2018/06/24

自分の幸せと思える瞬間をつくろう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

他人と幸せ比べをしないこと。

ついついやってしまうのがこれですよね。

  • Facebookで他人の投稿を見て比較する。
  • 他人の持っているものと比較する。

この二つは間違いなく当てはまるんじゃないですか?

ぼくも3、4年前ではFacebookの他人の投稿を見て不幸になっていました。友達が新車を買った写真をアップしてて「イイなぁ、欲しいなぁ。」なんて思ったり。

「高級料理店に来てて食べてます。」
「新しい服買いました。〇〇のブランド品。」

なんてよく載せてますよね。

当時はうらやましいって思っていたんです。最近ではそんなことも全く思うコトがなくなりました。

他人は他人。

他人と比べることで「いいなぁ。」って思っても幸せにはなれない。みじめに感じて悔しいと思わない。

「あいつの年収1000万だよ。すごくないか?」

って聞かされて「へぇ、そうなんや。」と思うようになったんです。人はそれぞれ持っているモノや仕事、価値観が違う。

  • 身長。
  • 体重。
  • 顔。
  • 声。
  • 職業。
  • 年収。
  • 家族。
  • ファッション。

など当然ですが。比べたところで自分の人生とは全く関係のないこと。

価値観が違う。

それぞれ「これがイイ。」と思えるポイントが違う。

自分に持っていて他人にないもの。そう価値観の違い。人と話していてここは共感できる。でもここは共感できないって。

これは誰でも持っていて無理に合わせる必要もない。

合わないって思ったら、最低限のことだけ話していればイイこと。無理に興味のない話をグダグダされても苦痛に感じるだけ。

一歩距離を置くことでストレスを感じなくなる。

 

好きなことをやる。

自分の好きなことをしていれば幸せなんだ。なんでもいいんです。

ちなみにぼくの幸せな瞬間と言えば

  1. 10分ほど昼寝した時。
  2. 仕事でカットしている時。
  3. 読書している時。
  4. 美味しいもの食べてる時。
  5. お風呂に浸かっている時。
  6. 好きな服を着ている時。
  7. 他人のタメになるブログを読んだ時。
  8. 子供と将棋している時。
  9. チョコレート食べた時。
  10. 部屋を綺麗にした時。

ザッと10個挙げましたが三つだけ細かく掘り起こしてみます。

10分ほど昼寝した時って、その後からの仕事にめちゃくちゃ影響します。集中力がUPします。間違いなく。

昼ごはん食べた後なんで眠くなりますよね?

おそらく誰でもあるでしょう?

ここで休みの日に2、3時間でも寝てしまうとアウトです。夜に寝れません。布団に入っても目がギンギンにさえてるんです。

ぼくは仕事の休憩時間に10分寝るだけで気持ちが切り替わります。

「さあ、やるぞ‼︎」って気合が入る。後半も余裕でのりきれる。気持ちに余裕が生まれる。

二つ目、読書してる時って他人の脳みそが約1500円ほどで観れるんです。

平均これぐらいの値段で売ってるし。興味ある人の本をとって面白そうと感じたら買ってしまえばいい。

賢人の知識を頭ん中に入れることができますからね。安いもんですよ。読んでてイイと思ったことは真似しちゃえばイイからお得です。

実行するだけ。合うか合わないかはやってみなければわからない。とりあえずやる。

合わなかったらやらなければイイだけ。

三つ目のチョコレートを食べるってぼくは完全な甘党ですから。食べないとストレスになります。小さな頃から食べてるなぁ。食べ過ぎて調子悪くなることもあるけど。

程よく食べたら気持ちが落ち着くんです。めちゃくちゃね。「お前、女子かよ?」って突っ込まれそうですけどね。

好きなものは好きなんだからしょうがない。

まとめ。

些細なことで幸せを感じることってものすごい大事なんですよね。

ストレス社会の世の中苦痛な時間ってどっかに絶対にあります。そんな時に小さな幸せを感じる。

「この瞬間幸せだぁ。」と思える瞬間を大切にすれば毎日のメンタルは保つことができる。

調子のいい時、悪い時は誰でもあります。

自分の幸せと思える瞬間を大切に。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です