2018/06/24

カット料金が高いサロンは上手いのか?下手なのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

あなたの通っている美容室のカット料金は高いですか?

今回の記事は金額について考えてみます。

納得いく値段であれば全く問題ないでしょう。

基準はあなたです。自分自身がヘアスタイルに納得いく金額を払えてると思うならばずっと通えるサロンでしょう。

料金の設定は自由。

値段の設定は自由です。

最近ではタイムサービス690円〜高単価20000円ぐらいまで幅広いですね。

大きいチェーン店なんかは料金がほぼ決まっています。自分で金額を変えることはできません。

安いけど上手い人もいる。

低料金10分で1000円はムダな話は一切ナシ。切ることだけに集中してくれるのでしゃべりたい人には完全に不向き。流行りを追いかけたい人にも向いてません。

だからといって下手かといえばそうじゃなくて上手い人もいます。

完全な薄利多売なのでそれだけ経験があります。最低限「これだけはイヤ。」と言っておけば無難なスタイルにはなります。

  • 刈り上げはイヤ。
  • 段カットにはしたくない。
  • 量を減らしたくない。
  • 前髪は切りたくない。
  • 耳は出したくない。

最初に言っておけば回避できます。終わってからこんなはずではなかった。なんてこともありません。

内容は?

10分ぐらいでできるって不安でしかない。初めていくのであればそう思うのが当たり前。

  1. 希望を聞いてカット。
  2. 仕上げはドライヤーで切った髪の毛を飛ばす。

以上。

こんな感じです。あれもこれもと求めてはいけません。

基本シャンプーはナシです。

「ここはこうして、あそこはこうして、似合うように…。」10分間でできることは決まっています。質を求めてはいけません。

美容師側の動かすてはめちゃくちゃ早いです。切ることだけに集中するスタイルなのでムダな動きが一切ないので。

どういう人に向いているの?

  • とりあえずカットに時間をかけたくない人。
  • 美容師としゃべりたくない人。
  • スッキリ、サッパリしたい人。
  • 流行りを求めない人。
  • お金をかけたくない人。

サロン嫌いな人って結構います。とは言っても自分で切ることもできますがプロに切ってもらった方が見栄えもいいです。

カット後のチクチク首に刺さる髪の毛がイヤならば低料金は絶対に向きません。

最低限のことしかできませんので。

カット料金20000円?

「高っけ〜よ。」と思いでしょうが、実際このぐらいで切っている美容師もいます。

ここまで高いと圧倒的に信頼度が違いますよね。

美容師とお客さんとの関係が。当然上手くて当たり前。自分が今まで培ってきた時間と経験での料金設定。

スポンサーリンク

この美容師なら20000円払えるよ。一般の家庭ではなかなか厳しいものですが。

余裕がある人向き。

時間もお金も余裕がある人向きです。

当然ながら料金に含まれるものとして

  • 心地いいシャンプー。
  • カット。
  • 美容師との楽しい会話。
  • ドリンクサービス。(甘いお菓子付き。)
  • 丁寧な頭、肩のマッサージ。
  • アイロン、カーラーを使った仕上げ。

ざっと60分〜90分。完全に予約制。

至れり尽くせりでお姫さま気分は間違いナシ。

実際のところここまでお金を支払いできる人は少ないでしょう。

カット4000円ならば?

実際にこの値段でやっているところたくさんあります。

ぼくもお客さんとして行ったこともあります。切ってもらって率直な感想としてイマイチ。

このカットに4000円払って良かったのかと考えるとハッキリ言って物足りない感じでした。

美容師との相性もあるので。担当者は男性でスタボロのデニムにボロボロの靴。

第一印象が「う〜ん。ちょっと。」まずここで不安になりました。

カット後もなんかしっくりこない。

会社が料金設定は決めているので変えることはできません。

美容師側もそれなりにレッスンはしてきています。

ただここで言えるのは

  • 安いから下手ではない。
  • 高いから上手いではない。

ってコト。

4000円出して切ってもらったよりも2000円で切ってもらった方が良かった。

これって意外にあるんです。

基準は自分にある。

2000円で切ってもらって満足できたらまた行こうってなりますよね。

逆に4000円払ってイマイチだったらもう行かないでしょ?

こればかりは最終判断は自分です。

第三者がどうこう言う前に満足した方が勝ちなんです。

2000円出して納得いく仕上がりやわ。値打ちあるで。

内田

こうなればリピート確定です。

自分次第。

カット料金が1000円、3000円、8000円だろうがそこにこの金額だったら払ってもイイ。

決めるのは自分次第なので財布と相談してずっと通えるマイサロンを探すのが一番です。

納得のいかないところに高い金額を払う必要はありません。

安くて上手くて納得のいく仕上がりだったら最高です。

まとめ。

最終的に「高ければイイ。」「安ければイイ。」と言うことではないんですね。

支払う料金に満足いく仕上がりであればいくらでもイイってこと。もちろん財布と相談してね。

  • 「今まで高い所行ってたけどあかんかった。」
  • 「今まで安い所行ってたけどあかんかった。」

どっちもありえることですから。

自分が納得のいくサロン選びをしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です