2018/06/24

サロンシャンプーの「かゆいところは?」って聞かれたら本音で言ったらイイよ。

 
かゆみ1

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

「かゆいところは?」この言葉に遠慮はいらん。勇気を出して本音で言えばイイんだよ。

  • つむじがかゆいです。
  • 生えぎわがかゆい。
  • えりあしがかゆい。
  • 右の後頭部がかゆい。
  • 左のもみあげがかゆい。
  • 全部。

正直に答えてあげてください。

お金払ってるんだから。

十人十色と言う言葉があるようにお客さんそれぞれ思うことは違う。当たり前だけど。

美容師側の力の入れ具合は人によって加減する。

最初のファーストコンタクトでチカラ加減が決まってくる。強いのが好き、弱いのが好き。お客さんによって好みがあるよね。あなたはどっち。

最初に「強めでお願いします。」って言ってもらえたらハードシャンプーでガンガン攻めていきます。爪は立てませんが指の腹全開マックスで。

「弱めでイイ。」って言われたらソフトタッチでゆるく洗います。

お金払っているんだからチカラの強弱は最初に言っておいて問題ない。

シャンプー中にも確認。

「これぐらいでイイですか?」って質問されるからそこで丁度良ければ「大丈夫、イイ感じです。」と。

痛かったら痛いってはっきり言うんだ。痛いままやられたら苦痛以外の何モノでもない。

物足りなかったら「もう少し強めでお願いします。」って言って。

ガマンするとせっかくのシャンプータイムがストレスタイムになってしまう。

 

正直に答える。

たま〜に「かゆいところないですか?」の質問に「全部かゆい。」

「エ〜全部。」って再シャンプーする羽目になることもごくまれにある。こう言える人はイイんだけど。

思っていることを本音で言えない人もいる。でもそれは

  • 恥ずかしい。
  • 言ったら気ぃ悪くしたらイヤだし。

そんなことは全く気にしなくてイイ。思ったことを口に出したらイイ。

年配になればなるほど本音で言う人は多い。10〜20代の若い人は遠慮がちになる。

言われたことで美容師側はなんとも思っていない。

リラックスタイムなんだ。

美容室の技術で一番心地いい時間帯はもちろんシャンプータイム中。至福のひと時なんだから。

気持ちいいシャンプーだったら永遠にやってほしい。と思うこともあるでしょ?

自分でやるのとは全く違うし。イビキかいてお口ポカーンって人もいるよ。

まとめ。

プロにされるシャンプーって気持ちよくなってもらいたいのが本音。

終わった後に「すごい気持ちよかったです。寝てしまいそうでした。」なんて言葉もらったらやってる側としては最高のほめ言葉。

自分で味わうことができない快楽のひととき。

サロンで気持ちいいシャンプーをしてもらうために

  • 力の加減はハッキリと言う。
  • 「襟足」「つむじ」など念入りにと一言伝えておく。

最初にやる側がある程度のポイントを聞いておけば間違いなくあなただけの「至福のひととき」を過ごすことができる。

ぜひ本音で言うことを恐れずに。

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です