させてみてください。

正常に動くのであれば問題ありません。

ぼくの場合は下見の時に

ここに決めようと思うんですが新しいエアコンに変えてもらえるんですかね?

内田

不動産屋は即答で無理ですとのこと。

壊れない限りは現状のモノを使えと。

修理しても直らなければ新品に変えてくれるみたいです。

よく考えたらみんなが入居する際に全て新しいモノに変えていたらバカでかい金額が出て行きますよね。

そりゃ管理会社も相当な出費。

ちなみに玄関のドアノブがあまりにも汚かったので変えてもらえませんか?って言ったら

壊れていませんから無理ですと。

備え付けのものは壊れてから変えてくれるので安心。

郵便ポスト。

ここはかなり要チェック。

まず手が入るようなら危ないです。

そのまま郵便物をごっそりと持って行くヤツもいたりしますから。

あれっ生命保険の控除証明書来てないやん。

内田

って保険会社に問い合わせたら送りましたけど…。

もう1週間も立つのに来ていない。

こうなるとマンションの住民の誰かってなってくる可能性は高いんですね。

なので下見に行った時には部屋だけでなく集合ポストも絶対に確認しなくてはいけません。

完全なる窃盗です。

手が入りそうなポストはやめときましょう。

他にも大切な手紙や通知書などがなくなる危険もありますから。

これはホンマにある話。

怖っ。

物件の周りのキレイさは?

これも見落としがちな部分。

部屋ばっかり気になって周りのことが見えなくなるパターン。

  • 物件の入り口。
  • 物件の裏。
  • 階段。
  • エレベーター。
  • ポスト周りの不要チラシ入れ。
  • 自転車置き場。

この辺がキレイに掃除ができていないところは即却下。

汚いところに好んで住みたい。

内田

こんな風に思うバカはいません。

あっちなみにぼくはキレイ好きですから。

掃除ができていない物件はイヤでしょ。

朝出る時、帰って来た時にゴミまみれの家なんかストレスたまるでしょ?

基本は管理会社か大家が徹底してキレイに掃除はしているところがほとんどですから

ごくまれに危険な物件もありますから。

そこは実際に見てみないとわからない部分。

自転車置き場。

キレイかどうか?

これも大事なんです。

がしかし、見るポイントは屋根付きかどうかってこと。

屋根がついて入れば問題なし。

さらに自転車を使わない、持っていないならば関係なし。

自転車通勤しているならば屋根がないといけない理由。

  • 錆びる。
  • 雨降った後、サドルがびちゃびちゃ。
  • 劣化しやすい。
  • お気に入りの自転車生命が縮まる。

屋根無しはこんなコトを気にするでしょ?

気にならない人はそれでいいでしょうけど。

高級な自転車は盗られる危険もあるので。

もし玄関入り口におけるスペースがあるのなら中置きしましょう。

ただそのスペースの幅を確認しておくためにここでもメジャーの活用も

まとめ。

  • 入り口のニオイ、湿気チェック。
  • 水回り。
  • 床のフローリング。
  • 洗濯機の場所。
  • 元から付いている収納場所。
  • カーテンの高さ。
  • エアコンの状態。
  • 郵便ポスト。
  • 物件の周りのキレイさ。
  • 自転車置き場。

これらは最低でも下見に行った時に必ずチェックしてくださいね。

不動産屋は基本的に借りる側の質問には答えてくれます

が、しかしです。

不動産屋から何か言ってくることはないに等しい。

全てを不動産屋をあてにしてはいけません。

例えば日当たりでも

「おそらくこの辺なら日差しありますよ。」

はぁおそらくって何?

内田

こんな適当なことを言ってくる人もいる。

絶対にあてにしてはいけません。

絶対に行くなら10時から14時ぐらいがベスト。

一人暮らしに失敗しないためにも自分の目でしっかりと確認すること。

住むのは自分。不動産屋ではありません。

100%納得のいく物件なんてありませんからね。

80%満足できそうなら契約してもいいと思います。

残りの20%は目つぶっとこう。

内田

ぼく自身今住んでいるところは80%は満足しています。

あかん所もあるけど慣れます。

1ヶ月おったら慣れます。

慣れって怖いですよね。

住めば都とはよく言ったもんです。

ぼくの体験談も交えて伝えました。

最低限、内見する時に持って行くもの。👇

  • メジャー。
  • 筆記用具(スマホのメモ帳アプリ。)

お金も時間も使って住む所なので快適に過ごすためにもチェック項目は必ず必ず必ず五感を使って確認してください。

しつこく3回言いましたからね。

適当に見ることだけはやめてくださいね。

最後に防音対策には鉄筋コンクリートがオススメです。

しかし上の階に住むヤツのテレビの音が大きすぎて困る。なんか窓開けて丸聴こえなんやけど…。

内田

あなたにイイ物件見つかりますように。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です