アラフォー美容師が自由気ままに発信する雑記ブログ

40代から筋トレ+ダイエットが続かない理由と改善策を考えた。まずヤルことが最優先。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

 

筋トレとダイエットが続かないのはなぜか?

3日坊主で終わらせないためにも

  • 続かない理由。
  • 改善策。

この2つについて考えていきます。

そもそも続かない理由として考えられること。

  1. 食事制限がツライ。
  2. 筋トレがツライ。
  3. 目標となる数字を具体化していない。
  4. 目的を定めていない。
  5. 1日の日課として取り入れてない。

結果、解決策としては以下。

  1. 食事制限は自分に合うものを見つける。
  2. 筋トレは出来ることからやる。
  3. 1ヶ月後、3ヶ月後の近い目標を決める。
  4. 例えのひとつとして白Tシャツの似合うカラダを作りたい。
  5. 筋トレの時間を明確に1日のどこかに取り入れる。

早速1つづつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

毎日の筋トレとダイエットが続かない理由。

全くの初心者からスタートするにはかなりツライものがあります。

今までラクしてきた自分とサヨナラする必要があるから。

ただ最初からやりすぎは厳禁。

ほぼ100%挫折してしまいます。

ダイエットするには食事制限必須だし、筋肉作るには筋トレ必須。

結論から言えばダイエットが続かない最大の理由としては本気さ加減。

そんなん当たり前だろっ。

内田

そう思うかもしれません。

本気で痩せる気持ちと筋トレをする気持ちがなければ挫折確定。

いきなりマインド的な話ですみません。

人間誰しもラクしていきたいはず。

しんどい思いはしたくないんですよね。

ただそれは最初だけだと思っています。

最初と言っても1〜2週間程度のもの。

ここの期間をいかに慣れさせるかにかかっています。

ハッキリ言ってめちゃくちゃツライです。

内田

しかしこの2週間ぐらいを過ぎてくればわずかながら気持ちラクになります。

ぼくも現に今で2週間ほどが経過している状態。

でもここが我慢のしどころ。

  • 「こんなんしていても本当に痩せるんだろうか?」
  • 「毎日筋肉痛でイヤや。」
  • 「あーYouTubeダラダラ見ときたいな〜。」

みたいな気持ちは絶対に出てきます。

習慣化させるためにはやっぱり最低でも2週間は必要。

小さなところからコツコツと変化させていくことが最強の継続方法。

食事制限がツライ理由と改善策。

食べる喜びは誰でもあります。

もちろん自分が好むモノを好きなだけ食べたい…。

過去の自分もそうでした。

カラダを絞っていくには食事は大事です。

  • 脂の乗ったコッテリ肉。
  • 甘いスイーツ。
  • 菓子パン。
  • ポテチ。
  • 唐揚げ。

など太らせる要素満載のものは少しづつやめていくのが賢明。

とは言っても食べたい気持ちはあるんですよね。

一気にやめてしまうことはかなり危険。

なので少しづつやめていくのをオススメ。

カラダに慣れさせることが大事。

摂取カロリー〉消費カロリーになってしまうといつまでも痩せません。

消費カロリー〉摂取カロリーに徐々に変化させることで減量できるカラダになる。

  • プロテイン。
  • 低脂肪乳。(週に2回ほど)
  • サラダチキン。
  • 生ハム。
  • チーズ。
  • 納豆。
  • カルビーのグラノーラプラス。

以上のモノは基本毎日摂るように心がけています。

基本はタンパク質をメインに。

食事制限は減量するには必須項目。

食べたいモノを永遠続けていては痩せるどころか太り続けることになります。

以前の自分がそうですから。

お腹いっぱいを腹八分以下に。

満腹感があると眠くなります。

特にお昼ご飯後。

午後からの眠気と闘わないといけなくなるので若干の空腹感がある方が眠くなりません。

毎日の食事を少しづつ変えていく。

  • 朝 菓子パン2個→低脂肪乳300ml +プロテイン25g。
  • 昼 ご飯1合+揚げ物2品→ご飯半合+納豆2パックorサラダチキン。
  • 夜 ご飯1合半+揚げ物+シュークリーム→生ハム+チーズ+グラノーラ+低脂肪乳300ml +プロテイン25g。

