2018/06/24

カッパにならないために根元縮毛矯正を徹底すればダメージ最小限だよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

そもそもなんで縮毛矯正をするのか?

  • クセを伸ばす。
  • ボリュームダウン。
  • サラサラ感を満喫したい。
  • 見た目がイイ。
  • 朝の手入れを楽にしたい。

全て当てはまるでしょう。

しかし今だに毛先まで縮毛矯正している人を見かけます。

カッパなんですよ。

カッパ。

何がって?

毛先がピンピンでしょ?これがまずいんですよね。

基本は根元のみ。

全く初めての場合は根元から毛先までOKです。縮毛矯正の初心者さんはイイんです。

2回目からは伸びてきているところ。つまり根元のウネウネ部分。4ヶ月すれば4センチ伸びてくるので。このクセを伸ばしてしまえばイイんですね。

基本一回当てた場所ってほぼ真っすぐなんです。たまに例外もあってウネル人もいるんですが。それは伸びきってなかったてコト。

毛先がピンピン。

毎毛先まで真っすぐにするもんだからカッパ状態になっちゃうんです。そうするとダメージも毎回毛先まで。

めちゃくちゃ傷むんですよ。髪の毛はだらけ。かわいそうなぐらいに。ショートだろうがロングだろうが関係なし。

基本は根元だけ。

美容師専門用語で言えばリタッチ矯正だけでイイ。

毛先までやる必要はなし。

やればやるほど傷む。

簡単に例えれば病院で手術をやるのと一緒。

3ヶ月に1回当てるとして1年間に4回。仮に毛先までやったとして4回も手術してお腹切るんですか?

そんな話なんですよね。

めちゃくちゃ痛いはずなんですよ。髪の毛は泣いてる。間違いなく。

セルフカラーも禁止。

自分でカラーも禁止。

これも毎回毛先まで自分でカラーしてる人ほど難しい人はいないんです。

縮毛矯正毛先まで、セルフカラー毛先まで。完全に髪の毛終わっていますから。

スポンサーリンク

やりすぎてゴムみたいに伸びてる人だっています。最終的に切れます。断毛。怖いんですよね。

リタッチカラーも自分でやるのは至難の技なんです。これも必ず信頼できるサロンでやってもらってください。

傷みは最小限に。

目安として毎月縮毛矯正する人はほとんどいません。

じゃあどのくらいでやるのか?

3〜4ヶ月がいいでしょう。

ウネってる部分だけを真っすぐにするコトでダメージは少なくて済みます。ちなみに傷まないストレートなんてこの世に存在しませんからね。

そんなサロンがあれば疑ってください。

縮毛矯正にしろ、パーマにしろ、ヘアカラーは少なからず傷みますから。

くせ毛の人で初めて縮毛矯正した日の感動は忘れられないはず。ウネウネくせ毛が真っすぐになるって。スゴイことですよね。

冒頭にも書きましたがサラサラで見た目まで変えてしまう。

しかしです。

髪の毛は傷んでるんです。これだけは事実。

見た目はわからない。

傷んでるように見えませんが縮毛矯正というオペを完了すれば天使の輪が。

いやぁじつに美しい。

アイロンでプレスして伸ばせばツヤはでるんです。これ結構な人が勘違いしててキレイになってサラサラで嬉しいんでしょうが。

でも傷んでるんです。見た目にはわからないんですがね。

巻く楽しみもあるよ。

リタッチ矯正でコテやホットカラーを使ってゆる〜く巻くことだってできます。

ピンピンの髪の毛よりも巻きやすさが違いますからね。

例えば肩上ボブ。

毛先だけ大きい目のホットカーラーやコテでワンカール作ってあげれば可愛さ倍増。

これはリタッチ矯正でも巻いて遊ばせることでフェミニンな感じも出せるよってコト。

せっかく縮毛矯正したけれどストレートだけじゃ面白くないでしょ?

まとめ。

縮毛矯正は美容室の中でもトップ3に入る難しいメニュー。

1度全体当てたら次回からは伸びてきたところ。毎回全部する必要がないんですから。

ピンピンのカッパみたいにならないように。

リタッチ矯正をオススメ。

目安は3〜4ヶ月がいいでしょう。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です