2018/06/24

行きつけの美容室あるけど、チョイ切りするなら低料金店もありだよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

毎月1回の楽しみの美容室。

いつもお任せにして思いどおりにしてくれる担当美容師。

カットだけでも1回6000円。「ここ最近出費が多くて今月厳しいんだよな。」

年間で見たら72000円。これだけの出費をどう考えるか?

いくらでも考えはあるんですね。

  • 低料金の美容室にシフトする。
  • 無料カットモデルになる。
  • 2ヶ月に1回低料金の美容室に行く。

今回はこの3つ目の「2ヶ月に1回低料金の美容室に行く。」にフォーカスしてみます。

※ただ毎回スタイルチェンジする人には向かないかもしれません。

技術力はしてもらわなければわからない。

1回切ってもらって自分で仕上げてみなければ違いはわかりません。

高い美容室に行ってても上手い下手はあります。低料金の美容室も同様。

  • 前回は良かったけど今回は気に入らない。
  • 左右の毛量が違う。
  • 前髪がガタガタ。

こんなことは、たま〜に起こるコトがあります。

高単価の美容室は基本予約制がほとんど。時間的には枠は充分とってあります。

反対に低料金の場合はカットのみの施術時間は15〜20分で終わらせます。生産性の問題で時間をそこまでかけていられないのが現状。

切ってもらう時間と支払う料金は比例するってコト。

基本的な考えは1分100円の仕事。

  • 60分→6000円。
  • 20分→2000円。
  • 10分→1000円。

チョイ切りするならば低料金もあり。

例えば

  • 前髪カット。
  • 全体に毛先のカット。
  • 毛量を減らす。
  • 2ブロック。
  • ドライヤーでセットするだけ。

これぐらいの技術にはそこまでの差はほとんどないと考えています。上記のオーダーだったらほぼスタイルチェンジしないこと。

そう。極端に髪型が変わらないんです。

今の髪型のメンテナンスするってこと。現状維持。

担当者の指名はできない。

安い美容室は、回転してなんぼなんで指名は基本なし。売り上げを上げるためにたくさんのお客さんをこなすことになるので順番でお客さんに入っていきます。

「あの人がイイな。」
「この人がいいな。」

なんてことは言ってられないんです。

そうは言ってもたくさんの経験は積んできているので上手い美容師はいます。

予約が要らない。

切りたい時に切ってもらうのがイイんです。

予約制の所は時間の都合をつけて予定を立てなければいけません。

  • 髪の毛がうっとうしく感じた。
  • 前髪が目に刺さる。
  • 耳周りの膨らみがイヤ。
  • 襟足があつい。
  • サイドだけ2ブロック。

急にこんなコトを感じることってないですか?

でも予約してるのは1週間後だし…。

こだわりがなければ低料金のお店を利用するのもあり。店が暇だったらすんなりと待ち時間なしでやってもらうことも可能ですから。

1週間もの間、髪の毛のストレスと闘わないといけません。待てる人はイイんです。

どうしても待てない人はサッと動いてサクッと切ってもらいましょう。

まとめ。

身だしなみのひとつでもあるカット。

今月の生活費厳しいなと考えているならば低料金サロンも上手に活用してもイイでしょう。

少しの節約にもなりますから。

気になる部分だけ切ってもらうことでストレスも溜まらなくなります。

実際に使い分けしてる人もいます。

  • カットはA店。
  • カラーはB店。
  • セットはC店。

こんな感じ。

  • スタイルチェンジは行きつけのサロン。
  • 毛先のカットは低料金サロン。

いろんなサロンに行くのも気分転換にもなるのでオススメです。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です