2018/06/24

時間は有限。自転車通勤で1日20分を短縮して好きなコトに費やせ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

自転車がパンクして1週間徒歩通勤した内田です。

この1週間はとてつもなく長く感じた。

歩くのがこんなにしんどいとは思わなかった。

自転車があるのとないのでは大違い。

自転車のありがたみがわかったと同時に時間の大切さを痛感した1週間でした。

思い返せば1週間前。

朝起きたらまさかの後輪がパンク。

「いたずら?それともただの劣化?」

三年半ぐらい乗ったんでさすがにもう潮時かなと感じ始めていた頃。

最寄り駅に帰ってくるのが自転車屋が閉まってしまう時間なので仕方なく歩いて駅まで往復。

結局休み明けだったので一週間は駅まで徒歩。

徒歩通勤は消耗しすぎる。

いつもなら自転車なので10分以内に駅につくんです。

しかし歩くとなると倍以上時間がかかるんですよね。

約20分。

歩きの20分って結構な距離あります。

今が冬だからマシなんですよね。

これが夏だったら汗だくで今以上に過酷。

頭とカラダは駅に着いたら汗だく状態って罰ゲームなみでしょ?

そのぶん自転車は最高の乗り物と我ながら思います。

快適すぎて文句のつけようがないわ。

内田

冬でも20分歩くとダウンなので駅ついたらじんわり汗が背中をつたってくるのが不快。

汗かきはこれがツライ。

ぼくはかなりの汗かきなので頭の先から足のつま先まで…。

冬場に汗はかきたくないのが本音。汗が引いて風邪引く原因になりそうだから。

内田

単純に時間の浪費。

  • 自転車なら10分。
  • 徒歩なら20分。

これが往復なら20分間のロス。

この時間を1年間で計算すると

20×365=7300分の浪費。

7300分=121、667時間。

およそ120時間。

1年間で120時間が浮いてくるんです。

もっとわかりやすく言えば

120時間=5日。

丸5日間が好きなコトに使える時間に当てはまるんです。

あなただったら何しますか?

丸5日ですよ。

って言っても実際は1日あたり20分間なんですけどね。

毎日ストックしていけば大きいのがわかります。

たったの通勤時間だけの話なんですけどね。

それにしても丸々5日間はでかいでしょ。

内田

そう思いませんか?

好きなコトに費やすって何?

ちなみにぼくの場合を例に挙げてみます。

  • ブログを書く。
  • 本を読む。
  • 睡眠時間を少し長くとる。
  • 何も考えない時間をつくる。

時間をムダに過ごさないためにも20分で何ができるか?

「今日はこれをやるって決めてやらないとダラダラしてしまいます。」(体験済み)

できたら自分にとって何かプラスになることがいいでしょうね。

ダラダラテレビ見るのだけはやめときましょう。

ぼくはブログ書き始めてちょうど10ヶ月経ちました。

ここ最近は更新頻度もスローにはなりましたがまだ死んでいません。

本も時間作って読んでいます。

最近だと投資に関する本、ブログ関係の本など。

自分が興味ある本を読みだすと一気に読んじゃいます。

全くのハズレ本だと最初の5ページぐらいで閉じてしまいますけどね。

睡眠時間はかなり重要。

眠たいなと思ったら少し早めに寝て次の日の仕事に備えます。

睡眠不足になると集中力が続かないんですよね。

何も考えない時間もたまにあったりするんですけどこれも悪くないです。

1時間も2時間ボーっとするんじゃなくて10〜20分ぐらいなんですけどね。

瞑想みたいなもんでしょうかね。

自分の時間はやっぱり必要。

あなたにとって好きなコト20分間でできることは何でしょうか?

今実際にやらないといけないことをやっているのであればプラス20分が増えるわけです。

過ぎた時間は取り戻せない。

「今という時間はもう過去のもの。」

人生80年?もうちょっと寿命は伸びてるかな?

もうぼく自身来年40だから人生の半世紀を生きてきたコトになる。

内田

今までの過去のことって振り返ったら早いなって感じませんか?

