2018/06/24

美容室で初めて白髪染めの流れ10個の注意点はこれだっ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

30代にもなってくると目立ってくる白いヤツ。

そう。白髪ねっ。

どうしようか白髪染めしようかな。

そのままだと目立つし…。

今まで全くカラーしていないあなたにおくるサロン白髪染めの注意点10個。

  1. 白髪を染めるべきか悩む時期。
  2. 染める際に薬が合うのかパッチテストは必須。
  3. 問題なければ、いざ白髪染め。
  4. 事前にシャンプーのみは終わらせておく。
  5. 希望カラーの選択。
  6. 頭皮が弱いならピリッと感は少し出るよ。
  7. キレイに染まればシャンプー。
  8. シャワー温度はぬるめ+チカラ弱めで頼もう。
  9. ドキドキの仕上がりチェック。
  10. 色落ち期間があるので注意。

では1つ目から見ていきましょう。

白髪を染めるべきか悩む時期。

これは染める前の段階で1番悩むコト。

女性であれば特に白髪をそのままの状態にしておくのは考えどころ。

ただ一回白髪染めをやりだすとあなたが高齢になるまでやることになる。

このパターンにハマります。

なぜかって?

それは白髪が「めちゃくちゃ気になるんです。」

1ヶ月で1㎝は確実に伸びます。

これは誰でも伸びます。

小さい子供さんから年配になった人まで。

行きている以上は伸びます。

人形が伸びることもあるよね〜。

おい、怖いこと言うなっ。あれは嘘だ。信じないよ。

内田

早い人で2㎝近く伸びる人も…。

早かれ遅かれ最低1㎝は間違いない。

この1㎝が気になってくるんです。

鏡を見た時にキラッと光るモノが見えたらストレスを感じる人が多いんです。

ということは1ヶ月に1回は美容室で白髪染めをすることになる。

お客さんでもう80才って言ってたな。

20才からず〜っと染めてるんやって。

60年間です。毎月欠かさず。

白髪染めマスターの称号をあげます。

内田

そうなってくると髪の毛はやせ細り毛量も少なくはなってきています。

このお客さん言ってました。

最初の白髪染めをしなければこんな髪の毛にならなかったのかなぁ…。

そりゃそうです。

60年間もの間

  • 頭皮。
  • 髪の毛。

に少なからず毎月ダメージを与えていたんですから。

これはまぎれもない事実。

やっぱり薬の力はスゴイんですよ。

やる前の段階で大いに悩みましょう。

人生白髪染め計画。

  • 毎月染めていく。
  • 2ヶ月に1回染める。
  • 3ヶ月に1回染める。
  • 半年に1回染める。
  • 気が向いた時だけ染める。
  • 行事(イベント)の前だけ染める。
  • 1回試しに染めてみる。

ただ1回染めただけでずっとやらないといけないのか?

これはあなた自身が決めることです。

白髪の量にもよりますけれど。

少なければギリギリまで待つということもできます。

多ければ今すぐにでもと思ったり。

髪の毛の色を変えるんですから負担はかかってきます。

頭皮と髪の毛には。

それなりの覚悟をもって白髪染めの生活を始めましょう。

あっ決しておどしているわけではありません。

白髪を隠すってことは老けて見えることを隠すってコト。

これが1番でしょう。

やっぱりどうしても若くみせたい。

女性にとってはコレ一択。

男性なら白髪でも大丈夫って考える人は意外にもいますしね。

では、勇気を持って染める準備に入りましょう。

染める際に薬が合うのかパッチテストは必須。

これは超大事でサロンによってやっている所、やっていない所あるんです。

パッチテストって何?

