2018/06/24

30代メンズに刈り上げをオススメする理由10個はこれっ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

30代のあなたは今の髪型に満足していますか?

ぼくは満足しきっています。

「満足してるよ。」っていう人は読まないでください。

タイトルで言っていますがなんで刈り上げをすすめるのか?

10個の理由があるんですね。

一気に挙げてみますね。

  1. 見た目がスッキリ爽やかすぎる。
  2. シャンプーが圧倒的に楽チン。
  3. メリハリのあるスタイルにできる。
  4. 薄毛には、かなり有効。
  5. スタイリング剤が少量で済む。
  6. 好印象を与えるコトができる。
  7. 白髪をごまかすコトができる。
  8. 汗かいてもサッと一拭き。
  9. 薄め刈り上げ部分には寝ぐせがつきにくい。
  10. カット後の爽快さはピカイチ。

細かく説明していきますね。

見た目がスッキリ爽やかすぎる。

刈り上げスタイルを見てどう思いますか?

スッキリ感が見た瞬間にわかりますよね。

襟足を長めにしたスタイルとは真逆の髪型。

30代にもなってくると襟足部分が邪魔になってくるんですよね。

ちなみにぼくがそうだから。

ぼく自身もここ5〜6年は刈り上げにはまっています。

なんかね襟部分に髪の毛があるのが急にうっとうしく感じたんですね。

それまで刈り上げなんて高校性の時にした以来した記憶がない。

15年ぶりに刈り上げて今現在進行形。

30代にもなってくればおっさんの領域に入ってきます。

「いつまでも若くいたい。」

そんな思いもありつつ体は衰えに入っていく。

当然気持ちだけは若くあっても老けて見られることが出てくる。

刈り上げには爽やかさが出ます。

モサモサ中途半端に伸ばしているよりもはるかに見た目はイイです。

  • 「そんな髪型はリーマンがする髪型だろっ。」
  • 「余計に老けて見えるだろっ。」
  • 「刈り上げてたらみんな同じに見える。」

こんな意見も出てきそうだけど

  1. 確かにリーマンがする髪型ってコトは間違っていない。
  2. 余計に老けるって?そんなことはない。
  3. そう。みんなおんなじ。かぶることは必須。

でも刈り上げって男性的に見えるヘアスタイルってコトは間違いない。

スッキリさわやかに見せることができるのは刈り上げで間違いない。

シャンプーが圧倒的に楽チン。

刈り上げた人はわかりますよね。

サイドとバックの髪の毛の感触。

超気持ちいいぜ。このシャリシャリ感。最高〜。

内田

短いてっことは頭を洗うのに手間がかからない。

そう短時間でシャンプーを済ませることができるんです。

  • 指の腹を使うのが基本。
  • シャカシャカ動かしてマッサージを全体にする。
  • しっかりとすすぐ。

どれが1番早いか?

髪の毛の短いすすぎがダントツで1番早い。

刈り上げていたらお湯の流れが圧倒的に早い。

地肌を流せば自然と髪の毛の泡も流してくれるんです。

髪の毛の泡を流すというより頭皮の泡を流すって言った方が確実かな。

リンス、コンディショナーは不要。

髪の毛が痛んでいない限りシャンプー後のリンス、コンディショナー、トリートメントは入りません。

めちゃくちゃ傷んでいて引っかかるコトがあればする方がベター。

傷んでいないのにやるのはムダてってこと。

カラーリングやパーマをしていない髪の毛は特別長くない限り傷むコトはないでしょう。

仕上げでボリューム出そうにも重くて出にくいコトもあるからね。

ムダを省くのが1番。

メリハリのあるスタイルにすることができる。

サイドとバックが刈り上がっていれば

  • ソフトモヒカン。
  • 七三分け。
  • オールバック。
  • ツーブロック。
  • ベリーショート。

は薄めに刈ってしまうのがベスト。

なんでもハマります。

2〜3ミリで刈れば頭皮が見えるぐらいになるのでオススメ。

ぼく自身は毎回2ミリで刈ってもらっています。

見た目でも色のコントラスト(明暗)が効いてきます。

例え1センチぐらいで刈っても色の差が出ません。

地肌が見えるぐらいの薄めがオススメ。

2ミリぐらいって最初はスゴく恥ずかしく感じます。

でもこれはホント最初の1週間ぐらい。

あとは自然と慣れていきます。

1回2ミリで刈り込んだらそれが快感に変わるコトもあります。

2ミリじゃないと刈った気がしないぜっ。最初は寒いけど…。

内田

ここまでいけば立派な刈り上げマスター。

前から刈るのはやめましょう。

それは、ただのボーズだろっ。

内田

スポンサーリンク

上の髪の毛は長めでも短めでもとりあえず頭皮が見えるくらいの薄々に刈ってしまうのがベスト。

薄毛にはかなり有効。

有効も無効もあるのかって話なんだけど。

決して無効にはならない。

前髪からつむじにかけて髪の毛が薄くなっています。

さぁサイド、バックをどれぐらい残すか?

