2018/06/24

やっぱミルメークは期待を裏切らない最高の味に間違いからレビュー。

 
ミルメーク1

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

今回のおっさんの記事はミルメークです。

興味ない人はスルーしてください。

少しでも興味ある人は読んでね。

最近の100均はどんどん進化していますね。

先日買ったコードクリップなど良いモノは普段の生活に取り入れています。

100円だからって何でもかんでも買いまくるのは良くないとわかっています。

  • しょせん100円のモノ。
  • 壊れても問題ない。

こんな想いは誰でも持っているでしょう。

そんな中、食品コーナーに立ち寄ることはなかったなぁ。

まさかこんなところで出会うなんて思ってもみなかった。

知っているとは思いますがミルメーク。

牛乳にこの粉を入れてかき混ぜて飲むだけというシンプルな飲み物。

一気にコーヒー牛乳に変身するというすぐれもの。

ココア、いちご、バナナ、紅茶、抹茶きなこなど増えているのにビックリ。

ミルメーク2

王道の味コーヒーを即買いしました。

23年ぶりの再会に感動。

ぼくは今38歳。

小学校と中学校で定期的に給食で出ていた1つの粉。

懐かしすぎてホントビックリしました。

出会いがまさか100均のダイソーになるとは…。

たかがミルメークの粉。

記憶のイチバン隅っこぐらいにしか残っていませんでした。

出会い自体はもう31年前。

小学校入った時から中学3年まで9年間給食でお世話になったぼくにとっては極ウマパウダー。

1ヶ月に1回は出ていたような…。

記憶が曖昧で覚えていないのですが。

牛乳瓶の時代ですが何か?

今の子供たちは紙パックの牛乳ですよね。

ぼくらの時代は200mlビンだったんですね。

フタいっぱいまで牛乳が入っているので当然そのままミルメークを入れてもあふれるだけ。

3口ほど飲んでから飲めばちょうど良いカサになったんです。

今はコップがこれしかないので…。👇

ミルメーク4

 

当時は透明のビンだから粉が入っていく瞬間がたまらなく好きだった

スポンサーリンク
  1. 入れた瞬間、真っ白い美味しい牛乳の中を茶色い粉が落ちていく。
  2. この落ちていく瞬間…。
  3. 一気に味がコーヒー味に…はならない。
  4. ストローでかき混ぜてやっとコーヒー味に。
  5. 2口目、3口目ぐらいがうまい。
  6. 最後の粉が微妙に底に残っている部分をストローで吸う瞬間がここが番うまい。

 

毎日の味に飽きていた。

来る日も来る日も牛乳。

イイ加減飽きるで。毎日同じものばっかり。

内田

小さいガキンチョなりにこんな思いを…。

栄養価の高く手っ取り早く吸収できる飲み物だったから毎日出ているんでしょうね。

今もそうだけどね。

たまに出てくるミルメークははっきり言って神の粉

給食の献立表を見てはミルメークが出る日は絶対に休めない。

意地でも学校に行ってやる。

そんな思いを胸に。

おおおお。そんなにあたしのこと好きなん。

ミルちゃん

好きすぎて何杯でもいけるで。

内田

とか言いながら今は2杯飲んだらお腹がゆるくなるんです。

ミルメーク3

その当時はミルメークは欠席者がいれば当然欲しい人が殺到するぐらい人気。

牛乳とミルメークはセットで取り合い。

にはならず、基本じゃんけんで取り合っていました。

今思えば懐かしい。

当時の記憶がよみがえってくる。

手軽に買えるのがイイ。

8個で100円。

  1. 安い。
  2. うまい。
  3. なつかしい。

味は全く昔と変わらず。

ぼく自身は甘党なので。

おっさん、お子ちゃまやな。

ミルちゃん

そやで、だってお腹弱いからなぁ。

内田

ブラックコーヒーが飲めないんです。

そういやコーヒーも買って飲むことはあまりないなぁ。

ミルメークは甘いし何てったって最高に飲みやすい。

これに尽きる。

普段はお茶か水ばっかり飲むけど。

これからはミルメークも飲むリストに加えていこう。

まとめ。

なつかしの味が近くで買えるのは幸せなことだと確信。

ていうか結構前から売っていたんですね。

無知すぎてビックリ。

コーヒー苦手っていう人にも味は優しくて甘いので飲みやすいです。

砂糖入っているのがイヤな人には向きません。(ブラック派は特に。)

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です