2018/06/24

どうしても美容室で喋りたくないならやるべき5つのポイント。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

美容室が苦手って人意外にも多いんですよね。

なんで多いかっていろんな理由があって

  • 担当者が大して興味ないくせになんでも聴きたがる。
  • 人見知りだから初対面の人とは緊張する。
  • チャラいメンズ美容師が多い。
  • 馴れ馴れしい。
  • どうでもイイ会話をしてくる。
  • 予約したのに待たされる。
  • カットだけなのに時間がかかりすぎる。
  • 値段の割に満足したことない。
  • 大きい鏡が緊張する。
  • あの空間がイヤ。

など言い出したらきりがないのでこれぐらいで。

今回は喋りたくないがポイントです。

やるべきことはたった5つ。

あくまで初めていく美容室でのコト。

  1. 予約の際に「会話苦手です。」と伝えておく。
  2. カウンセリングシートに書き込む。
  3. 担当者は同性、同年代にしてもらう。
  4. 好きな本を持って行って読む。
  5. とりあえず目つぶって寝る。

では、いきましょう。

最初に会話が苦手と伝える。

初めて行く際に電話予約の時に「会話したくないんです。」と言っておけばスムーズにコトが運びます。

電話を受けた者が担当者に確実に伝えておけば

  • 自分がしたい髪型。
  • これだけは絶対にイヤという髪型を伝えておく。

この2つはカウンセリングで確実に伝えておきましょう。

ここまででほぼ会話という会話は終わったもんです。

相手は髪型をつくるプロですから今まで培った経験とセンスでカッコ良くまた可愛くしてくれるはず。

カウンセリングシートを活用。

初めて来店した時に書く用紙です。

ここにもしっかりと

「喋りたくないです。」

ってしっかりと記入しておけば必要以上に美容師側が話しかけてくることはないでしょう。

担当者は同性、同年齢がイチバン。

なぜこれが言えるかって、答えは簡単。

同性、同年齢の方が

スポンサーリンク
  • わかってくれる。
  • あなたからもしたい髪型を伝えやすい。
  • 細かいところへの気遣いがある。

こればかりは美容室の系統にもよって変わってきます。

  1. 若い美容師ばかりの店。
  2. 女性スタッフだけの店。
  3. イケメンぞろいのホスト系の店。
  4. 老若男女の店。
  5. 年配メインの店。

店のホームページや直接のぞいてみればある程度どんな店かはわかります。

自分が行って落ち着く店がイチバンイイんです。

友達がいくら勧めてきてもあなたに合う店かはわかりません。

友達には合っても自分に全く合わなかったというケースは多いです。

実際に行って肌で感じてみなければわからないこともたくさんありますからね。

好きな本を持って行って読む。

活字メインの本を読みまくる。

美容師側からみたら話しかけづらいオーラが出てるのでソッとしておくはず。

カット中は髪の毛が本の間に挟まる恐れあり。

お気に入りの本以外の二軍以下の本を持っていきましょう。

マンガ本は絶対にNG。

担当者が話の中に入ってくる可能性があります。

寝る。

とりあえず目をつぶる作戦です。

寝てる感じであれば誰も話しかけません。

これで会話してくる美容師はアホとしか言いようがありません。

あぁ会話したくないんだろうなって察するはずですから。

美容室を変える。

高単価の美容室は

  • 技術。
  • 接客。
  • 立ち振る舞い。

全てにおいて質の高いモノをだします。ひとりにかける時間は長め。

逆に低料金の美容室は

  • 速さ。
  • 数。
  • NOトーク。

全てにおいて最低限のモノを提供します。

ホントにしゃべりたくないのであれば低料金の美容室が向いています。

しゃべらないのが当たり前みたいな感じなのであなたのことも根掘り葉掘り聴かれることもありません。

まとめ。

しゃべるのが苦痛だけども髪の毛は確実に伸びます。生きている以上は。

自分にあったサロンを見つけるのは簡単です。

低料金サロンがベストです。

薄利多売形式なのでたくさんのお客さんをしてなんぼのモノ。

ひとりのお客さんにかける時間も最小限ですから。

うだうだしゃべってくる美容師もいません。

  • やってほしい髪型。
  • これだけは絶対にイヤという髪型。

これでけは確実に伝えて起きましょう。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です