2018/06/24

男性が初めて行く美容室で失敗しない髪型を伝える方法たった2つ‼︎

 
ハサミの画像

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

今まで理容室しか行った事ないあなた。

なぜ美容室に行こうと思いますか?

  • 美容室ならかっこよくしてくれそう。
  • おしゃれな髪型に変身できそう。
  • もっと自分に自信を持てるかも。

理由なんてなんでもいいんですよね。

緊張と不安もありながら初めて踏み入れる未知の領域。

髪型をどうしようか考えていても何がいいのかわからない。

とりあえず2つ用意しました。

  • 自分が気に入った髪型の画像をみせる。
  • 美容師に完全お任せ。

では細かく説明していきますね。

スマホ画像でお気に入りの髪型を探しておく。

ヘアカタログでも良いんですけどわざわざ買ってまで持って行くまでない。

こんな髪型にしたいなぁと思うヘアスタイルの画像を用意しておきましょう。

その時に見て欲しいのがあなたと近い

  • 髪質。
  • 毛量。
  • クセ。

この3点はチェックしておいてください。

なりたい髪型は完全に再現させるのはモデルさんとの髪の毛の条件次第。

全く違う条件であれば同じようにならないと思ってください。

男 初めて 髪型2

お気に入りの髪型はスタイリング剤は必要。

基本的に

  1. 男性。
  2. 髪型。

の2語検索でチェックしてみるとほとんどがスタイリング剤をつけて仕上げています。

  • ジェル。
  • ワックス。
  • ムース。
  • ハードスプレー。

など何かしら付けて撮影しています。

ただあなた自身はいつも何も付けていないなら同じヘアスタイルにするのは難しいです。

特に動きのあるスタイルはワックスなど使わないと無理。

スタイリング剤のつけ方を教えてもらう。

わからなければ聴くのが1番手っとり早いです。

もちろん美容師はプロですから簡単にできるやり方を教えてくれます。

  • スタイリング剤は何が良いのか。
  • どのくらいの量をつければ良いのか。

これ以前にドライヤーの当て方で90%は決まっていますからね。

要するにスタイリング剤のつけ方って10%の割合しか占めないんですよね。

ドライヤーの使い方1つで全く違った髪型になるっていうのも事実です。

例えば前髪。

上げるのと下げるのでは違った印象になりますよね。

これと一緒で髪の毛の根元を起こすのかor抑えるのか?

これで髪型が違ってくるんです。

男 初めて 髪型1

男のスタイリング剤はハード系が基本。

  • 立ち上げる。
  • 動きを出す。
  • 寝かす。
  • 束感を作る。

持続性を出すためにもハード系のスタイリング剤がベストです。

もしくはスーパーハードタイプ。

ガチッと決めておけば1日持たせることも可能です。

ソフトタイプなら下手したら2時間後には崩れ落ちてるかもしれませんからね。

男は黙ってハードにしておきましょ!

美容師にイケてる髪型になるように完全お任せ。

自分に似合う髪型なんてわからない。

スマホで探しても優柔不断で?

そんな時はプロにお任せしてみるのもありです。

経験豊富な美容師ならまずあなたの

  • 髪の毛の状態。
  • クセ。

は触って確認することで普段のライフスタイルで提案できる髪型を絞ることが出来ます。

毎日の手入れはどうやってしているのか?

  • ワックス仕上げ。
  • ジェル仕上げ。
  • 完全に何も付けない。

ただここで伝えておきたいこと。

  1. ドライヤーの使い方。
  2. スタイリング剤のやり方。

これだけでかっこよくも悪くもなるっていうこと。

朝起きて寝癖のまんま行くって…。

これだけは無しでお願い。

たまに電車の中で見るんですけどつむじあたりがパカーンと割れている人。

これ第1印象が3割減ります。

いや5割減かな。

ホントに注意してください。

いくら髪の毛に関心がなくても寝癖だけはお湯ぶっかけておけば一瞬ですよ。

すぐに直りますからね。

自分でも似合う髪型がわからないのであれば美容師と相談して決めていきましょう。

もちろんこれだけはやりたくないって言うスタイルだけは先に伝えておきましょう。

男性が初めて行く美容室で失敗しないまとめ。

  1. 自分が気に入った髪型の画像を探しておく。
  2. 美容師に完全にお任せする。

担当してくれる美容師と相談しながらいけば失敗することは防げます。

ただこれだけはしてほしくないと言う髪型は最初に伝えておけば大丈夫。

あなたに似合う髪型が見つかることを願って…。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です