毎年インフルエンザの予防接種に行くべき3つの理由。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

ここ5年ほど毎年11月になるとインフルエンザの予防接種に行っている内田です。

  • なぜ毎年行っているのか?
  • 予防接種しても効果ないんじゃないのか?
  • そもそも接客業ではないので打ちたくない。

いろんな意見で賛否両論あるんですけど結論から言っておくと

インフルエンザの予防接種は毎年打つべき。

流行る前に打つのがベストだと考えます。

  1. インフルエンザの発症から1週間ほど苦痛。
  2. 自分の周りに迷惑をかける。
  3. 発症しても合併症の危険性を下げる確率が高い。

これは2018/11/09に実際にインフルエンザの予防接種に行って話を先生に聴いてきました。

インフルエンザ3

 

インフルエンザの予防は誰にでもできる。

時期が冬になるにつれインフルエンザの流行が毎年ありますよね。

インフルエンザにかからないようにするためには?

インフルエンザが流行る前に予防接種を実際に打つ。

これが大前提。

かかってからでは遅すぎます。

しんどい思いをするのは自分。

そして周りにも迷惑がかかってしまいます。

自分はカラダが丈夫だから心配ない。

こんな思いは今すぐに捨てましょう。

ちなみにぼくはココ5年ほど予防接種に行っていますけど1度もインフルエンザにかかっていません。

ちなみに今はもうワクチンが足りなくなってきている可能性はあります。

2018/11/09現在でぼくの住んでいる3つの病院では1つだけしかやっていなかったのですぐに予約して行ってきました。

予約自体は病院にもよりますけど9月下旬から10月あたりから本格的にスタートしています。

今回はちょっと遅すぎたと思っていましたがなんとか間に合ってよかったです。

インフルエンザの予防接種はあくまで予防ですけど気持ちの安心を買うという意味でもあると思います。

今回は3900円。

毎回同じ病院ではないので値段にそこまで差はないとは思います。

インフルエンザ2

インフルエンザは発症は抑えれる。

感染しても発症しないということもある。

免疫がすでに付いている場合はウイルスをやっつけてくれるので発症しない。

先生が言ってましたが

「感染しても発症しなければインフルエンザの予防接種の効果は絶大。」

インフルエンザ発症は精神的ストレス。

もし発症してしまうとかなりのダメージ。

これを読んでいるあなたも一度はインフルエンザが発症したことがあるかもしれません。

  • 高熱。
  • 頭痛。
  • 関節の痛み。
  • のどの痛み。
  • 鼻水。
  • せき。
  • 寒気。

カラダが重くて何もやる気が起きない。

健康がどれだけありがたいか痛感しますよね。

ぼくも6年前に1回発症しているからわかるんですけど。

さらに怖いのが合併症。

肺炎になってしまうこともあります。

ハッキリ言ってかなりの大ダメージ。

内田

精神的にかなり参ります。

インフルエンザ発症は職場に迷惑がかかる。

1度発症してしまうと最低でも5日は休まないといけません。

キツイですよね。

給料はカットされるは、仕事は休んだ分ストップするはで自分と周りへのダメージは辛いんですよね。

家族がいればインフルエンザをうつす可能性だってあります。

自分が発症するパターンと逆パターンだって考えられます。

インフルエンザ感染は他人からうつれることは避けられない。

もし発症している人からの咳、くしゃみが自分の体内に入るとどうしようもない。

ちなみに接客業しているぼくはこれからの時期いつも危険にさらされている。

内田

と言いたいんですけどあなたも同じです。

  • 電車の中。
  • コンビニ。
  • スーパー。
  • 病院の待合。
  • 通勤ですれ違う人たち。

どこかしらで人と遭遇することはあります。

家で完全に引きこもって仕事ができている人は別ですけど。

どっかで人との接触はしているんですよね。

予防するのは自分しかできない。

インフルエンザ1

インフルエンザの対策は自己管理からしっかり対策を。

感染するときはハッキリ言ってどうしようもできません。

  • マスク。
  • 手洗い。
  • うがい。
  • インフルエンザの予防接種。(約4000円)

対策としてはできることをやっとけば発症は抑えられる。

もし発症しても軽減できるはず。

世界的にも認められているインフルエンザの予防接種。

4000円でインフルエンザと言う精神的、肉体的ストレスから守ることができれば対費用効果は十分に果たすことが可能。

「4000円で健康体を買う。」と言ってもいいかもしれませんね。

100%防ぐと言うことは不可能ですけど。

インフルエンザ予防接種はやっておくのがベスト。

インフルエンザの予防接種はやらないでおくのよりもやっておく方がベストな選択。

あくまで予防ですから。

感染しても発症しなければいいんです。

もし今インフルエンザの予防接種を悩んでいるなら動いたもん勝ち。

ワクチン自体がこの時期になると無くなってきていますから。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です