2018/06/24

セルフ前髪カットで失敗はイヤ。2つの理由と1つの対処法をあげるよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

最近前髪が少なくなってきている感じ満載の内田です。

前からハゲるかてっぺんからハゲるかは神のみぞ知る。

勝手にそう思っています。

ただぼくの先祖。

1番近い父親はハゲていません。

おじいちゃんも同じく。

ってことはハゲない確率の方が高いと感じてはいますが…。

こればっかりはわかりませんね。

ぼくの代からハゲてしまう可能性だってあるわけですからね。

ぼくの話はどうでもよくて今回は女性の前髪について書いていきますね。

前髪は自分で切ると失敗の確率は上がるからプロ任せにしたらって話。

理由は2つあって

  1. 常にキレイな状態をキープできる。
  2. 前髪カット料金が圧倒的に安い。

失敗しない対処方法

  1. 必ず乾いた状態で切る。

では一個づつ見ていきましょう。

常にキレイな状態をキープできる。

自分で切って満足のいく仕上がりだったら全く問題ないんです。

セルフカットは失敗がつきもの。

  • 前髪ガタガタ。
  • 右側だけ短い。
  • 梳いたけど同じにならない。
  • 濡れた状態で切って乾いたら浮いた。
  • ぱっつんになった。

修正ができる技術があればいいです。

ただ自分でやってみると意外にも難しいんですよね。

ぼくもそうなんですが前髪の重要性が死ぬほどわかります。

たかが前髪されど前髪です。

前髪ぐらいどうでもイイって思っている人はまずいないでしょう。

それだけ前髪は女性にとって重要ポイント。

美容室に行きましょう。

そろそろ切り時かなと思ったその時に切る。

これが1番イライラしない。

そもそも前髪ってプロに任せたら5分もあれば基本切れます。

自分で試行錯誤して切った前髪が出来上がった時はなんだこれ…。

なんて思いをする必要がなくなるんですよ。

セルフの怖いところ。

切れば切るほど変になっていく前髪(自分)。

長さがあればまだ修正は効きます。

もう一度言います。

長さがあれば修正は絶対に効きます。

もし短くなってしまった場合はどうしようもありません。

アロンアルファでくっつけとこうか…。

内田

「そんなことできるか。」って話。

1度切ってしまえば伸びるまで待つ。

ただひたすら待つ。

1ヶ月ぐらい経てば1センチは伸びますから。

1ヶ月待てますか?

長いですよね。

この失敗確率は高いです。

実際にぼくが働いているサロンにも来られます。

「自分で切って失敗しちゃいました。直してもらえますよね?」

見たらビックリ。おでこ半分まで切っちゃいましたか?

内田

これを修正しようとしても限度があります。

本人がしたかったのは眉毛にかかるぐらい。

ただああでもない。

こうでもない。

と切っていくうちにデコ半分…。

ほぼ手の施しようがなく結局ガタガタの部分だけを揃える感じ。

ここまでいくとはっきり言って無理なんですよね。

だから前髪だけでも信頼できる美容師に切ってもらうべきなんです。

前髪カット料金が圧倒的に安い。

ざっと1000円以下。

800円?500円?

サロンによってバラバラですが。

だいたい500円ぐらいが多いです。

安くないですか?

キレイな状態を保つには500円かけましょう。

全体は伸ばしていても前髪は2週間で平均5ミリは伸びます。

1ヶ月2回前髪カットしても1000円ですよ。

ここをケチってはいけません。

前髪カットのみに行くのは気を使う?

これは自分が気にしすぎです。

むしろサロン側はあなたに来て欲しいぐらいです。

「たった500円だけ払うってなんか抵抗あるな…。」

スポンサーリンク

キレイのお手伝いをするのが美容師の仕事。

内田

そうなんです。

だから気軽に前髪のみカットでも全然OK。

これサロンの中でも1番やすいメニューであることは間違いない。

  • キレイになりたい。
  • 可愛くなりたい。
  • カッコよくありたい。

その思いは女性であれば常に持ち続けるコトがいかに大事か。

前髪でいつまでもストレスを感じるのであればさっさと切れってコト。

他よりも早く伸びる?

これは錯覚でしかありません。

「前髪だけ異常に伸びるんですけれど。なんかあるんですか?」

何もありません。鏡を見たときに髪の毛のどこを最初に気にしますか?。

内田

これはダントツで前髪です。

前髪がうまく決まらないと1日ゆううつ。

それぐらい前髪って重要です。

だから少し伸びただけで横や後ろの髪よりも伸びた感があるんですよね。

  • 前髪の5ミリ。
  • サイドの5ミリ。

当然前髪が気になるでしょ?

サイドの5ミリなんて伸びたうちに入らない。

ミディアムやロングの人ならわかると思います。

前髪だけが異常な伸び方はしませんからね。

錯覚でしかありませんから。

濡れている状態で切るから失敗する。

先ほどから前髪はプロ任せにしろと言っています。

どうしても緊急で前髪をどうにかしたい。

そんな時の対処法を5つ挙げます。

  1. 乾いた状態でカット。
  2. 真横にハサミは入れない。
  3. すきバサミを使う。
  4. 指で挟んで切らない。
  5. いつもの髪型で切る。

乾いた状態でカット。

濡れた状態で切ってしまうと完全に上がります。

「こんなはずじゃなかったのに…。」

絶望感に打ちひしがれます。

濡れている時と乾いた時で1センチは軽く変わってきます。

濡れている状態でカットは絶対にしてはいけません。

真横にハサミは入れない。

基本は縦にハサミを動かす。

切りすぎを防ぐためです。

微調整の繰り返しで思い描いている前髪に近づけます。

縦にチョコチョコ入れて切っていく感じ。

真横にぱつんと切っちゃうと手の施しようがなくなるので。

すきバサミを使う。

普通のハサミだけではどうしても重くなりがち。

すきバサミがあれば軽さを出すことが可能。

すきバサミも同様に縦に動かして切っていく。

梳きすぎを未然に防ぐことができます。

ハサミを使う時の注意点は歯の先部分で切るのが鉄則です。

刃先を少しづつ動かすのがポイント。

なんでも一気に切るのは絶対NG。

指で挟んで切らない。

指で挟む事でチカラが加わるので切った後に指を離すと

完全に切りすぎた…。

内田

こうなります。

間違いなく。

いつもの髪型で切る。

何も特別なことはしなくていいんです。

普段のいつもの髪型で前髪を切ってあげましょう。

例えば普段ドライヤーでブラシを使わないの前髪のクセを完全に伸ばしてカット。

これやっちゃうと確実に短く仕上がります。

あくまでも自然な状態でカットするのが事故は起こりませんからね。

いつもの自分で切っちゃいましょう。

まとめ。

前髪は鏡を見たときに必ず視野に入ります。

1回500円をケチってはいけません。

1ヶ月2回カットしても1000円。

前髪の長さの重要性はもはや説明不要。

  • 可愛く。
  • キレイに。
  • カッコよく。

持続するためにはマメな前髪カットが必要です。

めちゃくちゃ大事です。

鏡見るのが嫌になる前にサロンでサクッと切ってもらいましょう。

緊急でどうしても自分で自分で切る場合はポイントを押さえて失敗のないように。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です