ポーター3way タンカーは使い勝手良すぎ!オススメする5つの理由。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

今まで5年ほど使っていたクロームのメッセンジャーバッグにお別れを告げました。

そして新しく毎日を共にするポーター3wayのタンカーを購入したのでレビューしていきます。

ポーター3wayタンカーをオススメする5つの理由として

  1. リュックになるので肩の負担が均一化される。
  2. ショルダーや手持ちでもイケる。
  3. 飽きのこないシンプルデザインでビジネスやカジュアルでも対応。
  4. ポケットが豊富にあるので収納性抜群。
  5. 年代を選ばないので誰でも持てる。

こんな感じで1つづつ具体的に伝えていきます。

ポーター3wayタンカーはリュックになるので肩の負担が均一化される。

元からリュック背負っている人は何も感じないかもしれません。

ただぼくは今までメッセンジャーバッグだったので片方の肩に負担がかかっていたんですよね。

左肩メインで使っていたのでコリが少しあった。(クロームメッセンジャーは左肩しか使えないという難点。)

買い換えるキッカケはクロームメッセンジャーカバンの表面に穴が空き始めたから。

これが1番の理由。

まぁ5年ほど持ったので十分役割は果たしてくれました。

寂しいけど「今までありがとう。」

そう言って潔く別れました。

ほぼ毎日使っていたので消耗はどこかでくるんですよね。

永久に持つモノなんてナイ。

カバンなんて気に入ったら誰だって毎日持ち歩きたいんですよね。

休みだろうが仕事、雨の日も日差しが強い日でも天気関係なく。

そりゃバッグもガタはくる。

そんなこんなで思ったんです。

メッセンジャーバッグの次はリュックにしよう!

内田

リュックはちなみに中学生以来の試みです。

ポーター6

 

両肩の負担の軽減に少しでも軽くなるように。

ポーター3wayタンカーはショルダーや手持ちでもイケる。

ありがたいことに3通りの持ち方が出来るって素晴しいコト。

ただ3通り持つ人は、ほとんどいないと思う。

内田

  • リュック+手持ち。
  • ショルダー+手持ち。

このどっちかのパターンではないかと考えています。

ぼくの場合は前者パターンで基本歩くときがリュック。

電車で立っているときは手持ちに切り替えたり…。

ポーター7

ショルダーにしない理由はクロームのメッセンジャーバッグで片方の肩で歩くのは飽きたから。

と言うよりもリュックで歩く喜びの方が勝ったからなんですよね。

「40手前のおっさんが何言ってるんだよ。」

そう思われてもいいんです。

だってカッコいいんですよ。

ポーターの3wayタンカーをリュックにして持ち歩くのが。

自己満なのでご了承ください。

ポーター8

バッグの持ち方なんて自由ですから自分が持ちたいように持つのが1番。

ポーター3wayタンカーは飽きの来ないシンプルデザインでビジネスやカジュアルにも対応。

使い勝手が良すぎるのはわかった。

じゃあこのバッグはスーツスタイルにもイケるのか?

ハイ、イケます。

内田

パッと見カジュアル感はありますけど全然スーツスタイルにも合います。

ぼく自身はスーツでポーターのバッグは持つコトないですけど。

実際にビジネスマンがスーツでポーターをリュックバージョンで持っている人よく見かけるんですけどカッコイイです。

ミスマッチかなと思う人いるとでしょうけど全然大丈夫。

そんなわけで仕事や休日にも使えるポーター3wayタンカーは1つ持っておけばいつでも活躍します。

むしろ2〜3個持つよりも好きなバッグを1つ使い続けることが大事。

ポーター1

余分に持っていたとしても実際に使うのって1つだったりしませんか?

