アラフォー美容師が自由気ままに発信する雑記ブログ

【レビュー】ポーター ハイブリッドサコッシュは使い心地最高。1年使った感想は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

 

「持ち物が圧倒的に少ない時の最強の相棒はサコッシュ。」

と勝手にぼくは決めつけております。

ポーター のハイブリッドサコッシュについてレビューしていきます。

使い始めて約1年ほど経ったのでメリット&デメリットと共にどんな時に役立つのかをお伝えしていきます。

結論から言えば最高に使いやすいです。

「手ぶらだと不安」そんな時に

必要最低限のモノだけをサコッシュに入れておく。

これが定義。

スポンサーリンク

ポーター ハイブリッドサコッシュを使ってみた感想。

なぜポーター を選んだのか?

これは単純に誰とも被りたくなかったから。

ちなみに1年間休日メインで持ち歩いていますけど誰1人として被ったことはありません。

行動範囲が狭いかもしれませんけど。

ユニクロ、GU、無印良品からもサコッシュは発売されています。

上記の3つのブランドはどれも安価で1000〜2000円程度で売っているので被る確率は高め。

実際ユニクロ、無印良品のサコッシュ持っている人を見かけたことがありますけどね。

手に入れやすいしシンプルだし否定するわけではありません。

ポーター ハイブリッドのサコッシュは10000円程度のサコッシュですから買うにはかなり考えるはず。(ユニクロ、無印とは5倍以上の差)

  • 見た目がカッコイイ。
  • サコッシュ自体が軽い。
  • 最低限のモノは入る。
  • 少しぐらいな濡れても平気。
  • オールシーズン活躍してくれる。

ポーター に限らず上記のことは大体同じ。

見た目で分かるのは完全ロゴで差がつくと言ってもイイぐらい。

ポーター ハイブリッドサコッシュは見た目がカッコイイ。

見た目重視という点についてはロゴ一択と思っています。

POTARというロゴがある時点でカッコよくないですか?

ポータマニアもいるぐらい…。

定番中の定番でもある吉田かばん。

ぼくも最初に吉田カバンと出会ったのは18歳のとき。

シンプルにデザインと素材の良さに惹かれて購入したのを今でも覚えています。

ちなみにタンカーのウエストバッグ 。

当時20000円以下の値段でしたが

このカバンだったら20000円でも買う価値あるな。

内田

そんなことを思いながらレジに並んだ記憶が鮮明に残っています。

ネームバリュー高めですから好きな人には値段関係なく売れていくんでしょうね。

1年以上ポーターのサコッシュを使ってみてさりげないデザインへのこだわりがあります。

パッと見わかりにくいですが以下の画像を見てください。

ポーター サコッシュ3

ダイヤ状に縫い目が表に浮きだっているのがわかります。

普通は隠すのが当たり前かしれません。

裏から縫ってあるのをデザイン一部として表面にさりげなく出す。

ホントかどうかはわかりませんがチョットしたこだわりがあるようにも見えます。

恐らく狙っているんだとは思いますけど。

なんだかんだ言ってもロゴのを見ただけでポーター って分かるので他にはない差がでているんじゃないかと思っています。

見た目はやっぱり重要。

ポーター ハイブリッドサコッシュ自体が軽い。

なんといっても軽さは基本的にかなり大事。

持ち歩くのが重くなってくると同時にストレスがかかるのは誰でもわかります。

カバン自体が重く朝から夜まで出かけていれば疲労が溜まるのは当然。

必要最小限のモノしか持ち歩かないのであればサコッシュは最高のパートナー。

サコッシュ自体が圧倒的に軽いのでモノを入れても重さとしてはストレスフリー。

ちょっとした場所に出かける際に

  • コンビニ。
  • 病院。
  • スーパー。
  • 散歩。
  • 家の近くで食事。

サコッシュという相棒がいれば首からぶら下げていくだけで全く困りません。

ホント軽いので首や肩へ負担がありません。

もちろん500MLペッボトルも入りますけどNG。

サコッシュだけ膨らんでカッコ悪くみえますから。

ポーター ハイブリッドサコッシュは最小限のモノは入る。

  • 折り畳み財布。
  • スマホ。
  • ティッシュ。
  • ハンカチ。
  • ポケットWi-Fi。

ちなみにぼくの所有物はこんな感じ。

ポーター サコッシュ1

あまり入れすぎてもしんどいし、必ず使いそうなヤツを厳選しておけばOK。(財布とスマホのみが1番身軽)

