2018/04/04

ブログ初心者が100記事書いて思ったコト気づいたコト20個挙げるよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

この記事で104記事目になっていて自分でもビックリしている内田です。

まさかこんなに続けれるとは思ってもみませんでした。

100記事。でもただの通過点でしかないコト。

まだまだこれからどれぐらい書けるのか未知数だけど楽しみ。

今まで書いてきて思ったコト。気づいたコト。20挙げてみますね。

これからブログを書く人に何か役にたてば幸いです。

  • まず、書くことに慣れる。
  • 雑記ブログが続けやすい。
  • 執筆環境を整える。
  • 1000〜2000文字を目標に書く。
  • 毎日やらない。
  • 静かな場所で集中する。
  • 音楽を聴かない。
  • 一気に書く。
  • 人の目を気にしない。
  • 好きなことを書く。
  • 書くことが好きになる。
  • 時間を気にしない。
  • 睡眠はしっかり摂る。
  • テレビを見ない。
  • 最低2〜3時間確保する。
  • スキマ時間を使ってメモっておく。
  • 1週間に3記事。
  • 部屋をキレイにしておく。
  • 習慣づける。
  • 参考になるブロガーを見つける。

ではいきましょう。

書くことに慣れる。

これものすごく大事。

まず何を書いたらイイか全然わかりません。

読んでくれる人に何か役にたつコト?

そんなのあるかな?

みたいな感じになるでしょう。

とりあえずなんでもイイから書く。

わからないなりに書く。

ひたすら書く。

書いて書いて書きまくる。

「お前、まだ100記事だろ?」

そう、まだまだ弱小ブロガーの内田です。

内田

日記ぽくなろうが、ひどい文章だろうがとりあえず書いてみましょう。

ぼくも下手くそで凡人です。

それでも100記事を超えています。

学生時代の国語は超苦手分野。

5段階判定のいつも2の評価。

下手くそは下手くそなりにやればできます。

途中であきらめなければね。

このへっぽこブログでも固定読者さんが数人います。

非常にありがたいことです。

とりあえず書くこと。

雑記ブログが続けやすい。

何かに特化したブログだと続けにくいかもしれません。

ぼくも美容師やっています。

美容だけに絞ってしまうとおそらく辞めていたと思います。

なんでも書ける雑記は最強。

そう思っています。

普段の生活の中から気づいたことを書く。

自分の仕事の内容でこれなら読者に役に立つんじゃないかと思うコト。

好きな飲み物のコトとか…。

あっちなみにぼくが書いたミルメークの記事なんかほとんど読まれていません。

読まれなくてもアウトプットすること(書くコト)に意味があるんじゃないかなと。

確かに読まれることを書くのが一番です。

自分のブログなんで書きたいコトを書く。

それでイイんじゃないかな。

これ書いてはいけないよ。

あれ書いてはいけないよ。

そんな制限は全くないんです。

雑記なんで思ったこと、気づいたことなんでも書いちゃいましょう。

読んでくれた人が何か少しでも役に立つかもしれませんから。

執筆環境を整える。

これは書くという作業。

アウトプットする時間を今の生活環境からつくりだすコト。

何かをヤメましょう。

時間をつくらないとブログは書けません。

何をやめるか?

  • 酒とタバコをやめる。
  • スマホゲームをやめる。
  • ボーっとする時間をやめる。
  • 食事時間を短縮する。
  • 長風呂をやめる。
  • 意味のない飲み会。

「おっさん変な動画ばっか見てないかい?」

そんなみる余裕はないって……。

でもねたまに観るよ。

内田

「そんなんどうでもええ話やろ。」

失礼しました。

内田

時間は有限ですから。

これちなみに参考になりました。

1000〜2000文字を書く。

これはまず書いていかないと慣れません。

ぼくも最初は1000文字なんか書けない。

そんな感じに思っていたんです。

とりあえず1000文字。

なんとか1000文字。

絶対1000文字。

これ最低基準です。

意外と必死になれば書けます。

国語評価の2レベルのぼくでも書けたんですから。

1001文字でも1200文字でもイイので絶対に書いてみましょう。

ここをクリアできたら1500〜2000文字は意外と書けますよ。

何回も何回もトライするんです。

そしたら書くチカラが身につきます。

これ不思議とそうなるんですよ。

とりあえず1000文字頑張ってみましょう。

毎日やらない。

「えっ毎日やらないの?」

「書く習慣つけろって言ったじゃん?」

これ巷でも毎日書けよとか言ってる。

大事なのはわかる。

慣れるためにも2〜3日に1記事でもイイんです。

毎日だとかなりハードル高くないですか?