簡単に言えばカラー剤が皮膚に合うか合わないかの試験。

パッチテスト1

ここの赤い部分にカラー剤を付けたばんそうこうを貼って48時間。

基本はこんな感じですが皮膚がかなり弱い人はすぐに反応します。

  • 赤くなる。
  • かゆくなる。
  • 水泡。
  • 刺激を感じる。

などを感じた場合はNG。

白髪染めはできません。

体調が悪い時は絶対にしてはいけません。

軽い気持ちでパッチテストなしでやった場合大変なことに。

病中、病後、生理、妊娠中など自分の体調が万全でない時にやって頭皮がかぶれて治療費が高くついた例もあるんです。

いくら皮膚が強いからってパッチテストなしでやるのは危険すぎますから必須ですよ。

かぶれてしまってからでは遅いですから。

ちなみにぼくはブリーチで湯気出した男です。

頭皮からベタ塗りで放置タイム中に頭が熱くなって湯気出てました。

2週間ほどずっと水洗い。

スポンサーリンク

しかも冬だったので大分こたえたな。

塗っている最中は何ともなくても時間置いている時に反応して熱くなったんですね。

ただこのブリーチは基本頭皮からやるのは危険行為なのでやってはいけません。

あの時はアホだったなと今思えば。

ただブリーチは白髪染めよりも薬自体が強いですからね。

人生初の白髪染めなら確実にパッチテストは必須ですよ。

問題なければいざ白髪染め。

さぁついに白髪染めをやる日がやってきました。

  • どんな仕上がりになるのか楽しみ。
  • 薬は自分に合うのか心配。

心配ご無用。

薬をつけたら確実に染まりますから。

どれだけ髪の毛が強くても染まります。

ただ皮膚が弱い人でパッチテストは大丈夫でもしみる時はあるかも。

薬はハッキリ言って冷たいです。

暑い夏場は気持ち良くていいんですが問題は冬。

冬場に初めて染める人はビックリする人いますからね。

これ結構冷たいんです。

飛び上がるぐらいビックリします。

内田

あっ、ウソです。

オーバーに言いすぎました。

慣れれば問題ありません。

事前にシャンプーは終わらせておく。

白髪染め前日の夜にはシャンプーのみを終わらせておきましょう。

「シャンプーのみって言った?」

はい、シャンプーのみですが何か…。

内田

「リンス、コンディショナー、トリートメントはやっちゃダメ?」

これはやる必要ないです。

シャンプーのみで髪の毛に何も付いていない状態で染めるのがベストってこと。

トリートメント系が付いているとコーティングされている上にカラー剤をつけることになるので。

もし付いていても染まるのが薄い可能性も出てきますので注意。

何にも付いていないすっぴん状態でサロンへGO。

希望カラーの選択。

黒髮を明るくするオシャレ染めほど色は豊富にありません。

白髪染めなので基本ブラウンです。

  • 緑がかった色。
  • 赤みがかった色。
  • オレンジがかった色。

このあたりの色もほんのりつけることはできます。

色落ちは確実にあるので元のあなた自身が持っている

  • 髪の毛が太いのであれば赤み。
  • 細いのであれば黄み。

どっちかに落ち着くでしょう。

全くの初めてなので基本の茶色を選んで問題なしです。

頭皮が弱いならピリッと感は出るよ。

これも良くあるあるで、薬を塗り始めもしくは最中はピリピリっと皮膚が反応する場合があるんですね。

5分ぐらいしたら落ち着く場合が多いんです。

最初だけ我慢。

でも10分以上続く場合はすぐに流してもらうのがベスト。

そのまま置いておくとかぶれて赤みが引かないこともある。

結果、病院に行って毎日痛くてかゆい思いをする羽目になるので。

ヒドくなって毎日ストレスを感じながら過ごすよりは早めに言ってください。

キレイに染まればシャンプー。

プロに洗ってもらうシャンプーは別次元。

気持ちいいもんですからいつまでもそのままで寝ていたい。

ここは至福のひと時を堪能あれ。

サロンメニューの中で1番の快楽はシャンプーかヘッドスパしかないので。

担当者に身を任せよう。

シャワー温度ぬるめ+微力で。

これは特に肌が弱い人。

頭に薬が付いている状態が40分近くあるわけだからかなり敏感になっているのは事実。

ゴシゴシシャンプーは危険。

肌1枚めくれるんちゃうか?

内田

そう弱い人は絶対にお湯はぬるめ。

力は弱めでシャンプーしてもらおう。

肌が強くて何ともない人はいいんです。

ドキドキの仕上がりチェック。

染まった後の髪の毛を見て感動。

白髪がなくなってるよ。

内田

「当たり前だ。染めたばっかだろ。」

そう染め上がりなので白髪が1本もないんです。

白髪が嫌いなあなたは今日から1週間は大丈夫。

どうせその後3㎜4㎜と出てくるんですよ。

やっかいなヤツが。

色落ちがあるので注意が必要。

お風呂上がりは絶対に乾かすコト。

濡れたまんま寝てしまうと枕に色が…。

朝起きたらビックリ。

せっかくのお気に入りのタオルが…。

とならないように。

汚れてもいいタオル。ダーク系のタオルを使えばわかりにくい。

白なんかは一発アウト。

5日ほどは要注意。

とりあえずは完全ドライ。

これでもかって言うぐらいに乾かすコト。

少しでも湿っていたら枕に色がつきますよ。

染めた直後は特に気をつけてくださいね。

まとめ。

全く初めてカラーする際の10のコト。

シミュレーションがわりに参考になれば幸いです。

白髪染めは白髪を隠して若く見せることができるメニューです。

白髪があるだけで+5歳以上は老けて見られるコトも。

1度染めてしまうと10年、20年染め続けるって人はザラにいます。

ただ髪の毛と頭皮のことを考えるとダメージはストックされ続けるコトも事実。

白髪染めを始める際に今一度考えて見ましょうね。

染めるか染めないはあなた次第。

「おっさんは染めてるの?」

染めてねーよ。

内田

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です