2018/06/24

初めての白髪染め色落ちは確実だから気をつける3つのポイント。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

最近また白髪が増えてきてスタイリング剤のジェルでごまかしている内田です。

ぼくは髪の毛が短いのでジェルを簡単につけることができます。おまけに白髪がジェルのツヤでなじんでくれます。

ジェルの魅力はパリッと固まってツヤが出てハードに固まってくれるところ。そして洗いやすい。水溶性なのでシャンプーでサラッと洗い流してくれます。

1回セットしてしまえば帰ってシャンプーするまでキープしてくれます。手を加える必要がないってコトです。

白髪染めは、まだしたことがないんです。

「お前、美容師だったらカラーぐらいしろよ。」って思います?

ごまかしが効いているんだから問題なし。ナチュラル派なので。染めようと思う時がきたら考えます。

今回は初めての白髪染めについての記事です。気をつけるべき3つのポイントは

  1. タオルに色が移る。
  2. 汗をかいて服に色がつく。
  3. シャンプー後は徹底的に乾かす。

以上のコトです。

ごくまれに「白髪だけを染めてください。」って言ってくるお客さんがいます。

「ほら顔まわりとつむじ辺りに30本ぐらいあるでしょ?」

ごめんなさい。そのピンポイントだけ染めるって無理です。

内田

って断ります。染めるなら全体になるんですね。黒髮を染めずに白髪だけを染めてるサロンなんてあるんでしょうか?

  1. 白髪を選抜。
  2. 1本1本ホイルで包み込む。
  3. カラー剤を塗る。

これの繰り返し。ってめちゃくちゃ時間かかるやんか。

通常のメニューとしては黒髪も白髪も全部染める。これが基本です。

スポンサーリンク

タオルに色が移る。

全くの初めてだと色落ちは絶対です。避けられません。シャンプーしてお風呂上がりに使うタオルの色を茶系にする。白だと目立つ。間違いなく。

最初の5日ぐらいは落ちるでしょう。もちろん個人差はあります。ダークなタオルを持っていない人は近くのショッピングセンターで買ってください。白系でお気に入りのヤツが汚れるのってイヤじゃないですか。

服に色がつくのを避ける。

これはこの時期しかもロングの髪の毛にあるコトです。

全体を染めているわけですから当然根元から毛先までカラー剤がついていますよね。

  1. 汗をかく。
  2. 髪の毛が濡れる。
  3. キューティクルが開く。
  4. 定着していない髪の毛が服につく。

「あ〜やっちまった〜。」なんてならないように。最初の5日は特に。

対策としてここでもタオル同様に白系の服は着ない。これを徹底してください。ロングの全体染めの最も危険なポイント。

シャンプー後のドライ。

濡れている髪の毛ってキューティクルが開いている状態。染めたては色の定着が不安定なのでしっかりと乾かす。

これでもかってぐらい乾かす。暑いですけど乾かしてください。

濡れたまんま自然放置よりもドライヤーでサッと。1度開いたキューティクルを閉じるんです。これをするコトでカラー剤の流出を未然に防げます。

まとめ。

どうでした?

意外にも簡単なコトばかりでしたね。

  • ダーク系のタオルを使う。
  • 色落ちしても大丈夫な服を着る。
  • シャンプー後のドライ。

せっかくキレイに染めた髪の毛なんで最初の5日ぐらいは気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です