3日に1記事だと気持ち的に楽になりますよね。

毎日書くのを目標としているとプレッシャーに押しつぶされます。

辞めてしまっては意味がありませんからね。

長く続けるためにもゆるく制限設けてもイイんですよ。

ぼくもこんな感じで7ヶ月で100記事ですからね。

早いか遅いかなんてどうでもイイんですよ。

ただ書き続けることができているんですから。

静かな場所で集中する。

にぎやかな場所よりも静かな場所。

一人になれる場所で執筆しましょう。

周りがうるさいとまず集中力が長続きしません。

気が散って書くことに集中できません。

ぼく自身いつも部屋にこもって書いているので。

カフェとか外で書いている人は尊敬しますよね。

音楽を聴かない。

部屋にこもって音楽聴きながら…。

これ意外と口ずさむパターンです。

YouTube流しながらとかって音楽の方に気がいってなかなか進まない。

これは人によるでしょうね。

音楽があることで気持ちが落ち着いてはかどることもある。

一気に書く。

書く材料をしっかりと決めておく。

例えば「メンズ ブーツ。」

  1. どんなスタイルに合うのか。
  2. 値段は高いけれど○年履けるからコスパ最強なのか。
  3. 経年変化を楽しめるのか。
  4. 見た目がカッコいい。年齢問わずに履ける。
  5. どんなスタイルには合わないのか。
  6. メリット、デメリットを書いておく。
  7. オススメする人はこんな人。

タイトル決めて見出しまで決めておく。

書ける有効な時間は決まっているのでサッサと書きましょう。

人の目を気にしない。

自分のブログだから思っていること、感じたことを素直に書く。

  • こんなこと書いたら非難されるかも…。
  • 自分よりも詳しい人が見たら何か言われるかも。
  • 知人が見て何か言われたらどうしよう?

こんなの考えていてはブログは書けません。

あなた自身の意見を書くことが独自性を作って

  1. こんな意見もあるんだ。
  2. めちゃ参考になる。
  3. 今度買ってみよう。
  4. 記事見てたら使いたくなった。
  5. 面白いやん。

なにか1つでも感じてもらえるようなブログ作り。

スポンサーリンク

運営者はあなた自身。

他の誰でもなく世界中でたった1人のあなたしかいません。

世界中でたった1人のおっさんぼくだけ…。

内田

万人受けはありえないんですから。

とりあえず書く。

自分の意見を書く。

誰がどう思っているかなんて考えずに。

好きなコトを書く。

ここはあなた自身が好きなコトを書く。

例を挙げるとぼくは無印良品の白シャツが好きでよく着ている。

「無印良品 白シャツ」で検索すると上位5位ぐらい。

好きなことに情熱を持って書けば独自の文章が書けます。

2000〜3000文字はあっという間に書けるんだからビックリ。

興味があることや好きなこと、これだけは熱く語れることがあればサクッと書いちゃいましょう。

「なんの興味も好きなコトないよ。」

せめて何か1つだけでも…。

内田

ファッションが好きで値段も手頃で需要がありそうなやつ。

例えば

  • 「グローバルワーク。」
  • 「ユニクロ。」
  • 「ジーユー。」

など手に届きやすいブランドはよく検索されます。

興味がないものを熱く語れと言われても無理な話なんですね。

自分の好きは読んでくれる人が参考にできる記事かもしれないので熱量持って書きましょう。

書くことが好きになるかも。

ぼく自身書くコト自体が元々好きではなかった。

小学校の作文や読書感想文なんてイヤすぎてばあちゃんに書いてもらうのをお願いしたぐらい。

ただ今の世の中、個人として発信することが当たり前になってきているのは確か。

ブログを発信源として読んでくれた人に何かを感じてもらえる。

そんな事をネット通信ができる環境でパソコン1台あればできるってスゴイ事。

文章書くのが苦手だったけれどとりあえず書いてみるかってなったのがブログを書くきっかけ。

最初の10記事書くまでとりあえず自分で試行錯誤して書いたけど…。

まぁヒドイ文章ができました。

読めないことはないけれど何か伝わってんの?

そんな感じ。

でも20〜30記事書いていくうちに「なんとなくこんな感じかな。」って思えるぐらいにはなります。

今でもこれでいいのか?って考えますし。

40〜50記事ぐらい書いてみると

意外と面白いやん。

内田

そんな思いになって楽しくなってくるんですね。

「ブログは3ヶ月ぐらいで書かなくなる人が多い。」

そう言われているみたいです。

これを乗り越えるのは簡単でもあるし難しくもある。

お金を稼げる。

簡単に収益化できるって思っている人は脱落していってます。

ぼく自身は読まれる喜びを忘れてはいけないと。

結局ブログって読者がいないと成り立たない。

日記で誰にも読まれないよりも少しでも多くの人に読んでもらえるように書く。

半年で10000pv。

ブログを書き出して

  • 4月=67pv
  • 5月=333pv
  • 6月=406pv
  • 7月=2615pv
  • 8月=2717pv
  • 9月=5156pv
  • 10月=11208pv

