スマホ通信費の節約は断然格安SIM!1ヶ月7700円削減は誰でもできる。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

今回は誰でもできる節約の話。

毎月の固定費ともなっているスマホの通信費+音声通話。

ちなみにぼくは3大キャリアの中のDOCOMOから格安SIMに変えてから約3年が経ちました。

1ヶ月に支払っていた電話代約10000円が約2300円ほどに7700円の削減に成功。

iijmio料金1

これってバカになりませんよね?

1年間で見ると約92400円の節約になるんですよね。

毎月10000円ほどスマホ代に使っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみにDOCOMOには7年お世話になりました。

今は格安SIMのIIJmioに移行しています。

3年間が経った今では約30万円近く節約していることに。

外国に旅行なんて3回ほど行ける金額ですね。

他にもおいしいもの食べれますよね。

結論から言いますと「今のスマホ代が高いと感じるならすぐにでも格安SIMに変更せよ!」ということです。

スポンサーリンク

今の給料を上げるよりも固定費下げる方が圧倒的に簡単。

今回の例を元に考えてみますね。

7700円下げたことってかなり大きいんですよね。

わかりやすく時給換算で1時間=1000円のアルバイトと仮定。

実質7〜8時間は働かないと得られないお金。

大まかに言えば1日労働する時間に匹敵するんですよね。

1日働くって結構大変ですよね?

楽じゃありません。

単純に考えたら1日分の労働時間を好きな時間に当てれるってコト。

凄くないですか?

3大キャリアから格安SIMに変えるだけで。

言ってしまえば格安SIMに変えたもん勝ちやな。

内田

労働してお金を稼がなくてもスマホの契約を他者に変えるだけなんですよね。

最初は面倒って思ったりもするんですけど。

しんどいと思うのは以下の2つ。

  • 今現在契約している3大キャリアで解約手続き。
  • 格安SIMに変更する手続き。

最近では店舗でも格安SIMの対応する店が多くなってきていますから

  • 店舗契約。
  • ネット契約。

のどっちかしかありません。

もし近くに対応してくれる場所があればやってくれる方が楽。(店員さんがほぼやってくれる)

お店まで遠いしなかなか行けないって人はネット契約。(全て自分でやらないといけない)

お金の面で得をすることしかないのでぼくは格安SIMをオススメします。

格安SIMに変更して毎月の支払いが2300円は安い?

スマホ代で月に支払っている金額が10000円以上。

高いとは思いつつも格安SIMの存在を全く知らなかったんです。(3年前に知人に教えてもらった)

今でこそ格安SIMは認知されるようになってきていますけどね。

ぼくの例でDOCOMOで契約していた時のことを思い出してみます。

3年も前のことなんでかなりアバウトにはなるかもしれませんけど。

  • かけ放題ライト1700円。
  • spモード300円。
  • ベーシックパック3GB4000円。
  • 端末代4000円。

これでおよそ10000円。

格安SIMに移行するにはスマホ代の機種の残債を完全にゼロにしなくてはいけません。

これって当然の話なんですけどね。

この端末代でかなり迷っていたんですよね。

3大キャリアで契約すると自然の流れと言いますか勝手に2年ローン組まされます。

ぼくの場合ですと1ヶ月4000円×12=48000円。

2年間なので96000円が端末代。

ちょうど1年間が払い終わった状態だったんですけど48000円は一括で支払うってことができなかったんです。

迷って即決できなかった原因。↑

スマホ代は最初に一括で払う方が後が楽。

格安SIM1

スマホ代は最初に支払う方が楽なんですよね。

どっちにしろ最初に払うかor分割で支払っていくか?

3大キャリアはキャンペーンで20000円割引とかやっていますけど途中解約してしまえば全額請求されます。

結果的には同じ料金を支払うわけですしね。

例えばiPhoneを買うにしろ1回で支払ってしまうのがベスト。

10万円以上はするのが当たり前にはなってきていますけど。

アンドロイド端末で買っても同じで50000円のスマホでも最初に支払っておけば後が楽になるんですよね。(気持ち的に)

とりあえずは最初にスマホの端末は自分で用意することがベスト。

とは言ってもなかなか難しい話なんですけどね。

どうしても自分で用意できないなら親に借りてでも最初に支払っておいた方がいい。

ちなみにぼくが契約しているIIJmioはスマホ端末も一緒に買うこともできます。

格安SIMで今使っている電話番号は使えるのか?

電話番号はそのまま引き継ぎができます。

ただお金はかかります。

  • MNP転出料=2000〜3000円。
  • 新規加入料9500円。

13000円はかかります。

ただ注意しないといけないのが乗り換える時期。

なんだかんだと2年縛りと言われていますけど丸2年経った後(24カ月)。

25ヶ月目と26ヶ月目のたった2ヶ月間だと違約金9500円は不要に。

この時期以外だと必ず9500円はかかってきます。

  • 24ヶ月前でも違約金。
  • 27ヶ月目でも違約金。

解約にお金取るって馬鹿らしいな。

内田

格安SIMの料金プランはどんな感じ?

格安SIM2

音声通話+通信費3GBでどこの格安SIMもだいたい1700円前後ぐらい。

動画バンバン見るんだけどっていう人は自宅にwifiは必須です。

移動してパソコン使ったり通信バリバリする人はポケットwifiがあれば便利。

ちなみにぼくの例を出してみます。

iijmio料金2

2019年1月の請求額が2280円。

iijmio料金3

内訳は上記。

  1. 月額基本料3GBミニマムスタートプラン。
  2. 音声通話代。
  3. ショートメール代。
  4. 追加でSIMカードを利用(タブレットに挿してる。)
  5. ユニバーサルサービス料?スマホとタブレット2台分。

必要最小限でこの値段2280円

もしタブレットをやめたら400円削減して1880円

他の格安SIMもだいたいこんな感じ3GBなら。

ただ最近はキャンペーンをやってかなりお得になってきています。

音声通話ってあんまり使うことないんですがこんな時もありました。↓

iijmio料金4

2018年9月の請求額3878円。

iijmio料金5

何が違うのかって?

通話代の部分が1380円。

この時は

  • 実家に久しぶりに長電話。(親はガラケーだけど自分から家電にかけたのが失敗)
  • 緊急で歯が痛くなって歯医者に電話。
  • 友人と夜ごはんを食べるために予約電話。(ネット予約ができない店舗)
  • 現在使っていた炊飯器が故障のため家電量販店に状況説明や修理の依頼。

LINEという無料通話が全く使えなかったので通常よりも1400円ほど高くついています。

大体は2500円以内で収まっています。

DOCOMOを使っていた時よりも圧倒的に安く上がっていますから満足。

現在スマホの通信費を節約したいなら格安SIMに変更するべし。

現在3大キャリア(DOCOMO、au、SoftBank)で契約しているなら格安SIMに変更しろ!

損することはないです。

むしろ節約効果は大で固定費を最低でも5000円〜7000円は下げれます。

違約金が9500円発生しても大丈夫。

たった2ヶ月分でチャラになりますから格安SIMに変えるだけで。

自分の給料やバイト代で働くよりも簡単に固定費下げれますからね。

すぐに固定費を下げれるのは間違いなく電話代。

生活水準は特に変化しませんから大丈夫。

あなたも格安SIMを考えてみては?

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です