2018/06/24

ヘアカラーをやりすぎて薄毛になってハゲてしまうのは本当か?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

この結論は女性で完全にハゲてしまった人はいません。ぼくが20年以上美容師やってきて。

ただ薄毛にはなります。髪の毛が細く弱くなる。これは間違いない。

圧倒的にボリュームがなくなるです。

まぁ髪の毛に元気がない。でも大人女子ともなればヘアカラーを楽しみたいのが本音。

解決方法はヘアカラーをしない。これこそが薄毛、ハゲから遠ざける唯一の方法。

もしどうしてもやりたい場合は

  1. 美容室に行ってプロに任せる。
  2. 自分でヘアカラーをする。

さぁダメージが少ないのは?

考える時間は必要ないですね。1番のプロに任せるしかないんです。

なんでプロに任せるの。

ヘアカラーするにあたってセルフカラーでキレイにできるんだったら美容室いらねぇんだよ。ってなっちゃいますよね。

1ヶ月周期の人なんかは絶対に自分で染めちゃダメ。

まず1センチの髪の毛だけにカラー剤をつけることができるのか?まずムリ。どう考えてもつけなくてもいいところにつきます。そしてムラになります。

難しいんだよね。髪の毛が短いからできるのかって?長いからできるのかって?

両方厳しい。ヘアカラーなんで頭皮につけるのはナンセンス。これをやっちゃうと頭皮も髪の毛もダメージ。そうダブルパンチくらっちゃいます。

プロ任せにしておけば基本は安心です。何度もレッスンを重ねてきてうまいのは当たり前。

お金払うってことはプロの仕事をしてるってことだから。

セルフカラーを進めない理由。

自分で染めるとなると

  • 時間がかかる。
  • 部屋が汚れる。
  • ムラになる。
  • 髪の毛が傷む。

この4つはセルフカラーのデメリット。

サロンでやるよりはドラッグストアで買ってきたカラー剤は安くて済みます。これが唯一のメリット。

デメリットの方が多いでしょ?

安いからでは済まないこともあります。

毎度のセルフカラーで髪の毛が…。

初めてサロンにヘアカラーしにきたA子さん。

今まではずっと自分で染めていたんだけどダメージがやばすぎて限界。と思って来たのはいいものの施術拒否。

  • 2週間に一回のブリーチ。
  • ロングだけど毎回毛先まで薬をつける。

話を聞くとこんな感じで髪の毛の中間は切れてるし、バサバサ、色はムラムラ。この状態は、まさしくあかん状態。

ヘアカラーで暗くしたいという希望は叶えられてあげませんでした。

もしこの状態でカラーしたとしてもさらにダメージが広がりほぼ切れてどうしようもないということを伝えてカットだけでなんとか短く切ってお帰り頂きました。

髪の毛はチカラがなくなるの?

髪の毛は減点方式でダメージしていく。

パーマにしろヘアカラーにしろここでは薬剤を使っています。ダメージしない薬なんてこの世にないんです。

  • パーマ=髪の毛を曲げる。
  • ヘアカラー=髪の毛の色を変える。

やればやれほど傷んでいく。髪の毛の元気がなくなればパーマ、ヘアカラーをすることはできません。

元気のない髪の毛には薬が効かない。ポーラス毛と言って髪の毛の中がスッカスカなんです。

元に戻らない。

一度でも傷んでしまえば元の健康な髪の毛に戻ることは絶対にありえません。

「エッ、ウソでしょ。トリートメントで治せるんでしょ?」ハイそれはできません。

トリートメントやったところで一時しのぎです。修復不可能なので何しても復活することはない。

だからヘアカラーを自分でやる無謀なことは控えてくださいね。

まとめ。

もしどうしてもヘアカラーする場合は信頼できる美容室で。

やり続けると薄毛になる確率は上がります。全部ハゲてしまうことは、ほぼありません。

サロンカラーのメリットは

  • 薬のつけむらがなくなる。
  • ダメージが最小限。
  • 希望する色に近づく。
  • 頭皮につけないカラーを楽しめる。

基本的にホームカラーはしなくていいです。

間隔をあけてヘアカラーを楽しみましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です