2019/05/27

イオンのアイスコールド敷きパッドは本当に冷たいのかレビューするよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

梅雨も本格的で蒸し暑さはマックスに感じています。

人一倍暑がりの内田です。

日中の暑さもそうなんですが何よりも夜。

不快過ぎて寝付けない。

そんなことをひしひし感じています。

扇風機ひとつではさすがに耐えれません。

3回位は起きます。やってられません。

エアコンつけないと無理ですね。

27度設定でマシにはなりましたが。

もっと快適に眠りたい。

なんか良いアイテムはないのか?

そんな時に前から気になっていたイオンのアイスコールド敷きパッド。

スポンサーリンク
 

アイスコールド敷きパッドは暑がりの人に断然オススメ!

コンビニでちらっと見た月刊誌モノクロに敷きパッドの特集。

1日の約33%に当たる睡眠。

人生においても同じですね。どれだけ重要か。

質の良い睡眠で1日が決まる。

そう言っても過言ではないでしょう。

不足すると1日が憂鬱なんてこともしばしば。

何より集中力が続きません。

寝不足だと仕事中でもハサミで指切ることもあります。

これホントの話。

睡眠時間が5時間だとかなりきつい。

それぞれ適正な睡眠時間があります。

ぼく自身色々試してみましたが丁度6時間がベスト。

6時間以上になってくると調子がおかしくなるんですよね。

ショートスリーパーの人で3時間ぐらいがベストって言ってる人もいますけど。

未だにわからないって人は1度試してみてください。

30分ごとに毎日時間を延ばしてみる。

  1. 5時間。
  2. 5時間半。
  3. 6時間。
  4. 6時間半。
  5. 7時間。
  6. 7時間半。
  7. 8時間。
  8. 8時間半。
  9. 9時間。

みたいに9日あればわかります。

1日のエネルギーはやっぱり寝るコトが最重要課題だと思っています。

いろんなメーカーから冷パッドが出ていますけどイオンのアイスコールドは最初のひんやり感がかなり気持ちいい。

暑がりの人には5月末ぐらいから夏の終わりまで大活躍する事間違いなし。

月刊誌モノクロの全体の1位。

総合1位となったイオンのアイスコールド敷きパッド。

イオン8

何がいいのかは実際のところ自分で試してみなければわからないですよね。

ぼくもイオンとニトリの冷パッドを触ってみましたが若干イオンが勝る感じです。

完全に主観ですけど。

イオン2

イオン1

雑誌に載っているだけあってイオンも大々的に推す感じ。

これから必需品になってくるんでしょうね。

まだまだ在庫は残っていますが夏本番を迎えるにあたって売れていくのは間違いなし。

イオン7

あれっ。値段が雑誌に比べると安い。

6458円→5162円。その差1296円。

いきなりの割引価格。

そうとなれば買うしかありません。

今回買ったのがイオンでは一番高いモノだったんです。

他の敷きパッドも実際に触って確認してみたけど値段が安いものはイマイチ感があった。

涼しさを求めるならばアイスコールド敷きパッドの一点かな。

イオン至上最高の造りらしい。

気になるし、ホントに寝苦しさから解消されるのか?

値段は毎年変動があります。

毎年発売されているので買うなら1番高いモノを買うのがベスト。

実際にお店に行って触ってみればわかります。

触った瞬間に「冷たいっ」って思うはず。

約5000〜6000円の間で考えていればいいでしょう。

アイスコールド敷きパッドを実際に使ってみた感想。

 

イオン10

 

早速買った当日に寝てみよう。

イオン6

手触りは文句なしに気持ちいい。

さらっと肌に全く負担がかからない心地よさ。

他のパッドと比べて瞬間的な冷たさは1番高いやつがダントツ。

一番肝心な冷たさのヒヤッと感は最初だけ。

長続きはしない。

イオン3

寝転んだ瞬間の冷たさは感じるんだけど背中は熱がこもる。

これはしょうがないんだろうけど。

あくまで寝る前に感じるコト。

眠ってしまえば忘れてる。

寝返りをうてばひんやり感はある。ここには感動。

同じ姿勢ならば特に背中は暑さはあるな〜って感じ。

イオン5

裏面はメッシュ状になっているので通気性は問題なし。

汗をかいても蒸れにくい造り。

寝汗ってかなりストレスに感じません?

暑くて起きるのが1番イヤですけどね。

1回起きてしまうとそのあとがなかなか寝れなかったり。

おかげで睡眠不足。

次の日頭がボーッとすることの連続だったりします。

せっかくの睡眠が台無し。

特に夏場に限らず5月ぐらいから暑さも出てきますよね。

背中の熱は逃げにくいのはどのパッドを敷いても同様のことが言えるはず。

イオンのアイスコールド敷きパッドは快適でストレスフリー。

寝転んだ時にヒヤッとするのってかなり気持ちいいんですよね。

これ言葉で書いても実際には寝てみた人にしかわからないんですよね。

快適、快眠は敷きパッドで決まる。

こう言ってもおかしくないんです。

試しに寝返りうったらわかります。

ひんやり感があるのと全くないのでは全然違います。

寝苦しさからのストレスから解放しましょう。

洗濯もできるので最低一週間にに1回ぐらいでも洗ってあげるのがいいでしょう。

いくら快眠できるといっても汗はかきますからね。

洗わなかったら臭う可能性だって出てきますから。

毎日の汗をどんどん吸収していきます。

清潔を保つためにも洗うのは必須。

乾くのも早いので洗濯が楽しくなるかも。

イオンアイスコールド敷きパッドをオススメするのはこんな人。

  • 毎日の寝心地を良くしたい。
  • 快眠したい。
  • ストレスを感じたくない。
  • クソ暑い夏に冷を求めるのは当然と感じる人。
  • 洗濯を手軽にしたい人。
  • 朝を気持ちよく迎えたい人。

ちなみにぼくは同じアイスコールド敷きパッドは3年目になりましたが現役バリバリ。

仮に6000円として1年で2000円。

コスパとしては最強だと感じます。

グレードは1番高いヤツを買うのをオススメします。

冷感が圧倒的に違うから。

イオンのアイスコールド敷きパッドのまとめ。

  • 瞬間の冷たさ。
  • 肌触り。
  • 蒸れにくさ。

この三点は文句なし。

ただ気になる点としてひとつあげます。

同じ姿勢で寝ていたらひんやり感の持続はないです。

あくまで敷きパッドなのでここを求めるのは難しいかな。

3点併用がベストでしょう。

  1. エアコン27度設定。
  2. アイスコールド敷きパッド。
  3. ユニクロのエアリズム。

この組み合わせが最強かなと感じました。

この日の夜はこのセットで寝て快適に眠れました。

ユニクロのエアリズムとの相性が抜群にイイ。

Tシャツの着心地と敷きパッドの肌触りは間違いなくベスト。

汗かきで不快に感じながら寝ている人はぜひ試してみる価値はあります。

日本で暮らしているなら3〜4ヶ月は暑い日が続きます。

睡眠の質はあがるでぼく自身は買ってよかったです。

寒すぎるってコトはまずない。

1日のうちの33%を占める睡眠。

どうせなら快適に眠りについて朝シャキッと起きることがベストですよね。

イオンのアイスコールド敷きパッドはその手助けをしてくれます。

使うだけで満足度は上がるでしょう。

満足いく睡眠をとるためにも役立つアイテムであることは間違いありません

※ただ過度な期待はしないでくださいね。

》》イオン公式サイトはこちらから。

関連記事

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です