2018/03/19

無印テーパードデニムはアラフォーメンズにオススメ三つの理由。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

ここ半年ほど休みの日は無印デニムしか履いていない内田です。

ぼくはアラフォーなんですが服選びにも最近は気を使っています。

いつまでも若くはないので。

ぼくと同い年で「俺はまだ20代の格好でもまだまだイケてる。」と勘違いしている人も見かけます。

若作りはイタいかも。

30前後ぐらいまででしたらイイかもしれません。

ただ40前後にもなると服装って気をつけなければ見てる人は見てます。

自分だけが気付いてないかもしれません。

今回はパンツ編としてオススメするのが

  • 値段が安い。
  • カタチがきれい。
  • 濃い紺色なので色落ちが楽しみ。

この三つを満たすパンツが無印良品のテーパードデニム。

本気でオススメします。

無印のデニムは値段が安い。Uー5000は最高。

なんと税込3980円。

安くないですか?

まぁユニクロとジーユーにもありますね。

これぐらいの値段でしたら。

ちなみにぼくが買った時はちょうどオープニングセールだったので1000円引きの2980円と圧倒的な安さで手にいれることができたのです。

muni-denim

「こんな値段で買えるの?」マジ?イイの?

こんなことを思いながらレジに並んだのを今でも覚えています。

  • 無印良品週間で買えば10%オフ。
  • 定期的に500円割引もやっている。

ここはスマホのアプリからMUJI passportをインストールしとけば確認することができます。

最初は4000円ぐらいのデニムってどうなん?。

内田

ぐらいにしか思ってなかった。

いざ履いてみるとお腹周りはきつくない。

お尻の部分もゆとりがある。

スソにいく程細くなっていく。

これってスキニーにはない感じ。

スキニーだとピッチリ感が出るでしょ。

特にぼくなんかアラフォーだし。

ケツがピッチリってどうよ。気持ちが落ち着かん。

内田

おっさんはケツからスソにかけて出るピチピチ感がイヤだ。

スキニーにはない、少しゆとりのある感じ。

これがイイんですよね。

ストレートでもスキニーでもないテーパードデニム。

生地は問題なし。

安いからといって手抜きしていません。

ペラッペラッの生地でなく、しっかりとしたモノです。

そこはさすがの無印。無印良品って読んでそのまま良い品だ。

定番品として置くだけあって売れ続ける理由がわかります。

ハイブランドにも負けない。

ぼくは昔2〜3万のデニムを履いていたことがあります。なんら引けも感じない。

高い=生地がイイ。
安い=生地がイイ。

無印は下のヤツですね。安いからといってバカにしてはいけません。

質が高いので3980円のモノには見えにくいんですね。

テーパードデニムはカタチがきれい。

 

ダボダボのデニムはNGですよ。

パッと見た目で損します。

まずスタイルが良く見えません。

  • カラダのラインに合わせて履いているデニム。
  • ラインを無視したデニム。

この2つを比べてみると圧倒的に格好良さ違います。

1万円を超えるダボダボデニムよりも4000円の無印のデニムの方が段違いにカッコイイ。

メンズでも当然スタイルが良く見える方がよくないですか?

スキニーも悪くはないけど少しのゆとりを求めるなら断然テーパードデニム。

スポンサーリンク

シンプルなつくりがイイ。

ポケットにししゅうが入っているとか、デザインが奇抜とか一切ありません。

至ってシンプルなつくりです。

だから他のアイテムと相性は抜群にイイんです。

例えば靴で言えば

  • サンダル。
  • スニーカー。
  • ブーツ。

アウターなら

  • ジャケット。
  • ダウン。
  • シャツ。
  • Tシャツ。

基本何でもOKです。

チャレンジしやすい値段でもあるので1本あれば活躍度は大。

濃い紺色なので楽しめる。

長年着用で経年変化を楽しみながら履ける。

古着でなく全くの新品。

ここも安心です。

デニムでの醍醐味である色落ち。

どれぐらい変化するのか。

基本年間通して履けるのでありがたい。

初めから加工してあるよりも濃紺からスタートする方が愛着が湧いてくるんです。

デニムのリベット部分は加工?

リベット1

布と布の重なる部分にある金属片をリベットと言うんですがこれがなんであるのか知ってます?

「デニムを履いた時に負荷がかかるからじゃないの?」そうです。

でもよく観てください。金属片にデニムの布の切れ端が付いていますよね。

リベット2

ひとつひとつに付いていますよね。

通称=打ち抜きリベット

「これなんだよ。不良品じゃねぇの?」と思った人もいるはず。

これはこのまんまで問題ありません。

どうしても気になる人は毛抜きで取ってみてください。

全部取るまでに結構時間かかります。

これは打ち抜きリベットの特徴でもあるのでそのままにしときましょう。

最初からこんな状態なので気になってもそのまま。

年齢層は問わない。

シルエット自体がかなりキレイなので普段着からオシャレなお店に食事、デートでも全然イケます。

ジャケット1枚羽織っていけばキレイ目な格好が出来上がります。

お腹が出てきだしたアラフォーあたりにオススメだけど基本どの年代にもハマります。

50〜60代の年配でも履けます。

この年代で履いていたら渋さもあって男らしさがグンと増すでしょう。

まとめ。

  1. 安い。
  2. 足が長く見える効果。
  3. 色落ちを楽しめる。
  4. デブ気味に近づいてる人も履ける。
  5. 特にアラフォーにかなりオススメ。

メリットたくさんなので買っておいて損はしません。

逆にデメリットが見つかりません。

ぼくも買う前は半信半疑だったんです。

買って履き続けると心から良かったと思えます。

とりあえずデニム選びで悩んでいるなら無印良品のテーパードデニムを買いましょう。

ちなみに試着は絶対です。

裾上げしないで買っちゃうとモタついてシルエットが台無しになるので要注意。

試着するときは、メインで履いている靴でチェックしてみてくださいね。

合わせる靴によって若干長さが変わってくるので。

もう1記事読んでみる?
スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です