2018/06/24

シャンプーで「髪を洗う」って言うけど「頭皮を洗う」のが基本なの知ってる?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

「シャンプーで頭皮を洗う。そんなん知ってるわ。」と思う人はこれから先は読む必要は全くありません。

「ちょっと興味あるわ。」と思う人のみ進んでくださいね。

頭皮を洗えばもれなく髪の毛も洗ってるんだよ。

シャンプーの基本それは汚れを落とすこと。

これは当たり前のことなんです。どこをメインに洗うのか。ズバリ頭皮です。

頭皮を洗うってコト=髪の毛を洗うってコト。ここで一つしっかりとしておきたいのが泡立てをしっかりとしておかなければ意味がないってコト。

  1. シャンプー剤を手に取る。
  2. 手のひらにまんべんなく伸ばす。
  3. 頭の上でしっかりと泡立てる。(髪の毛を包み込むぐらいの泡)
  4. 頭皮をしっかりとマッサージする。
  5. 最後はしっかりとすすぐ。

3番4番で頭皮と髪の毛はしっかりと洗えてるので問題ありません。

髪の毛を包み込むぐらいの泡がないと汚れが落ちてくれない。泡立てがしっかりとできてないと摩擦で髪の毛がダメージくらいます。

「泡ぐらいで何言ってんの?」と思いでしょうがこの泡をナメていてはいけません。

この泡こそが汚れを取ってくれて摩擦から守ってくれる超頼りになるやつなんですよ。

泡立てが少ないと汚れは落ちないわ。髪の毛は摩擦でダメージするはでえらいこっちゃ。むしろシャンプーの意味がない。シャンプー剤をムダにしていると言ってもいいでしょう。

テキトウにちゃっちゃっと洗っていてはいけないってコト。

髪の毛が汚れていれば泡は立ちにくい。

これは誰でも経験済みでしょうが髪の毛を洗うときに一発でモコモコに泡立つ人って少ないでしょう。

泡立てを汚れというヤツに妨害されているから。

頭皮や髪の毛が汚れていれば当然泡は立ちません。外に出て1日外気中のホコリ、汚れ、汗など朝つけていったスタイリング剤がついていればなおさら。

髪の毛だけ洗っても意味ないよ。

一生懸命に髪の毛をゴシゴシ洗っていても肝心の頭皮を洗わなければダメってこと。

頭の汗が出るとこって頭皮でしょ?髪の毛から汗が出るわけないし。

むしろ髪の毛だけ洗っていても頭皮洗わなかったらハッキリ言ってニオイがでます。

「臭いのよ。頭皮が。」ってことになります。

体の汗かくところってニオイの出る場所なんで念入りに洗いません?

  • わき。
  • 股間。
  • 足の指の間。
  • 背中。

上記のトコってそのまま放っておくと悪臭漂います。

これでわかると思いますが頭を洗うのは頭皮ってコト。

洗いすぎ、いや洗わなすぎが良くない。

頭洗わないってどういうコト。

「2〜3日洗ってないんです。面倒で…。」

えっマジっすか。毎日洗うのが基本。

頭洗ってない=不潔。ってみられる印象が強いもんです。

  • 頭皮がクサイ。
  • フケが出る。
  • かゆみがとまらない。

ここはしっかりとシャンプーをするコトで解決しますから。その日の汚れはその日のうちに。

洗わなさすぎは良くないです。はい警告、イエローカードです

すすぎをしないとトラブルに。

これは「これでもか。すすぎまくったで。」というぐらいにしてあげればオッケー。

3回ほどお湯で流しただけだとかゆみが出ます。まちがいなく。シャンプーカスが頭皮に残ってしまうので。

かゆみの原因は

  • 洗えてない。
  • すすぎがあまい。
  • シャンプー剤が合ってない。

このどれかと言ってもいいでしょう。

すすぎはシャンプーの2倍の時間をかけてあげるべき。そうすればかゆみもなくなる。

洗えてないのは頭皮マッサージができてないので髪の毛がある端から端までしっかりと。

シャンプー剤は自分にあったモノを選んであげればオッケー。

まとめ。

髪の毛が長い、短いありますがシャンプーは

髪の毛を洗うのがメインではなくて頭皮を念入りに洗う。

  • 泡立ちをしっかりと。
  • 髪の毛が包み込まれるぐらいに。
  • 頭皮のマッサージをメインに。
  • すすぎも超ていねいに。

これがしっかりとできていれば頭からニオイも出ないし、かゆみも出ません。

これを機にシャンプーライフを見直そう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です