2018/06/24

猫っ毛薄毛で悩むメンズはパーマで根元からのボリュームアップを狙え。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

猫っ毛でしかも薄毛。でも短髪にはしたくない。そんな人って意外にも多いんです。髪の毛で悩まない人はいないと言っても過言ではないですね。どうも内田です。

ホントは短い方が髪の毛の薄いのが目立たないんですね。何でかって?

髪の毛が長ければ長いほど地肌って透けて見えるんです。極端な話ボウズが一番目立たないんです。さすがにそれはちょっとって思います?

じゃあボウズも嫌。ベリーショートも嫌。ってなってくるとパーマを当てるっていう選択肢が出てくるんですよね。

パーマ=ボリュームアップ。

イメージはこれでいいんです。

薄毛ならばなおさら。

髪の毛が傷むでしょ?

そう。傷むんです。髪の毛に変化を加えるんだったら傷みは必須。

傷まないわけがないんです。パーマで髪の毛を曲げる。カラーで色を変える。って当然パーマ剤、カラー剤の薬を使います。これが傷む原因。

髪の毛にあった薬を使うコトで傷みを最小限に抑えることができるようになっています。

  • 髪質。(太いor細い。)
  • ダメージ度合い。(健康毛orダメージ毛。)

一番傷む場所って?

そう。毛先がNO1なんです。根元が傷むってまずないです。一番新しい髪の毛なので。

年とった髪の毛が一番弱っています。引っかかりって毛先がそうなんです。ダメージしやすい場所。

どうしても傷んでストレス感じる場合はカットしてしまえば大丈夫。

ボリュームアップにはパーマ必須。

当てなくてもボリュームを出す方法は髪の毛を乾かす作業をするとき。この時に根元にしっかりと熱を当てて立ち上がりをつける。これでもいいんですが。

持ちが悪すぎるんです。猫っ毛みたいに柔らかい髪ってすぐにペッチャンコになります。

そこでパーマをあてて根元に立ち上がりをつけるんです。

これが1番手っ取り早い方法。必要な場所に必要なところだけに当てる。全部あてる必要はないです。

猫っ毛で薄毛の場合はつむじがある周辺から前髪にかけて。髪の毛にボリュームがある方が確実に若く見えます。

10歳ほど変わってきます。カッパみたいになってはいけません。てっぺんがペタンコでサイドにボリューム満点ではいけないんです。

スポンサーリンク

当てても3週間だけ。

個人差はあるけど持ちは3週間ほど。

エッ、たったのそれだけ。こんなもんです。髪の毛って伸びるでしょ?1ヶ月も経てば根元がぺちゃんこになります。間違いなく。

毎月当てると頭皮や髪の毛にもよくありません。

理想は2ヶ月に1回がいいでしょう。ダメージのことを考えて。カッコ良くなるためにはリスクはある。

男たるものかっこよく生きたい。見た目で損しないためにも髪の毛はバチっと決めておくのがイチバン。

カッコ悪いよりもカッコイイのが絶対にイイんですからね。髪の毛ボッサボサよりも手入れが行き届いている方が男前度は上がります。

月1回の身だしなみとしてヘアサロンに通うコトは習慣化することをオススメします。

まとめ。

髪の毛を短くしたくない猫っ毛薄毛の人はパーマでカッコ良くなることが可能です。

特にボリュームが出にくい前髪からつむじだけでも立ち上がりがつくので信頼できる美容師に託しましょう。

当然アフターケアも忘れずに。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です