近場だろうが遠出だろうが実際に必要とするモノだけを持ち歩くほうがカラダも楽だし疲れも最小限。

ミニマリスト志向に考えるのがベスト。

無駄リュックを持ち歩くのだけはオススメしません。

ただ買い物でリュックサイズ大きさなら最初っから持っていくべきではありますけど。

不要な持ち物だとしんどいだけ。

最小限の持ち物だけで歩き回ることができれば最強です。

ポーター ハイブリッドサコッシュは少しぐらい濡れても平気。

コーデュラ加工されているので少しの雨ぐらいなら大丈夫。

中身は無事で問題ありません。

完全防水ではないのでビチョビチョに濡らすことはNG。

通り雨ぐらいなら平気と言った所。

できれば濡らさないことが最優先。

ポーター ハイブリッドサコッシュはオールシーズン活躍。

年中活躍してくれるポーター サコッシュ。

半袖着用の夏だろうがダウン着用の真冬だろうが関係なし。

ポケットに詰め込んでしまうとなんかカッコ悪くみえてしまうんですよね。

クソ暑い夏にはタオルハンカチが必須ということもありますから。

ティッシュがなくてめちゃ困った時もサコッシュがあれば厚みもほとんどないので大活躍してくれます。

そもそもサコッシュって?

元々自転車レースの際に補給食、飲み物などをレーサーに渡す為のバッグ。

流行り廃りがないという点にしては最強なバッグであることは間違いないですね。

サコッシュのデメリットは?

ポーターハイブリッドサコッシュのデメリットは以下。

  • 値段が約10000円と高め。
  • 1年使ったら色あせ感は出る。
  • 書籍を持ち歩くにはキツい。

ひとつづつ見ていきます。

ポーター ハイブリッドサコッシュは約10000円と値段高め。

ポーター というブランドもあるので仕方ないですね。

サコッシュ自体が厚みがないので「こんなペラペラのカバンに10000円も払う価値ない」って人は買わない方がいいです。

実際に持っている人が少ないのは確か。

値段も高く感じるのであまり手に入れようとは思わないのかも。

そうなれば人と被る確率が断然減るので持っている人からすれば好都合。

1年間使ったら色アセ感は出る。

年中使っていますが日差しが強くなるサマーシーズン。

35度以上が出る日本では日差しによってサコッシュ自体に負担はかかってきます。

こればっかりはどうしようもないです。

使い続ければ劣化していくのはなんでもそう。

特にブラックは少し赤っぽくなりやすい傾向に。

ポーターハイブリッドサコッシュは書籍を持ち歩くにはキツい。

本の持ち歩きには注意。

  • たて 約19.5センチ。
  • 横  約13センチ。
  • 厚さ 約2センチ。

の書籍はなんとか入りますけどキツキツでもうお腹いっぱい。

他のモノが入りませんので書籍の持ち歩きはヤメときましょう。

どんなシーンで役立つのか?

  • レジで支払いの時。
  • 旅先で身軽に歩きたい時。
  • 体型を隠したい時。

これもひとつづつ解説していきます。

レジで支払いの時。

サコッシュは前に持つことで会計時にストレスかかりません。

かなりスマートになります。

ぼくの場合マネークリップのみなので小銭はそのままサコッシュにイン。(キャッシュレスで支払いたいので小銭がどうしても出た場合)

後ろに待っている人がいてもサッと財布や小銭を取り出せるので秒で完結。

旅先で身軽に歩きたい時。

バッグinバッグ。

例えばメインの荷物リュックの中にサコッシュ入れておけば少ない持ち物で歩くことが可能。

旅行に行っててずっと大荷物を持ち運ぶことはしんどいですからね。

  • 最高の景色を撮るスマホのカメラ。
  • 連絡手段に使えるスマホ。
  • 買い物に必須な財布。
  • 海外ならパスポート。
  • 汗拭きタオルハンカチ。

なるべく手ぶらで歩きたいならサコッシュがめちゃ活躍してくれます。

体型を隠したい時。

背中にサコッシュを回すよりもお腹周りに。

体型が気になるなら前に持つことで腹周りの肉を隠せます。

逆に後ろに持っていくと腹丸出しみたいな感じ。

体型を気にしている人にもオススメできるバッグであることは間違いない。

ベーシックな色でもあるブラックなら男性も女性も関係なく持ち歩けますね。

ポータハイブリッドサコッシュはどんな人にオススメ?

  1. 吉田カバン好きな人。
  2. ミニマリスト志向の人。
  3. 旅行で持ち物を視界に入れときたい人。
  4. 他人と被りたくない人。
  5. サコッシュに10000円を出せる人。

日本国内のみならず海外旅行先でも十分に活躍してくれます。

ポケットに財布に入れたりするのが不安ならサコッシュは最適。

自己防衛する為にも前持ちすることでスリなどの被害に遭わなくて済みます。

できるだけモノを持ち歩きたくない人でポケットだけでは不安な人。

そんな人にポーターハイブリッドサコッシュをオススメします。

他人と被る確率は低いので迷ったらポーターを。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちゃろぐ , 2020 All Rights Reserved.