アラフォー美容師が自由気ままに発信する雑記ブログ

手ぬぐいはバスタオル代わりにオススメ。安い、速乾、衛生的!男なら使って正解。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

 

お風呂あがりのタオルってどうしていますか?

ちなみに自分の場合はかなり最小化して今では最終形になると思う。

  1. バスタオル。(使用歴38年ぐらい)
  2. フェイスタオル。(使用歴2年ちょい)
  3. 手ぬぐい。(2020/01/09現在で約3ヶ月ぐらい)

上から順番で今現在3ヶ月ぐらい手ぬぐいを使ってみたんですね。

そしたらかなり良かったので記事にしてみます。

特に男の人で洗濯物を部屋干ししている人には必見。

手ぬぐい自体が安いし、すぐに乾く、しかも衛生的。

タオル生地とは全く違うので収納がペラっペラで場所も取らない。

結論から言えば手ぬぐい最強。

内田

あっペラペラでもかなり生地は丈夫ですよ。

スポンサーリンク

部屋干ししてるとニオイが残る?

タオルって半乾きになるとニオイが残ってしまうパターン。

「生乾きで臭っ。」

となるとお風呂上がりにせっかくきれいになった身体拭きあげるのってテンション下がりまくり。

オイオイこんな臭いタオルで拭きたくないよ。

内田

これって誰でも当てはまりませんか?

夏場ならまだ乾きやすいんですが問題は冬場。

1日中外干ししても乾いてない。

そんなことは日常茶飯事。

地域と場所にもよりますけど。

部屋干しの方がまだマシかも。

雑菌が湧くから最悪状態に。

冬って室温も上がりにくいから長時間ほっといて乾いたと思ったら臭いってホント嫌になります。

タオル臭はモラクセラ菌が原因。

雑菌が湧くことでタオルにも嫌なニオイが残る。

原因となるモラクセラ菌。

私たちの人間の鼻や口にもいるバクテリア。

1回タオルにニオイが付いてしまうとなかなか取れないってことないですか?

モラクセラ菌が原因となっていて水分や皮脂を好んで食べてしまうという。

このモラクセラ菌の排泄物が残ったまま洗濯をいくらしてもすぐに臭いが出ることは当たり前。

菌自体が死滅しないから。

熱湯50〜60度ぐらいに浸しておけば死滅までいくみたいですが。

タオルを繰り返し使っているとある時からニオイがするなと思っていたら殺菌のモラクセラ菌の仕業だったんですね。

洗濯だけでは取り除けないので厄介者でもありますね。

毎回熱湯ぶっかけるのも面倒ですし。

タオルを手ぬぐいにした訳は?

タオルと手ぬぐいに違いはあります。

  • すぐに乾く。
  • 嫌なニオイがしない。(現在3ヶ月目でも問題なし。)
  • 収納がかなりコンパクト。
  • 衛生的。
  • 安い。

かなりメリット多め。

内田

というよりもホント最高に使いやすい。

手ぬぐいはすぐに乾く。

毎日部屋干しですが除湿機つけて全ての洗濯物がたった3時間で乾いてしまうんです。

ここは洗濯する量にもよりますけどね。

実際1人暮らしで毎日洗濯する前提での話です。(1日の洗濯量は少なめ)

