2018/06/24

くせ毛のドカ梳きは危険なの知ってる?エラいことなってしまうよ。

 
クセ毛 梳き

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

「髪の毛多いし、くせ毛なのでたくさん梳いてください。」

このオーダーは危険ですからね。明日からボンバーヘアの出来上がり。えらいこちゃ。手入れが余計に難しくなっちゃうんです。

むやみに「梳きまくってください。」は絶対にNGです。

髪の毛の量を減らすって梳くんでしょ?

くせ毛で多毛の場合は大量に減らせばまとまる。そう思っている人が多すぎる。ビックリするほど。

確かに量を減らすことで軽くなる。でも考えてみて。

量を減らすだけでキレイにおさまるのか?

  1. 軽くなる。
  2. 遊びが出る。
  3. ハネる。
  4. おさまらない。

う〜んこれにも適量ってのがあって梳きすぎはまとまらない。

逆に少ししか梳いてないと重い。それのもう一歩踏み込んだ適量を梳く。ここが一番重くても軽いちょうどいい加減だ。

その加減は担当美容師の腕にかかっている。これは間違いない。

カッコつけの美容師は危険かもよ。

「魅せる技術に命かけてます。」こんな美容師は格好だけは良くても肝心のヘアスタイルが残念なこともある。

  • エフェクトカット=ハサミを器用に振り回す切り方。
  • スライドカット=滑らせながらきる切り方。

こんな名前一般の人は聞いたこともないだろうけど。これを多用しすぎるととんでもない頭になりかねない。

要するに

  1. 髪の毛は広がる。
  2. 毛先はハネる。

はっきり言っておさまらない。まとまらない。

見てる方は格好よく見えるかもしれないがやりすぎてる場合は危ないかもね。

やってもらった人もいるかもしれないけど。

普通にハサミと梳きバサミでもキレイにおさまる髪の毛はつくれるんだよ。

内側をたくさん梳くことはイイのか?

これはボブスタイルにあることだけど表面の髪の毛はそのまま。内側だけスカスカってどう?

ボブって程よい重さがあるからカッコ良いんだけどね。

スカスカのボブなんて魅力ない。

仕上げで上手いコトまとめられる。

「カット後のドライヤーでキレイになった。」と思っていたけど翌日シャンプーして仕上げたらビックリ。

全くキレイにおさまらない。

ハイ、このような場合は美容師の腕によってごまかされていることがほとんど。なぜならカットがダメだった場合は仕上げでキレイにまとめることができるから。

その時はよくても実際は家に帰ってからの手入れがどれだけしやすいかにかかっている。

上手い美容師なら家に帰ってから髪の毛のセットをする時まとまるんですよね。

下手な美容師だったらもちろんまとまらない。

家での手入れが一番。

1ヶ月に1回美容室に行くって人は年間通して12回。

365日中353回は自宅で手入れをしなくてはいけなくなってくるよね。

美容院でキレイに仕上がっていても結局家で上手いことできなかったらダメってこと。

まとめ。

くせ毛の髪の毛の人はオーダーするときに「スカスカにはしないでください。」と一言伝えれば失敗はなくなる。

  • スカスカのヘアスタイルをつくるのが好きって人。
  • 重めのスタイルをつくるのが好きな人。

これは美容師の好みがある。適当に勝手にやられる前に一言伝えるようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です