2019/01/01

新型iPhoneXSのカメラ機能に感動!ポートレートのボケ感は最強すぎる。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

この度アンドロイドのスマホからついにiPhoneデビューした内田です。

機種変する最大の決め手はカメラ機能。

もうこれが楽しみすぎてiPhoneXS予約当日にポチってました。

カメラに無知なぼくにでも簡単にキレイに撮影できるのはかなりうれしいコト。

だいぶん前に一眼レフ使っていた時もあったんですけど持ち運びが辛い。

その分一眼レフと比べるとiPhoneXSなら圧倒的に軽い。

重いというだけでストレスになるのは目に見えていますからね。

iPhoneXSのポートレートのボケ感は最強。

カメラのポートレート機能に設定してしまえばあとは簡単。

焦点合わせてシャッター切るだけ。

ボケの具合は後で調整ができるのが最強。

ただ度を越すと作った感が出てしまうので注意。

カメラの撮影に慣れてない人でも簡単に背景をボカすことができるってスゴいですよね。

極端な話ですけど小学生でもシャッターボタン1つでプロ仕様。

ちょっと言い過ぎか…。

内田

まぁでもそれぐらいホントに簡単に撮影できます。

ちなみにぼくは今まで使っていたスマホが4年前のギャラクシーなんですけど。

そりゃ4年もすれば機能性は格段に上がりますよね。

それじゃあ早速実際にiPhoneXSで撮ったのを3枚厳選しています。

まずはこちら。

iPhoneXSポートレート機能。被写体は花。

この状態だと背景のボケは全くありません。

ポートレート2

 

強調したいのは花。

背景を若干ボカしてあげればどうでしょうか?

ポートレート1

かなりキワ立っていい感じになりませんか?

わかりやすくするために画面を全部そのままスクリーンショットで撮っています。

これ実際はもっとボカせるんですけどやりすぎ感が出てしまうため程よいところで止めています。

iPhoneXSポートレート機能。被写体は香水。

ガラス張りの中にあるルイヴィトンの香水。

ポートレート3

ボカす前は反対側の建物も写っています。

窓や木までハッキリわかるぐらい。

ポートレート4

香水をメインにするために背景をボカしてあげるとキレイに浮き上がってきましたね。

LOVIS VUITTONの文字は全く分からなくなりました。

ポートレート機能恐るべし。

撮った後すぐにこの機能が使えるって素晴らしいよアップル…。

iPhoneXSポートレート機能。被写体は自分。

 

ポートレート機能ラストを飾るのはもちろん自分。

ポートレート27

バックショットで愛するポーターのカバンと刈り上げおっさん。

ポートレート6

これもiPhoneXSの手にかかれば背景は一瞬でボケて私内田に焦点を合わせてくれます。

際立たせるために必要なポートレート機能はホント最高。

これをiPhone1台でできるのでわざわざ重たいカメラを持って出かける必要もありません。

本格的にカメラのクオリティを求めなければ全然iPhone1台で問題なし。

画質もかなりキレイなのでシャツのシワまでバッチリ見えていますよね。

恥ずかしいことに…。

ポートレート機能以外にも

  • 通常モード。
  • パノラマモード。

この2つで完結します。

iPhoneXSの通常モードの夜景は抜群にキレイ。

今回のiPhoneXSはポートレートを売りにしているみたいです。

だけどもっと素晴らしい機能があるんですよね。

アプリのカメラ機能が最初のモードになっています。

これも十分すぎるんですよね。

写真を例に解説していきます。

これも3つ挙げますね。

iPhoneXSで写す神戸大丸。

これどうですか?

ポートレート8

通常モードのオリジナルで撮ったやつです。

我ながらあまりのキレイさにビックリしました。

カメラに関して無知な自分にもこんな写真が撮れるってiPhoneXSホントすげえ!

内田

ポートレート7

そして更にビビッドモードに変換してみると

なんじゃこりゃ。光り方がかっこいい!

内田

深みのあるゴールド感が出てオリジナルモードに比べて立体的に見えてくる。

撮りカは被写体である大丸の建物をほぼ正面から撮っただけ。

撮る技術はカメラの中に撮りたいモノを入れるだけ。

内田

ってめちゃくちゃ簡単すぎてヤベェ。

iPhoneXSで写す神戸モザイク。

夜景スポット神戸で外せないモザイク。

ポートレート10

オリジナルモードでも十分キレイすぎなんですよね。

光を強調するならビビッドの方がベターかな。

ポートレート9

照らし出す光がキレイに出る感じがする。

海面に写った赤と水色の光が最高すぎる。

やっぱり写真がキレイだと当然ながら保存したくなる。

  • 観覧車。
  • MOZAICの文字。
  • 船。

どれも欠かせない。

ここで勝手に思ったのが観覧車の後ろのマンションは高いのか?

