2018/06/24

ホームカラーで8割の人が失敗するたった1つの理由。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

最近ホームカラーでよく失敗するお客さんが多くて困っている内田です。

どうしても自分でやってしまうという人が意外にも多いっ。

これは失敗するパターンが多いんですね。

たった1つの理由として

「髪の毛全体を染めてしまう。」

これだけ。

どういうことかって?

  • 根元だけ染めるのは自分では無理。
  • 全部染めないといけないと勘違いしている。
  • 安く上がるからつい…。

ホームカラーは絶対にダメとは言いません。

ただ失敗することが多いのは事実。

サロンカラーをやる方が間違いなくキレイになるのも事実なんですね。

根元カラーは素人では無理。

例として2ヶ月周期でカラーをしている肩下20センチのロングヘアの30歳女性。

クリームタイプ、泡タイプあります。

根元が2センチ伸びています。(1ヶ月約1センチ程伸びます。)

2センチをピンポイントで全ての髪の毛に薬剤をつけるって?

これはめちゃくちゃ器用な人でも無理。

絶対に塗らなくてもいい髪の毛にも付くんです。

間違いなく。

全ての新しい髪の毛2センチ。

神業を持たない限り無理。

どれだけ慣れていても他の場所に付く。

ハッキリ言いきときますね。

特にロングの場合は髪の毛の束をめくってめくって…。

1センチ幅でめくっていっても右片方で15〜20回ほど。

もう左片方もやれば合計40回ほどやらないといけません。

なかなかしんどい作業なんですね。

プロに任せる方がダメージ最小限。

美容師はお客さんにお金もらって技術をやっています。

お金をいただくってことは当然それなりの仕事をしないといけません。

入客する前にかなりのレッスンをこなします。

  • 人形(マネキン。)
  • 人頭モデル。

これを幾度となく繰り返して。

  1. カラーの色の出し方。
  2. カラー剤の調合。
  3. 塗布の手順。

知識と技術は当然美容師の方が持っています。

たかが根元2センチを染めるだけ。

たったこれだけだと思うかもしれません。

プロが染めるのは2センチまで。

3センチまで染めてしまうとダメージしてしまうんですね。

たった1センチオーバーで傷みます。

前回に薬剤をつけている所にさらにつけてしまうわけですから当然。

このたった2センチをキレイに塗布することができるのは熟練したプロの技術でしか無理なんです。

いくら素人が頑張って塗ってもつけなくてもいい場所についてしまうから。

必ずしも全部染める必要はない。

ホームカラーの説明書に書いてあるのは

  • 髪全体を染めたい方は…
  • 新しく伸びた部分を染めたい方は…

ここで8割の人が勘違いするんです。

これって大きな落とし穴。

カラー剤は全体につけるものって思い込んでいる人が多い。

ホントに髪の毛傷めたくない人は根元だけのカラーで充分。

毎回全体に薬つけていたら

  1. ダメージ。
  2. ハイダメージ。
  3. ウルトラハイダメージ。
  4. スーパーウルトラハイダメージ。

単純に4回全部やってしまうとスーパーウルトラハイダメージ。

これ間違いないです。

髪の毛が弱い人になると切れます。

スポンサーリンク

少し引っ張るだけで「プチッ」と。

あくまで薬剤です。

髪の毛の色を変えてしまう薬剤。

元の色自体を変えるってことはものすごい負担がかかるんです。

ホームカラーをやりすぎて髪の毛にチカラがない場合はどうしようもないんです。

毎回やれば色は濃くなります。

色素沈着して狙った色が出ません。

色が暗いからってサロンで脱色(ブリーチ)しようものなら死亡レベルにまで達します。

基本的には断るサロンが多いでしょうけれど。

ホームカラーの怖いところはココ。

専門の知識がなく勝手な判断でやってしまう。

薬が余ったからもったいないから全体につける。

絶対にやめましょう。

安上がりだからつい…。

確かにホームカラー剤は安いです。

1000円以下で買えるものばかり。

それに比べてサロンカラーは安くて3000円前後。

3分の1の値段で買えてしまう。

「やった。3回分出来る。」

そう思うんじゃなくて1回でプロに確実に染めてもらう方がマシ。

サロンカラーの強みは統一感。

カラーをしていると当然伸びます。

  • 新しく生えた毛。(新生毛)
  • すでに染まっている毛。(既染毛)

カラー剤を全く同じもので染めることはないです。

ここでは2種類の使い分け。

  1. 新生毛には狙ったレベルの薬をつけます。
  2. 既染毛はカラーしてある髪の毛なので負担がかからない薬。

これは美容師だからこそ出来る薬剤調合なんです。

いかに傷めないように薬をつけてキレイに発色させるかが大事ですから。

これをやることで色のムラがなくなります。

要するに統一感が出るってことですね。

ロングであれショートでもこれが可能なんです。

サロンカラーをやることでダメージ最小限に出来るよ。

内田

薬のダメージは同等。

サロンカラー、ホームカラーって傷み自体はほぼ変わりなし。

  • ホームカラーは素人が塗っても染まりやすい。
  • ホームカラーには薬は強い成分が入っている。

そんな都市伝説があるみたいですが塗ったら染まる。

薬自体もさほど変わらない。

メーカーによって若干の差はあるけれどほぼ同等。

薬のつけ方と2剤のオキシの濃度を変えることは素人にはできないんです。

プロにしかできません。

いかに傷ませないかを考えてやるのがサロンカラー。

「とりあえず染めとけっ。」がホームカラー。

簡単に言えばこんな感じ。

まとめ。

ホームカラーで勘違いしている人の8割が髪の毛全体に薬をつけなければいけないモノ。

これは間違いですから。

もしどうしても家でカラーしなければならなくなった場合は根元だけ塗る。

難しいのでピンポイントでやれるところだけ。

  • 生え際。
  • 分け目。

最低限パッと見えるところだけ。やらなくていいところはやらない。

これを頭の中に入れといてくださいね。

あとはサロンカラーでキレイにしてもらう方が絶対にいいんですから。

ホームカラーでも泡は危険度大。

泡タイプはつけやすいからって選びがちですが失敗が多いのも事実。

つけなくてもいいところにも付いてしまう。

薬剤ですから塗ったら染まるんです。

いとも簡単に。

ボロボロの髪の毛になる前にサロンでやることを絶対的にオススメします。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です