2018/09/04

1日のシャンプーの回数は3回。脂ギッシュな男は朝シャンもやれ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

巷では

  • シャンプーは1日1回。
  • 朝シャンは絶対にするな。
  • 2回以上するとハゲる。

まぁいろんなことが言われています。

今回は脂ギッシュのメンズに向けた記事になります。

ちなみにぼくも同様。

夜に2回。朝1回の合計3回をオススメする理由。

夜に2回やる理由として

  • 汚れを落とす。
  • 整髪料(スタイリング剤)を落としてしまう。
  • 毛穴から出た皮脂を落とす。

まぁこの3つは夜寝る前に抹殺してしまいましょう。

じゃあなぜ1回のシャンプーではいけないのか?

まず1回のシャンプーでは上記の3つを落としきれないから。

ずっと家にいて1歩も外に出ていなくて整髪料もつけずに汗もかいていないなら1回でもいいでしょう。

在宅ワークの人は省きます。

  1. 外出して大気中の汚れが髪の毛に着く。
  2. ジェル、ワックスなどでパリッパリに固まっている。
  3. 頭皮のテカリは皮脂が原因。

仕事の日は特にというか必ずといっていいほど家の外には出ますよね。

朝出勤したら帰ってくるのは基本夜。

夜に2回やることで頭皮環境はリセットされてかなりスッキリします。

気分的にもリフレッシュできますしかなりおすすめ。

朝シャンの1回はなぜやるのか?

「夜に2回やったからいいじゃないか。」

そんな声も聞こえてきそうですけど…。

ただここで言いたいのは

夜に寝ている間にも皮脂は出ているってコト。

朝起きたら頭がベタベタってコトないですか?

ぼくは特に脂性ですから髪の毛までオイリーな感じになってしまうんですよね。

乾燥肌の人はここまでなりませんよね。

これ男性に限らず女性にも言えるコトなんです。

「朝シャンプーするのは良くない。」

過去にこんな風に言われたコトってないですか?

ハッキリ言っときます。

朝シャンプーは悪くないです。

むしろ脂ギッシュの人ほどやったほうが良い。

ベチャっとした感じの髪の毛をみるとストレスに感じたりしませんか?

鏡見るたびにイヤになりますよね。

ぼくがそうでしたからね。

これ気づいたのは美容師になってから。

高校生の多汗な時期も悩まされていました。

朝シャンのやり方は超簡単。誰でもできる。

夜みたいに念入りにやる必要はないです。

簡単に終わらせることができます。

夜シャンでキレイになっていますから泡だてぐらいでちょうど良い。

しかも簡単に泡立ちますから。

目的は頭皮の脂を飛ばすこと。

たったこれだけです。

泡だてなんで30秒で終わるシャンプーで大丈夫です。

最後のすすぎだけはしっかりとやってくださいね。

朝シャンプーの失敗の最大の原因。

すすぎ残しが1番いけない。

これが適当すぎると頭皮トラブルの原因になります。

朝だから時間がない。

だったら10分いつもより早く起きる。

時間はつくってしまえば良いんです。

簡単でしょ。

かゆみが出たり、頭皮が赤くなったりとトラブルは絶対に避けたいものですよね。

忙しい朝だけどココには時間をかけてください。

先ほど30秒ぐらいの泡だてシャンプーで良いと言いました。

すすぎにはもっと時間をかけてください。

倍以上あえて言うなら2分間。

結構長く感じるかもしれませんけど念入りにやっちゃいましょう。

朝シャンプーすることで得られるメリット。

  • 目がシャキッと覚める。
  • リフレッシュできる。
  • 整髪料がつけやすくなる。

頭皮の余分な脂をシャンプーで飛ばすことにより最高の1日をスタートさせれます。

眠っていた脳を朝シャンプーでスッキリさせれば気分も変わります。

脂ギッシュな人は特にやらない理由がないです。

1日3回のシャンプーは万人受けしない。

全ての人には当てはまりません。

乾燥肌、敏感肌の人がこれやると余計に頭皮が荒れる可能性もあります。

この記事でおすすめしている人は脂がたくさん出る人向け。

男性がメインでもありますけど女性も当てはまります。

女性でも異常に脂が出る人もいますからね。

もしどうしてもこのやり方が合わなかったらやめてくださいね。

  • 夜に2回。(汚れ、整髪料、皮脂を落とすため。)
  • 朝に1回。(泡立てるぐらいの簡単シャンプー。)

脂ギッシュだと感じている人は是非試してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です