ちょうど半年目で10000pvクリア。

早かれ遅かれ読んでもらっていることは証明されたんですね。

半年で100記事ぐらいのペースになりました。

pvはひとつつのモチベーションでもあるんですね。

たくさんの人に読まれることで気持ちも新たに書き続けられる。

時間を気にしない。

時間を気にしてしまうと焦りが出てくる場合があるから。

最初の方なんか1記事書くのに2〜3時間かかっていたのを今でも覚えています。

完璧なんてないからある程度のところで公開ボタンを押す。

もっとこうしたらああしたらなんて思っていたら下書きのまま削除なんてザラ。

ヒドイ文章でも公開する勇気を持って書いていきましょう。

ブログ書くのに没頭していたら2〜3時間なんてあっという間。

なので最初は時間を気にせずに書くのがいいでしょう。

睡眠はしっかりと確保。

寝不足は集中力が欠けます。

書き始めて20分ぐらいでついウトウトしてしまうこともあります。

自分のベストな睡眠時間ってあるからしっかり寝てブログ執筆に取りかかるのが1番です。

もしどうしても寝不足の場合は仕事の合間で昼寝をするのがベストです。

脳がリセットされて睡魔もおそってこなくなります。

ぼくも最初は朝書いていましたが夜に書くほうが集中できることがわかりました。

基本的に寝る前に書くのがメインになっています。

自分の適した睡眠を確実に。

テレビを見ない。

これは1番要らないモノかもしれません。

ぼく自身全くテレビを見ていません。

ニュースはスマホからでも情報は入ってきます。

大好きなサッカーでもYouTubeで見ることも可能。

ダラダラとテレビを見るぐらいならブログを書く方を優先しましょう。

それぐらいしないと時間が足りません。

1時間テレビを見るよりもブログを書くほうがイイですよ。

時間は有効的に使わないとあっという間に1日終わります。

テレビを見ない生活も慣れればなんてことないですよ。

ブログに2〜3時間は確保。

最初は時間がかかって当たり前。

文字数にもよります。

ぼくの場合1000文字ぐらいでも2時間ぐらいかかっていました。

2000文字書くのに4時間ってかかりすぎ。

慣れていくしかないので。

とりあえず書くことから始めましょう。

仕事から帰ったらお風呂とご飯はサッサと済ましてブログの時間をしっかりと確保。

ついつい長風呂。

のんびりご飯。

をやめて全てを短縮していけば時間はつくれます。

ムダと思えることは削っていきましょう。

スキマ時間を使ってメモる。

通勤の電車の中でもスマホ使ってメモることは簡単です。

ネタになりそうなことはなんでもメモっておけばブログ書くときに時間短縮できます。

書く材料を集めておくことは大事。

仕事中でもブログに書けるって思ったことは書き留めておけばスムーズに書けます。

ポケットサイズのノートとペンでも全然OKです。

1週間に3記事は書く。

2日に1記事を書いていく。

慣れさせるためにも毎日書けばイイってもんじゃない。

モチベーション維持のためにも1日1記事書くという行為はプレッシャーになることもあるので。

自分のペース配分を守って書く。

これが1番かも。

今日は調子がいいから2記事書くとかはやめといたほうがイイでしょう。

ムリをせずに書いていく。

淡々と書いていく。

1記事書くだけでも相当疲れる。

これは事実。

結構アタマをフル回転してパソコンに向かうので終わった後はグタッとなります。

目標は2日に1記事を書く。

部屋をキレイにしておく。

部屋が散らかっているとまず集中できません。

デスクの上には必要なモノだけを置く。

使わないモノは視界から外しておけば気にはならないはず。

周りを見渡して散らかっているようならすぐに片付ける。

キレイな環境で書くほうが、はかどるのは間違いないです。

汚くしているならとっとと掃除しましょう。

習慣づける。

今日は書けないかなと思ったらパソコンの前に座る。

そしてパソコンを起動させる。

ネタが思いつかない日でも座ってみたら浮かんでくることもあります。

とりあえずパソコンの前で執筆する状態まで持っていきましょう。

参考になるブロガーをみつける。

  • この人のブログの書き方イイなぁ。
  • 写真の使い方がうまいなぁ。
  • 自分と同じような境遇の人。
  • 読んでて面白い。
  • 飽きさせない独特の語り。

たくさんブロガーはいますので自分自身が気になっている人の記事を読みまくる。

パクれる部分はパクっちゃいましょう。

コピーしたらアウト。

パクるとコピーは全然違いますから。

まとめ。

雑記ブログを始めて半年以上が経過しました。

ジャンルが決められていないぶん何でも書けるのが最大のメリット。

全く初めての人は雑記ブログを運営するのをオススメします。

100記事クリアして思ったコトを書いてみました。

何か参考になる部分があればイイなと思います。

地道に続けていれば誰でも書けますよ。

ぼくは凡人。

あなたもやればできます。

出来ない言い訳をつくるのは簡単です。

行動に移してとりあえず書く。

自分の運営するブログなので何でも思ったことは書いていきましょう。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です