2018/06/24

美容室でうまく髪型を伝えるにはスマホの画像を徹底的に使え。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

今回は初めてのサロンに行く際に準備するものとしてスマホの画像。

これさえあれば一番美容師に伝わりやすいので前もって用意しときましょう。

自分のイメージ通りのスタイルになるのか?

  • 髪質。
  • 毛量。
  • 生えグセ。

この三つでほぼ決まってきます。

あと頭のカタチが重要になってきます。

したいスタイルが自分の髪質とモデルの髪質が近くなければ全く違うスタイルになることもあります。

失敗しないためにもまずモデルの髪の毛の上の三大要素をチェックしてみてください。

パーマの必要性もある。

パーマってそもそも何のために当てるのか?

  1. 髪の毛に動きを出すため。
  2. ボリュームを出すため。

基本はこの2つ。

  • 髪の毛が細い。
  • 髪の毛が柔らかい。

このような人はパーマ当ててる方が仕上げやすいです。

何と言っても根元の立ち上がりが良い。ペチャッとなりやすい人は特に。どれだけドライヤーで根元の立ち上げをしても時間が経てば元通りに。

パーマをあてるってことは髪の毛自身を変形させるのであってセットした後の持続時間がめちゃくちゃ長く持ちます。

男性も女性も関係なくです。

猫っ毛と呼ばれる人は当てている方がベター。

ストレートもあり。

部分的なストレートもありってこと。ポイントストレートも可能ってコト。

まっすぐにしたいからって全部しないといけないってことはありません。

  • 前髪。
  • サイド。
  • もみあげ。
  • えりあし。

特にクセがきつい部分を当ててしまえば圧倒的に仕上げが楽になります。朝の手入れの時間短縮にもつながります。

スポンサーリンク

意外と部分的に当てるってことを知らない人が多いいんですね。サロンによってはメニューにないところもあるでしょうから一度聴いてみてください。

画像は3パターン。

  1. 正面。
  2. 横。
  3. 後ろ。

一番伝わりやすいこの3つは用意しときましょう。正面だけでもいいんですがより伝わりやすくするために。

画像があれば細かいところの説明が不要になります。

例えば耳周りの感じ、えりあしの感じなんかは言葉で説明しようとしても難しんですよね。

「ここの長さはこれぐらいで、毛先はシャーシャーで。」

「えりあしはバシッと切らんと毛先はシャーシャーで。」

ってシャーシャーって何やねん?てことになりうる場合もあります。あっ、シャギーってことね。何となくのニュアンスではわかりますがね。

専門用語ばかり使わない。

実際にお客さんでいますが

  • ここのウエイトはそのままで。
  • ネープは軽めで。
  • 前髪はダブルバングで。
  • グラボブっぽくして。
  • レイヤーは控えめに。

って意味わかってから言ってますか?さっき覚えたての言葉みたいな感じで言われても。

こんなこと言わなくてもスマホの画像をサッと見せれば済むんですね。

細かいところは相談。

なんだかんだ言ってもあなたがもっているクセは相談して解決しなければいけません。

  • えりあしが浮く。
  • 前髪が分かれる。
  • つむじが後ろにある。
  • もみあげが浮く。
  • ボリュームが出すぎる。
  • てっぺんがぺったんこ。

誰しもが自分の髪の毛に満足している人は一人もいないはず。いたらごめんなさい。

まとめ。

今ある髪の毛とクセと闘ってできるスタイルを作りましょう。

なりたいスタイルに近づけるために一番わかりやすいスマホの画像は一番伝えやすいので必ず見せて相談してくださいね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です