あっという間に時が経っていくなと。

自分だけでなく今生きている人、平等に時間は流れていきます。

この記事ではたかが20分だけど貴重な時間であることは変わりないと言いたいんですよね。

通勤の徒歩を自転車で時短して時間の価値を有効活用。

自転車は最高の乗り物に間違いない。

自転車の重要性をココから伝えていきますね。

なんでこんなことを言うかって?

車はもう必要ないと感じているからです。

前に乗っていた時期があって持っているだけでお金がかかるから手放すコトにした。

  • 保険。
  • 税金。
  • ガソリン代。

など維持するのが大変。

自転車なら最初に投資するだけであとはメンテナンス自体は特になし。

パンク修理ぐらいでしょ?

空気入れたりアブラさしたりは自転車屋さんに持っていけばサッとやってくれます。

今回パンク修理で持っていたんですがいろんな場所にガタがきていました。

  • パンク修理(後輪。)
  • 前輪劣化しすぎでもうすぐタイヤ自体交換すべき。
  • ライトは全くつかない。
  • 車輪が前と後ろガタつく。
  • チェーンはゆるゆる。
  • 錆びていてボロボロ感丸出し。

「いずれすぐに部品を変える箇所がきます。」

そう店員さんに言われました。

まさかの総額1万円越え…。

パンク修理だけしに行ったら実際にはボロボロなコトが発覚。

内田

1万円出して治すんだったら買い換えた方がマシじゃないのか?

そんなコトを一瞬考えて60秒後に即買い換えを決めました。

なかなか即決でしょ。

内田

近いうちにまたダメなところが出るって実際に自転車整備士が言うぐらいだから。

考えるだけムダと思いすぐに新車の試乗して料金支払っていました。

スポンサーリンク

実際に買ったのはコレ。

アサヒ1

アサヒ2

選んだ基準としては

  1. 暗くなれば勝手にオートライト(LED)。
  2. 錆びにくい色。(フレームが黒。)
  3. タイヤが丈夫なヤツ。

この3点はこだわりました。

アサヒ5

以前に乗っていたヤツがこれの全く逆で

  • タイヤに擦らせてライト点灯。(走っている時重いです。)
  • 錆びやすいフレーム。
  • タイヤが薄っぺらい。

値段とクオリティーは比例。

アサヒ6

車体本体が税込みの約30000円也。

これは妥当な値段だと確信しました。

1番に感じたのがタイヤの重圧感。

これは非常に大きいです。

前のとは全く違いました。

乗っていて安定感があります。

ママチャリも昔買ったコトがあるんですけど、クオリティーが低いコト。

すぐに壊れた記憶があるな〜。

アサヒのスタッフも言ってました。

「値段が安いのはそれなりのものです。」

素材が安いし壊れるのも早いです。

3万円ぐらいがボーダーライン。

少しでも長く乗りたいなら安い自転車はオススメしないそう。

せっかく買うなら長く乗り続けたいですよね。

アサヒの自転車屋さんはスタッフが丁寧。

これホント毎回思うんですけどかなり細かいところまで教えてくれます。

誰に当たってもそうなんですよね。

しかも分かりやすい。

ちなみに毎回買うのはアサヒの自転車です。

ここ10年ほどは継続して買っています。

今回で3台目。

アサヒ7

スタッフ教育が行き届いているなという感じがスゴイです。

働いている人が情熱もって仕事していますよ〜。

内田

家の近くにアサヒの自転車屋があるならここで買って間違いないです。

まとめ。

もし今徒歩で20分ぐらいかけて歩いて駅まで通勤している人。

自転車で時間短縮して自分の時間を20分ほど増やしてみませんか?

アサヒ8

これはちなみにぼくが今回買ったヤツ。☝

ネットで注文して送料無料。店頭受け取りも可能なサイクルベースあさひ

かなりの種類があるので3〜4万出せばイイ商品に出会えるはず。

自己投資という部分ではイイ買い物です。

3万円自転車を単純に3年乗ります。

1年で1万円。

それと引き換えに丸5日ぶんの時間が手に入ると考えたらどうです?

安いもんだとぼくは思います。

時間を生み出すためにも最強な乗り物自転車イイですよ。

最初の買うときにお金がかかるぐらいです。

自転車買って気分一新して自分の時間を作り出しましょう。

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です