以上が食事の変化です。

これが合っているかはわかりませんがタンパク質を重視した感じになっています。

最初は大変ですがチョットづつ食べ物を変えていくのが良いでしょう。

食事制限も慣れるまでには2週間ほど費やします。

いろいろ試しましたが今はこんな感じの食事に落ち着きました。

自分に合うものを見つけていくのがベスト。

筋トレがツライ理由と改善策。

完全初心者からの筋トレはかなりツライです。

理由は簡単でまず筋肉がほとんど稼働していない状態。

負荷をかければ筋肉痛が翌日になったら確定。

もうしんどいからやめようかなと思うのがほぼ90%。

ただここでヤメてしまっては元も子もありません。

本気でカラダを作り上げるのは時間がかかります。

ホントのところは未知ですが最低3ヶ月は期間が必要とは言われています。

まずは小さく始めてみることが大事。

最初は1分ぐらいからスタートして徐々に時間を伸ばしていく。

  1. 1分。
  2. 3分。
  3. 5分。
  4. 7分。
  5. 10分。
  6. 15分。
  7. 20分。
  8. 25分。
  9. 30分。

いきなり筋トレ始めて30分しました…。

みたいな感じだとしんど過ぎて恐らくヤメてしまうハメに。

理由は簡単でカラダがついてきません。

ぼくも1分ぐらいのスクワットから始めました。

2週間経ってみたら30分間の筋トレが普通にできるように。

もちろんしんどいですけど汗かくのが楽しくなります。

慣れさせることが1番大事。

筋肉痛はまだ伸び代がある証拠。

どんどん筋肉をいじめぬいて脂肪を燃焼。

ドSなのかドMなのかわからなくなってきた…。

内田

食事制限と同様で小さく始めてみることが最重要。

目標となる数字を具体化しよう。

例えば1ヶ月先の体重を今70kgあるから68kgまで落とそう。

みたいな感じで目先の目標が小さければ達成しやすくなります。

いきなり70kg→60kgに1ヶ月で減量なんてことはほぼ失敗する。

というよりもカラダ壊します。

カラダがついてこれないから。

ぼくの場合は年間通して-10kgを目標にしています。

もっと細くすると1ヶ月あたり0.83kgの減量をしていけば達成可能。

1ヶ月で-1kg減ったところでカラダ自体には大きな負担はかからないはず。

小さな目標を立ててコツコツやり続けるところから始めることが重要。

と言った具合に1年や6ヶ月計画してみるとひと月にどのぐらい減量すれば良いのか明確化できます。

具体的な数字を出してみることが大事。

目的は何のために?

減量や筋トレでも何のためにやっているのかを確認しとかなければいけません。

理由は何でも良いんです。

例えば

  • 6月には白Tシャツが似合うカラダ作り。
  • 8月に海に行くから締まったカラダ作り。
  • 秋に社内の運動会があるから筋肉を付けたい。
  • お気に入りのパンツを履きたい。
  • 見た目をスリムに見せたい。

など。

目的のためにひたすらやり続けることで結果はおのずと見えてくるはず。

途中で投げ出さずに継続していくこと。

小さなことからコツコツと。

1日の日課として筋トレを取り入れる。

ルーティーンとかルーチンなんて言われますが毎日やる時間帯を決めてしまう。

あとはやるだけなので時間がきたら開始。

例えば仕事終了後に帰宅。

晩ご飯食べたら19時から筋トレを30分間必ずやる。

という感じで毎日のルーティーンワークにしてしまうこと。

19時から19時半までは何があっても筋トレをやっている状況をつくる。

歯磨きレベルまで持っていくこと。

やらないと気持ち悪い状態になればこっちのもんです。

継続させるためにまずはヤルことが最重要。

とりあえずやる。

これが先決でダイエットでも筋トレでも思うことは誰でもできます。

実際に行動に移すということが必須条件。

まずやる。

とりあえずやる。

何がなんでもやる。

やらないことには始まりませんから。

  • 食事。(タンパク質メインに)
  • 筋トレ。(最初は1分から)
  • 数字化。(1ヶ月で1キロ減量)

目先の目標をまず達成させるためにはやること。

やれたら継続。

  1. 3日。
  2. 1週間。
  3. 10日。
  4. 2週間。
  5. 3週間。
  6. 1ヶ月間。

と言った感じで最初は小さな数字を達成できるようにやり続ける。

食事に関してはストレスが溜まらないように1週間に1回は好きなモノを食べてもOKみたいなルールをつくっても良いかもしれません。

ストレス感じると全てヤメたくなっちゃいますからね。

目標数字に向かってやり続ければ結果はみえます。

継続するチカラを身につけたら最強。

40代から減量やダイエットなんて遅いなんていう意見も…。

そんな意見は無視して今やれることすぐにやる。

やろうと思った日が1番若いですからね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちゃろぐ , 2020 All Rights Reserved.