2018/06/24

美容室のカットで「お任せします。」の失敗するたった1つの理由。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

結論から言います。

それは全てを「お任せできない。」からです

美容師側とあなたとの思考の差が確実に存在するから。

実際に切ってもらたら

  • イメージと全然違う。
  • 実年齢よりも老けた。
  • 前よりもおさまらなくなった。

いろんな意見が出てくるんです。

いきなりですが初めて美容室に行って全部お任せします。って言われたら美容師側は困惑する人が多いでしょう。

「全部お任せ。」って?

えっ、じゃあ好きなように切ってもイイんでしょうか。と言うと

  • 肩つく長さで。
  • レイヤーは少し入れた感じで。
  • 量は軽めで。
  • 前髪は眉毛下で。

ってお任せじゃないんかよ?

人にもいろんなライフスタイルがあって肩についたら1つに束ねないといけなかったりとか、レイヤー入れると広がるからイヤとか最低限「して欲しくないこと。」ってないですか?

絶対的にあるでしょ?

全てはお任せできない。

最初のカウンセリングでこれだけはやって欲しくないリストでも作っておくのがイイかもね。

  • 前髪は絶対に眉毛下で。(全部下ろすと子供っぽくなるから。)
  • レイヤーを入れると広がる。(ボンバーヘッド確実。)
  • 襟足短いとダメ。(浮いてカツラみたいになる。)
  • ショートにすると顔丸出し。(ほっぺた強調してしまう。)
  • つむじ周りはレイヤー入れて。(ボリュームが出ないから。)

なんだかんだで自分の欠点は自分がよ〜くわかっているもんですよ。

美容師としてのプロ目線から見ても大体は把握できますから。

10年以上。

もう何年も同じ担当者に切ってもらってるんだったら話は別。

5年10年と通っているんだったら信頼関係ができていますから。

あなたの

  • 生えグセ。
  • 髪の毛のクセ。
  • 毛量。
  • 浮きグセ。
  • 毛流。
  • ライフスタイル。
  • 普段のヘアスタイル。

いろんなコトをわかってもらえてればそうそう失敗はない。

全くの初めてなら情報不足。

「なりたいスタイル」と「似合うスタイル」は全くの別物。

「なりたいスタイル」とは

自分の希望の髪型であってスマホの画像でめちゃくちゃ可愛い画像やカッコイイ画像。

スポンサーリンク

ただそこには自分の持っている髪の毛の素材が完全には一致しない事実。

まず持っている髪の毛の素材が近ければできる可能性はある。

顔のパーツから頭の形は十人十色でこの世の中に全く同じって言う人は存在しない

「似合うスタイル」とは

あなたの持っている素材を存分に生かして似合う髪型を造っていくコト。

例えばショートスタイルを造る前提の話。

  • 前髪が浮く。
  • 襟足が浮く。
  • サイドのボリュームが出ない。
  • 後頭部がペタンコ。
  • 前髪からつむじにかけて髪の毛が少ない。
  • 耳後ろの毛が多すぎる。
  • 全体に少しクセがある。

こんな髪の毛の素材をどれだけ活かしきるかが美容師としての腕の見せ所でもあるんですね。

細かく分析していくと

  • 前髪が浮かないように量を厚めにとって増やす。重みでおさえる感じ。
  • 襟足は短すぎると浮くのでキレイにおさまる長さを残す。
  • サイドにレイヤーを入れてボリュームを出しやすく切る。
  • 後頭部の丸みが出るようにレイヤー入れて襟足をしめる。
  • 前髪からつむじにかけてレイヤーを入れてボリュームを出す。
  • 耳後ろから襟足は多めに量を減らす。
  • 全体のクセが活かせるぐらいにバランスで量を調整してあげる。

これであなたのクセを活かして似合う髪型が出来上がります。

ひとつづつ観ていけば出来る髪型と出来ない髪型はありますからね。

自分自身の髪の毛っていろんな悩みを持っています。

これだけは言っておきます。

自分の髪の毛に満足してる奴はこの世にいない。

あっ言ってしまいました。

実際に全て悩みばかり。

悩んでいるから美容室に通う。当然といえばそうなんですがね。

まとめ。

全くの初めての美容室には「お任せします。」はやめておこう。

  1. やって欲しくないコトを伝える。
  2. 普段の髪型を伝える。(一束にくくってるとか。)

最低限のコトを伝えるだけでも自分に似合う髪型は存在します。

自分が理想とする髪型よりも「自分に似合う髪型。」を探すコトを信頼できる美容師と探しましょう。

とことん話し合って仕上がりのイメージを共有することが大事。

美容師とあなたとの思考の差を合致させれば気にいるスタイルができるはずだから。

合わせて読もう!
スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です