違う、そこじゃない。マンションの電気が全部付いたら更にスゴいことになるんじゃないかって。

内田

でも逆にこの光の数だからこそ他のキレイさが際立っているんじゃなんか。

雨の降っている表情はどんな感じになってるんだろうか?

なんて考えたりして…。

iPhoneXSで写す神戸メリケンパーク。

ラストはこちらの写真。

右側のポートタワーが美しいっ。

ポートレート12

スタバのメリケンパーク店はかなりの人で賑わっています。

ほぼ満席状態。

今の季節的に外も十分涼しいのでコーヒー買って外で飲んでる人も多数いました。

ポートレート11

ここで注目したいのがSTARBUCKS COFFEEの文字です。

これ画素数の問題かもしれませんがぼくが今まで使っていた古いスマホなら間違いなく文字が潰れて写ります。

今回使っているiPhoneXSは鮮明に撮れています。

やはりここでもビビッドに変更してあげる方がヒカリ方がキレイです。

これだけキレイに撮れるなんてますます写真撮るのが楽しくてしょうがない。

内田

iPhoneXSで撮るパノラマモード。

朝は建物のバックに空に白い雲。

ポートレート14

パノラマ撮影ならではの広い角度で記録に残せるって良いですよね。

ポートレート13

夜の顔はバックの夜空が黒だから建物と光が目立って朝とは全然違ってこちらもカッコいい。

若干撮った始まりと終わりはズレていますけど。

ポートレート16

これも簡単で撮影したい箇所から角度を決めて最初と最後をシャッターきるだけ。

ポートレート15

角度は30〜45度ぐらいがベストかな。

  • ポートレート。
  • 通常。
  • パノラマ。

この3つの機能があれば充分すぎるでしょう。

iPhoneXSで写したキレイな写真たち。

ポートレート16

これミスっています。

指が写り込んでいます。

1番奥に3人歩いている人もシッカリと捉えています。

(神戸の高架下)

 

ポートレート17

これも高架下。

モードを変えてあげるだけで違った写り方をするんですね。

30年前に自分が親に撮ってもらったような感じの雰囲気。

 

ポートレート21

こちらは白黒に変換してあげただけ。

なんかいい感じですよね。

自分で言うのも…。

(旧居留地の路地)

ポートレート28

緑の木々に囲まれた道路。

 

青い空と雲がなんとも言えない。

(旧居留地の路地)

 

ポートレート20

ココマイスター(革モノの財布を扱っているお店)

外観がかなり雰囲気ありますねぇ。

 

ポートレート23

神戸牛を扱っているお店。

パノラマモードで撮っています。

ここも路地入った所。

周りに光るモノがないので際立つ照明がいい感じです。

 

ポートレート24

旧居留地にあるルイヴィトン。

ビビッドな感じで深みのあるイエロー感が素敵。

 

ポートレート22

神戸ポートタワーを下から撮ったもの。

レッドとオレンジカラーが融合されて映えますね。

ポートレート25

旧居留地で発見した幼児たち。

なぜか撮りたいって感じになったので激写。

こんな感じで朝から夜までの神戸の良さげな場所を撮ってみました。

全て加工編集しています。

iPhoneXSでは

  • オリジナル。
  • ビビッド。
  • ビビッド(暖かい)。
  • ビビッド(冷たい)。
  • ドラマチック。
  • ドラマチック(暖かい)。
  • ドラマチック(冷たい)。
  • モノ。
  • シルバートーン。
  • ノアール。

10種類もの編集ができます。

ここは好みで調整ができるのが嬉しいところ。

iPhoneXSの中にある編集モードのみ。

iPhoneXSではカメラ初心者に最適。

ポートレート機能のみならずオリジナル撮影やパノラマも簡単にできます。

ちなみのにぼくはパソコンはマックブックだったのもあり今度スマホ変えるならiPhoneにしようと考えていたところでした。

ブログに載せるのもやっぱりキレイな方が絶対にいいと言うこともあり買って大正解でした。

写真を撮っていくのが楽しくてしょうがないです。

  • 旅先の夜景や自撮りするためにカメラが必要。
  • 同窓会で10年ぶりに会う仲間と撮りまくる。
  • インスタ映えするバックに自分を照らして撮る。

やっぱり記念に残したいならカメラの質は重要。

身軽に動き回って撮りたいならiPhoneXS。

本格的に写真にこだわりたいなら一眼レフ。

ぼく自身は重い荷物を持ちたくないのでiPhoneで完結。

値段こそ12万円と高いですけど毎日触るもの。

どうせなら質が良いものでストレスを感じないモノがベスト。

買い替えで悩んでいる人がいるなら参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です