投資額で変わるつみたてNISA。5000円と33333円ではリターンが違いすぎるっ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

つみたてNISAをやるなら毎月満額の33333円でやるのが良いよって話をしていきます。

  • 100円から投資できます。
  • 3000円から始めてみよう。
  • 最低でも5000円からやろう。

みたいなことを本やブログでも書かれていますが実際はどうなのか?

結論は年間40万円までしか投資できないつみたてNISA。

運用益の全額を非課税で将来もらえるってことは1番デカイ。

だったら年間40万円を12ヶ月で割った33333円の枠をフルで使った方がリターンも大きいです。

決して投資額が少ないならやめときましょうって話ではありません。

スポンサーリンク
 

投資はお金を持っている人が1番強い。

「投資の経験をするためには100円からでも投資できます…。」

100円で投資してもリターンはたかが知れています。

毎月100円で12ヶ月間で1200円。

積立額 nisa1

年利4%で1年運用できたとして+22円。

たった22円なんですよ。

ってあくまで極論ですけど投資の勉強だから100円のパターン。

でも考えてみれば22円なんてスーパーできゅうり4本の割引額程度のもんです。

まぁ実際に月に100円だけ投資ってのも現実的ではないですからね。

逆にお金をたくさん持っていて毎月100万円を投資に使えるって人の場合。

12×100万円で1200万円。

年間で1200万円投資できますよね。

積立額 nisa2

この場合だと年利4%で約1222万円。

なんと年間で22万円のプラス。

あくまで1年間で運用した場合ですけど。

結果的にはお金持っている人がさらにお金を持つことになるんです。

元からお金持っていれば最強ってこと。

これらの話は極端すぎるので現実的な金額を例にしてみましょうかね。

毎月5000円の投資で20年間。

つみたてNISAで月5000円を20年間投資したとするといくらになるんでしょう?

積立額 nisa3

年利4%で運用したとして約183万円。

投資額が20年間で120万円。

結果的に+63万円。

これならなかなか現実的な数字。

銀行預金として預けるよりはるかにマシです。

利子ついてもスズメの涙程度。

ただ20年間で63万円ってなんか物足りなく感じるかもしれません。

毎月33333円で20年間投資。

積立額 nisa4

月に33333円を20年間投資したとして投資総額約800万円。

年利4%で運用したとしたら約1222万円。

運用利益はなんと+422万円。

これはスゴくないですか?

あくまでも仮定ではありますけど。

投資額は多い方が利益はデカイ。

20年間つみたてNISAで投資し続けた結果は満額の33333円の方がリターンは圧倒的。

やるとすれば年間40万円の枠を使い切ってしまう方が良い。

なんせ非課税ってところが1番のメリット。

約20%の税金を課せられるところを全てカット。

投資は実際にお金を失うってリスクは必ずしもあります。

なかなか投資に踏み切れない人もいることでしょう。

だからと言ってタンス預金や銀行預金ではお金を増やすことはほぼできないって思っておいた方がいいかもしれませんね。

じゃあ投資した方がいいのか?

銀行預金として放置しておくのか?

これはリスクをとって投資できるならばやっておくべきなのかなと。

最終的に決めるのは自分自身ですから。

含み損のまま20年後を迎えたからといって誰かを責めるわけにもいきません。

リスクをとることができてリターンを期待できるなら毎月33333円をつみたてNISAに投資しておくのもありです。

記事の途中で書いてましたけど5000円の投資で年利4%で運用ならプラス63万円。

33333円の投資で同じく年利4%ならプラス422万円ですから。

いかに投資額が大きい方が強いかがわかります。

投資額が少ないからとやらない理由は考えるな。

  1. 5000円。
  2. 10000円。
  3. 20000円。
  4. 30000円。
  5. 33333円。

投資をやるとしても最低でも5000円から始めてみるのはあり。

1年目は5000円だとしても2年目からは10000円に上げる。

さらに20000円、30000円と投資額を上げていくのが良いでしょう。

将来的にお金を少しでも増やしておきたいなら投資というリスクはとらないといけません。

固定費を下げてしまえば多少のお金は捻出できます。

スマホ代なんかは3大キャリアをやめて格安SIMで運用すれば5000円から7000円ぐらいはすぐに浮きます。

これが1番手っ取り早く固定費を下げれる方法。

投資はやろうと思ってもなかなかできない人は多いはず。

格安SIMの手続きは少し面倒ですけどずっと固定費を下げれるのでやってみる価値は十分にあります。

最終的に33333円を毎月投資するのが良い。

実際に年間40万円投資している人ってあまり聞きません。

おそらく極少数です。

ぼくも周りに聞いたりしますけど誰もやっていません。

やっていても言わないだけかもしれませんけど。

つみたてNISAは運用益の税金がかからないので将来的自分の資産を増やしたいって人にはオススメできるモノ。

ただ投資なのでリスクが取れるって人はやってみてもいいかもしれません。

元金保証はないので注意が必要。

投資銘柄も豊富で金融庁が選抜したモノだけがあるのでボッタクリ商品は初めから削除してあります。

月5000円の投資からスタートしてマックス月33333円を投資。

タンス預金や銀行預金で満足しないよって人はつみたてNISAやってみる価値あるかもしれません。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です