ここは刈り上げてしまうのがナイス判断。

髪の毛が薄くなってくるのは年齢的にもしょーがない。

細くなればボリュームもなくなる。

てっぺんが薄いのにサイド、バックの髪の毛を残す。

これは失敗。

薄毛丸出しカットはやめとけっ。

内田

ハゲてきているのがバレバレになってしまうからね。

潔く2ミリ以下の刈り上げがオススメ。

薄々に刈っても1週間もすれば地肌も見えなくなります。

あっという間に伸びるから。

長めの刈り上げは選択する余地なし。

スタイリング剤が少量で済む。

髪の毛につけるスタイリング剤は少なければ少ないほど経済的。

コスパがかからなくてイイ。

刈り上げている部分にはつけるコトをしなくてイイから。

毎日使うものだから質のいいモノを使うのがベスト。

ムダに高いのを買っても長続きしにくい傾向がある為。

2000円ぐらいのスタイリング剤を使うことができればいいけど。

そこまでの金額をかけなくても安くてイイものを手に入れればイイでしょう。

最終的には自分の髪の毛とあっているかどうか?

これしかない。

ちなみにぼくは今使っているのはドンキのジェル。

安くてめっちゃイイ仕事するんですよ。

刈り上げておけばワックスやジェルといったモノが少量で済ませれるコトは経済的。

好印象を与えれる。

まず悪い印象でうけとられるコトはほとんど無い。

刈り上げこそ好印象。

内田

これは角刈りやスポーツ刈りは含みません。

ひと昔前の髪型だから。

ほとんど見かけるコトもなくなったんです。

どうしても硬い印象になってしまうから。

刈り上げと言っても柔らかい印象を与えるヘアスタイルにしましょう。

四角くならないように丸めに丸めに柔らかく…。

美容室に行けばほぼ間違いないでしょう。

角刈りにするメリットは思いつきません。

誰でもカッコよくありたいと思いますよね?

カッコいいヘアスタイルをすれば容姿に自信が持てます。

逆に変な髪型ならストレスが溜まります。

さわやかさと涼しさを発揮する刈り上げは好印象です。

白髪をゴマかすことができる。

薄々に刈っておけば頭皮となじんで白髪がほとんど目立ちません。

ぼくも最近サイドに白髪が増えてきたんです。

2ミリで刈るようになってからわかりにくくなりました。

最初のうちだけですけどね。

伸びてくれば当然見えますからね。

3〜4週間で刈っていくのがオススメ。

汗をかいてもサッとひと拭き。

暑い時の話になります。

特に夏場の暑さでは汗は当然出ますよね?

頭皮からでも吹き出す勢いで出ます。

こんな時に刈り上げておけばタオルで一瞬でふけます。

地肌から拭いておけば同時に髪の毛についてる汗も。

寝グセがつきにくい。

これは髪の毛の長さが短ければ短いほどつきにくくなる。

寝グセがつくってコトは長さがあるから。

髪の毛って濡れている状態から乾く瞬間にカタチが決まる。

濡れたまま寝るってのは問題。

しっかりと乾かしてあげるのがポイント。

短い髪の毛でもドライヤーは必須。

長さがある人でもしっかりと乾いていればつきにくい。

刈り上げ部分はすでに短いのでその心配はいらないです。

カット後の爽快さは格別。

かなり伸ばしてバッサリ切るのも気持ちイイ。

マメに1ヶ月に1回刈り上げていっても同じく気持ちイイ。

刈り上げって風が通るんですよね。

風というか空気に触れている状態。

スカッと気持ちまで引き締まる感じ。

要らない髪の毛をバリカンで削ぎ落とす。

まさしくコレっ。

余分な髪の毛を短くしていくことがたまらなく気持ちイイんです。

まとめ。

30代ともなれば見た目にも老いは感じてくるでしょう。

髪の毛に関して言えば

  • 白髪。
  • 薄毛。
  • ボリューム。

などが20代と違ってくるのは当たり前です。

サイドとバックがスッキリと刈り上がっていれば少なくとも清潔感は出ます。

逆にボサボサに放っておくコトは絶対にNG。

身だしなみのひとつとしてヘアスタイルを整えておくコトは第一印象の重要ポイントであるコトは間違いない。

イイ所ばかり書いていますが当然デメリットもあります。

カタチが崩れやすいコト。

これをカバーするには月1回は髪の毛をカットするコトで解消されます。

メリットたくさんの刈り上げオススメです。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です