2018/06/24

薄毛のメンズ髪にトリートメントはいらないの?原因は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

ここ2〜3年髪の毛の元気がなくなってきた感じがする内田です。

だれにでも必ずやって来る老い。間違いなくやってきます。当然ながら髪の毛にも関わってくる問題。

  • 髪の毛が細くなってきた。
  • ボリュームが出にくい。
  • 抜け毛が多い気がする。
  • つむじが透けて見える。
  • デコが広くなった気がする。

こんな薄毛で悩みを持っている30〜40代のメンズにトリートメントはする必要がない。

「それってホント?」なぜかに応えてみた。

付けた時点で重くなるんだよ。

当然シャンプーした後につけるのが基本なんです。薄毛にはやるだけムダってコトです。

コンディショナー、トリートメントと言われるモノには髪の毛を保護する作用が働きます。

髪の毛を膜で包み込んでしまうってコト。と言うことは重くなる。薄毛に重さをプラスしてはダメ。軽い方がイイに決まってるんです。

多毛ならばやるのがベスト。

「髪の毛が多くて困っているんだよ。」そんな人には向いているんです。少なからずボリュームダウンのお手伝いをしてくれます。ありがたいコト。

トリートメントで膨らみや乾燥が少しはマシになる。

ドライヤーで乾かした後立ち上がらない。

もしトリートメントをつけてしまうと髪の毛一本一本に重さが加わる。重すぎて根元をドライヤーの風を当てても立ち上がりが悪い。

これじゃあムダな行為になってしまう。薄毛の髪に重りをつけたもんです。どれだけブンブンに乾かしても一緒です。

シャンプーした後に何もつけずに髪の毛が軽い方がボリュームアップしやすいです。

スタイリングをつけてもぺちゃんこ。

スタイリング剤のジェルやワックスをつけてもボリュームアップは見込めません。

元々の髪がトリートメントで重くなっていてさらにスタイリング剤で重くなる。

朝になっていれば寝汗や皮脂が当然出るのでさらに重い。

いやぁ悪循環。

やっぱりNOトリートメントですね。

頭皮につきやすい。

薄毛なら特に頭皮にベッチャリつきやすいんです。つけてないつもりでも「意外にもついていた。」ってよくあるコトなんです。

髪の毛が細く量が少なければ当然ですよね。

髪の毛の皮膜作用。

トリートメント=皮膜。

と思ってもらえればイイです。

簡単に言えば髪の毛を膜で包み込むってコト。髪の毛が傷んでもないならばやる必要がない。

もしどうしても毛先が引っかかるのであればほんの少〜しだけつけてもオッケーです。これは例外ですが。

頭皮につけても効果なし。

ここでも例外があり頭皮用のトリートメントは頭皮にすり込んでOK。

通常のトリートメントの基本は髪の毛のダメージ部分につけるんです。

それ以外は絶対につけてはいけません。

まとめ。

  1. 髪にボリュームを出したい。
  2. スタイリングの持ちを良くしたい。
  3. 髪の根元のペタンコはイヤだ。

こんな想いがあればトリートメントはする必要がないです。

基本はシャンプーだけでイイんです。ドライヤーで根元を起こすだけでフワッと感は出せます。ムダな時間が省けます。

薄毛で悩むならシャンプーオンリーで充分ですからね。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です