手ぬぐいに変える前はフェイスタオルをバスタオル代わりに使っていたんですけど。

1番乾くのに時間がかかっていましたね。

考えてみればわかることなんですが生地の分厚さで圧倒的に手ぬぐいは乾きやすい。

除湿機なしの状態で部屋干ししていてもおそらく乾きは速くなると思います。

手ぬぐい単品だと15分ぐらいで乾くという圧倒的な速さ。

手ぬぐいに嫌なニオイがしない。

雑菌が湧きにくいんでしょうね。

生地が圧倒的に薄い分乾きやすいからニオイがほとんどと言っていいほどしません。

今現在で3ヶ月間手ぬぐい生活していますが残臭なし。

とりあえず超快適であることは間違いなく言えます。

内田

基本はお風呂上がりに使うのがメインで。

後もう1つ使い方として枕の上にペラっとひいています。

正確には枕カバーの上。

枕カバーは週に1回洗濯。

これが多いか少ないかはわかりませんが。

ホントは毎日洗うのが当たり前かも。

面倒なので手ぬぐいを1枚ひいておけばワンクッションなるのかなと思い。

起きたらその手ぬぐいを使います。

  1. 髪の毛全体を濡らす。
  2. 顔洗って吹く。

頭と顔を拭く用ですね。

ここでもタオル代わりに使えます。

枕カバーにも直接触れるわけではないので不衛生ではないはず…。

手ぬぐいは収納性抜群。

収納すると言ってもかなりコンパクトになるので全く場所をとりません。

バスタオルやフェイスタオルみたいに厚みがなくペラペラですからね。

フェイスタオル1枚分=手ぬぐい3枚分。

手ぬぐい1

たたんでみれば分厚さは一目瞭然。

極端な話ハンカチみたいなもんですね。

ヘタしたら1枚ぐらいならポケットの中にも入ります。

と言っても持ち歩くことはしませんけど…。

内田

収納ボックスの端っこ1㎝あれば手ぬぐい3枚ぐらいは余裕でおさまります。

手ぬぐいは衛生的。

先程も言ってますが速乾なので衛生的です。

フェイスタオルよりも倍以上に乾きやすいのでニオイとは無縁のもの。

もしカンカン照りの夏場に外干しするなら10分ぐらいで乾きそうな感じ。

生地もしっかりしているので破けるとか端っこから糸がほつれてくるってことはないです。

手ぬぐい5

ぼくが購入したモノはほつれない加工を施してあるので安心。

手ぬぐいは安い。

購入したのは楽天です。

  • 真っ白な手ぬぐい。
  • 端っこがほつれない加工。
  • 10枚セット。
  • メール便送料190円。

正直10枚もいらなかったかも…。

10枚で1290円(税込)+メール便送料190円。

込み込みで1枚あたりが148円。

今は3枚をメインで回していますが余裕で6ヶ月とか持ちそうです。

ヘタしたら1年いくかもしれませんね。

消耗品ですから使っていくうちにへたるのは致し方ないですが。

ココがイマイチという点。

メリットは多めですがたった1つだけデメリット部分があります。

それはいくら髪の毛が短い男性でも2度拭きが必要なこと。

まず1回だけでは身体全体の水気は残ってしまうんです。

上から順番に髪の毛から足の指まで。

手ぬぐいは生地が薄い分吸水マックスになるんです。

だから1回拭いた後に両手で絞り切る必要があります。

キッチリ絞ってしまえば2回目で確実に拭きあげれます。

要は2回拭くことが面倒じゃなければ手ぬぐいはバスタオル代わりに最適。

手ぬぐい2

上はどこにでも売っていそうなタオル。

手ぬぐい3

こちらが手ぬぐいの厚み。

見たらわかりますけど水分を吸収する面積が手ぬぐいには限界があります。

よって1回身体全体を拭いても若干水気が残ってしまうんです。

冬場に少しでも水気が残っていようものなら風邪ひく原因にもなりますしね。

1回絞る行為が面倒ですが慣れれば簡単。

だって絞るだけですから。

手ぬぐいは最適かつ最強。

結論ですが使い勝手は抜群なので

  • 洗濯後のニオイ。
  • 収納場所を取らない。
  • 余裕で3ヶ月以上は持つ。
  • タオルよりも速乾。
  • 衛生的。

値段でみればフェイスタオルでも1枚あたり150円ぐらいで売っています。

ただメリットが圧倒的に多いので男性でタオル代わりに使ってみたい人は手ぬぐいオススメ。

女性も使えないことはないですが髪の毛が長い場合は2枚使用の2回絞りをやれば使えないことはないです。

安い、速乾、衛生的で文句なし。

もうバスタオルやフェイスタオルに戻ることはない。

必ずしも「バスタオルを使いなさい。」みたいなことはないですから。

お風呂上がりはバスタオルが常識かもしれません。

ただ手ぬぐいが非常識かと言えばそうじゃない。

要は水気がしっかりと取れてしまえば済む話。

じゃあ超コンパクトな手ぬぐい最高ってなるわけ。

使い始めは違和感ありですが慣れれば手ぬぐいイケてると感じてくるはず。

メール便の送料込みで10枚入りで1500円以内ですから気になるなら試す価値は十分にあります。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちゃろぐ , 2020 All Rights Reserved.