ポーター3wayタンカーはポケットが豊富で収納性抜群。

実際にぼく自身がバッグに入れているモノとして

  • 弁当。
  • 水筒。
  • ハンドタオル。
  • 財布。
  • 充電器。
  • ポケットwifi。

基本はこんな感じ。

休日に持ち運んだりするMacBook12インチでも余裕で入ります。

持ち歩くモノ自体が少ない人は収納ポケット自体使わないことがあるでしょう。

カギと定期券など小さいモノを収納したりするのはかなり便利。

全部のポケット収納場所使う必要もないんですけどね。

最低限のモノだけ持参すればイイだけのこと。

ポーター12

ポーター3wayタンカーは年代を選ばないので誰でも持てる。

このポーターという商品。

どの年代にも合うんじゃないかと思うんです。

10代から60代ぐらいまでと幅広く。

実際に60歳代ぐらいの男の人がタンカーを持ち歩いてたのを見たことがあります。

全然違和感なく似合っていたので全く問題ないです。

安定安心の格好良さの吉田かばん。

吉田かばんは1935年創業。

2018年ですでに80周年以上という老舗。

スポンサーリンク

まぁそれだけ根強いファンが今もなお増え続けている証拠。

ぼくも最初に買ったのはポーターのタンカーのウエストバッグでした。

もうかれこれ20年以上前のことになりますけどね。

やっぱカッコイイです。

ポーター2

安心のメイド・イン・ジャパン。

安定したカッコ良さは今なお健在。

ポーター3wayタンカーは人気ゆえにかぶる率は高い。

電車乗ってても全く同じって人が最低でも1人はいます。

ほぼ必ずと言ってイイほど見かけます。

購入している人もカッコイイと思って買っているんですからね。

ちなみにリュック率が圧倒的に高い。

ポーター4

まぁここは良しとしましょう。

カジュアルにもビジネスにも使えるのでしょうがないです。

ポーター3wayタンカーは通勤、休日持ちなら622−07460で決まり。

めちゃくちゃ荷物が多い人ならもうワンサイズ大きめのオーバーナイターがいいかも。

2泊するぐらいの荷物なら大きめじゃないと厳しいかもしれないので。

普段の荷物自体が多くない人ならぼくが今回紹介しているサイズで十分です。

ぼくも実際はかなり悩みました。

ビッグサイズかミディアムサイズか?

結果的にはミディアムサイズで正解。

ちなみにこのバッグ3サイズ展開しています。

勝手にオススメサイズをかきますけど

  • レディース→Sサイズ。
  • メンズ→Mサイズ。(今回買ったのはココ。)
  • 体格の良い人→Lサイズ。

ちなみにぼく自身の身長171センチ体重65キロ。

肩幅は広め。

リュックにした時の注意点。

ポーター14

赤丸部分の金具が当たるのが気になるんですよね。

両サイドの腰上部分に当たっちゃうんです。

これは実際にリュックバージョンにしてみないとわからない部分でもあります。

ぼく自身肩幅が広めです。

極端な話カラダがゴツい人には1番大きいオーバーナイターがオススメかも。

金具が両腰に当たるのがストレスに感じることもあるかもしれませんので。

ここは1番の注意点です。

ただもしオーバーナイターを買ったとして

「あんんた、毎日そんなデカいリュック背負ってどこ行くの?」ってならないか?

そんな迷いがあったのは事実。

サイズ選びはかなり重要になりますからね。

でも1番需要があるのはこいつであることは間違いないです。

ポーター10

荷物自体も多くないならMサイズでイケます。

リュックにして持ち歩くなら一旦考えてみましょう。

  • 毎日持ち歩くモノが少ない。
  • 背中にジャストフィットさせたい。
  • 身長170〜175センチ、体重65〜70キロ。
  • 肩幅広め。

この項目に全部当てはまるならMサイズ。

全く逆パターンで

  • 荷物が毎日多い。
  • 身長175センチ以上、体重70キロ以上。
  • カラダゴツい。肩幅は激広。

上記の項目が当てはまるならLサイズのオーバーナイターが良いでしょう。

ポーター3wayタンカーのサイズ選びは、かなり重要。

サイズ選びを失敗してしまうとかなり損します。

ポーター1

商品に最初から不具合があった場合以外は返品は受け付けてもらえませんから注意。

どうしても不安なら取り扱い店舗に行って確認したほうがイイです。

値段も30000円オーバーですから慎重に考えましょう。

ちなみにぼくが買ったものはこちら↓(622−07460の品番です。)

旅行や出張が多い人ならもうワンサイズ大きめのタンカーのオーバナイターがいいでしょう。s↓(622−06672の品番です)

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です