2018/06/24

縮毛矯正とセルフカラーの相性は最悪だからやめておけ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

くせ毛で縮毛矯正もヘアカラーもしたい。こんな悩みを持っている女子は意外にも多いはずなんです。

20代ぐらいまでだったら黒髮を明るくするおしゃれ染め。だけど30代に入ったら白髪も気になってきた。

「ヘアカラーだけだったら自分で染めちゃえ。」こんな想いは今すぐに捨てちゃいな。

傷みはマックス。

まず縮毛矯正だけでもダメージはなかなかのもんです。よく考えて見てくださいね。ウネウネのくせ毛を薬とアイロンで真っすぐにするんですよ。

これってすごくないですか?何を今更って?あんた美容師でしょ?

そうなんです。こんな画期的なメニューは素晴らしいの一言なんですよ。考えた人エライっ。

ぼくも最近つくづく思うんですね。外人並の超くせ毛の人を伸ばしきった時の達成感みたいなのは最高に気持ちイイんです。

そこには

  • 薬剤選択。
  • 薬剤塗布。
  • アイロン操作。

この3つがうまくいってくせ毛を真っすぐにすることができる。

うん、しかも髪の毛ツヤツヤ。初めて縮毛矯正したお客さんはびっくりするぐらい感動するんですね。

「えっ、髪の毛サラサラでツヤも出て触って気持ちイイ。傷んでないやん。」って思ってもダメージしてますよ。避けることはできないんです。手触りとツヤにごまかされているんです。

クセの度合いによってハードな薬剤チョイス、アイロン180度ってどうですか?これで真っすぐに。普通に触ったらヤケドもんです。

そんなアイロンを髪の毛に当てて傷まないわけがないんです。傷んでないようにみえるだけですよ。

どれか1つでも欠けたら失敗。

1薬の作用が足りなくてもダメ。時間起きすぎてもダメ。真っすぐに伸びるジャストの時間で流さないとアウト。

アイロンも確実にできていなかったらアウトだし。

これって知識と経験がないと難しい。

ツヤがすごいのは?

仕上がってサラツヤに見えるのは

  • 波状のくせ毛をキューティクルを整えて真っすぐにしている。

これが光の反射で傷んでないように見えるんですね。見た目はキレイ。中身はダメージ。

縮毛矯正とセルフカラーの危険性。

例えば自分でカラーをするとして新しい髪の毛だけを染めることって出来ますか?(全く初めてをのぞきます。)

スポンサーリンク

1ヶ月だったら約1㎝だけを染める。これはプロの美容師じゃないとほぼ無理でしょう。

自分でやろうとしてもつけなくてもイイ髪の毛にまでついてしまう。これがダメージの元。つけなくてもイイ所につけばそこだけさらにダメージするってコト。

ずっと自分でカラーしているとどこからどこまで塗っていたのかがわからない場合があります。

白髪染めは特に。

暗めのカラーは色が濃ゆく入っているので謎?ってコトが多い。いつも白髪が伸びているとこだけしか薬つけてないよ。そんなコト言ってる人に限って毛先までやっていました。なんてあるんです。

毎回毛先までやってるよ。って人が多いのも事実。

やめましょう。セルフカラー禁止。

サロンカラーに切り替えてください。

いくら腕に自信があるって言っても顔まわりぐらいです。キレイに塗れるのは。

何回も言います。セルフカラーは禁止。サロンカラーに変えましょう。

薬1剤を選ぶのも3種類使うこともあるんですよ。

プロの仕事ならでは。

  • 新しく生えてきた髪の毛。
  • 前回染まっている髪の毛。
  • 前々回2〜3度毛先まで染めた髪の毛。

この時点で3種類は薬使います。最後の2、3回染めているところは危険ゾーン。

見極めができなかったら髪の毛がボロボロに。

信頼できる美容師に託すしかないんです。

お客さんでも薬は1種類だけで真っすぐにすると思い込んでる人もいます。一種類だけではまず無理です。キレイには伸ばせません。伸びムラが出ます。

最小限ダメージはコレ。

リタッチ矯正&リタッチカラー。

これは必ずサロンでやってもらうこと。伸びたところだけを真っすぐに伸ばしてキレイにカラーをする。

  • クセが気になるとこだけ。
  • 伸びてきている髪の毛だけをカラー。

一言でいうと

伸びてきている髪の毛だけをやってしまおう。

内田

たったこれだけ。傷みは最小限ですみます。

まとめ。

縮毛矯正はサロンでして、カラーは自分でやるって人は両方サロンでやってもらいましょう。

まれにセルフストレート&セルフカラーしている人がいます。危険すぎます。。髪の毛見たらボロボロです。やめてくださいね。

最小限にダメージを抑えるために

  • リタッチカラー。
  • リタッチ矯正。

であなたのキレイを続けましょう。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です