アラフォー美容師が自由気ままに発信する雑記ブログ

【大暴落つみたてNISA 26ヶ月目】利回り-20%でも解約しない絶対的な理由。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

 

2020年始まっての株価の大暴落。

世界的にコロナショックによる経済大打撃。

つみたてNISAをやっていると手に取るように数字でわからせてくれます。

どれぐらい下がっているかは後に画像付きで紹介していきます。

なんと利回り-20%。

つい最近まで+12%ほどで運用していたのが一気に急降下。

大暴落と言ってもまだ序章に過ぎないかもしれません。

これからもっと下がっていく可能性だってあります。

とは言ってもメンタル的に良くないじゃないのか?

最初はそう思ったのですが調べていくうちに気にしないことが1番。

この理由をお伝えします。

利回り-20%でも眠ったように完全放置するだけ。

15年以上投資すれば損はしないから。

以上が絶対的な理由。

スポンサーリンク

つみたて投資の基本は20年間冬眠しとけ。

いきなり冬眠…。

「えっ、何言ってるかわかんない?」

結論から言えばほったらかしにしとけって事。

ネット証券会社のフィデリティが2003年〜2013年までの顧客パフォーマンスの調査結果。

投資成績のよかった人の属性は以下。

  1. 亡くなっている人。
  2. 運用しているのを忘れている人。

これが全てです。

なのでつみたてNISAを始めてから20年間は眠ったように投資しとけ。

今の時期だからこそ言えるのが冬眠しとけばよろしいと言う事です。

イチイチ株価が上がった、下がったと言う事を気にしていては気持ちが落ち着きません。

そりゃぼくも自分の資産が増えていけば嬉しいのは確か。

実際につみたてNISA始めてから1番よかった月の記事はこちらから。

ただ月単位で見るのではなくて長期投資する事で最終的に資産が増えているのであれば最高。

つみたてNISAは最大20年間が非課税ですから気絶したぐらいに思っておいた方がいいかもしれませんね。

ちょこちょこネット証券の資産成績をみたりしていますが上がる時もあれば下がる時もあります。

ただ一喜一憂していても精神的に良くないですから。

1ヶ月に1〜2回ぐらいみても良いかなとは思いますけど。

実際に15年以上投資していれば損はしないということが明らかに。

つみたてNISAも最大で20年間ですから時間を味方につければ勝てる可能性は大。

つみたてNISAの基本はインデックス投資。

短期売買とは逆になぜ長期投資が良いのか。

株価の底値なんてこの世の中の誰1人当てることは出来ません。

インデックス投資の基本は長期投資。

いろんな投資の本にも書いていますが「市場平均の機械的に自動で買ってバイ&ホールド。」

ドルコスト平均法と言われていて、まさしくつみたてNISAの投資方法がこれ。

最初の設定だけしたら後は放置なので退屈で仕方ないですけど。

つみたて投資の醍醐味は相場が下がった時に多くの口数を買うことができるので完全放置。

10000円分の金額を指定してしておけば毎月購入時の基準価格で買うことが可能。

例として

  1. 1ヶ月目の基準価格→10000円 買い付け口数は1口。
  2. 2ヶ月目の基準価格→2500円 買い付け口数は4口。
  3. 3ヶ月目の基準価格→5000円 買い付け口数は2口。

投資した金額が30000円、買い付け口数が3ヶ月間の合計が7口。

短いですが3ヶ月間で売却した場合は以下。

3ヶ月目の基準価格が5000円で買い付け合計が7口。

5000円×7口=35000円

投資金額30000円に対して35000円になるので5000円儲かる計算。

上記の計算はあくまで超短期の3ヶ月の場合。

  • 「安い時にたくさん買える」
  • 「高い時に少し買える」

まさに亡くなったように投資しておくことができる最強の投資方法。

現在絶賛暴落中には口数をたくさん買い付け、コツコツとつみたててくれるので初心者にはベスト。

株価の値上がりや値下がりに関係なく自動買い付けができるのはストレス軽減にもつながります。

買ったら持ち続ける事で資産を最大化できる可能性は高いと言われています。

実際に仕事していると株価の値動きなんて見れません。

ネット証券で設定さえしていれば全部自動でつみたて投資してくれます。

めちゃくちゃ便利であることは間違いない。

将来的にお金の不安があるのは誰でも同じ。

貯金も大事ですが投資も同様にやっていく方がベストと考えています。

投資初心者につみたてNISAは最適。

20年間と言う長期投資に意味がある。

保有期間が短期と長期で比べたらわかります。

5年間と20年間のつみたて投資では全く違った結果になります。

具体的な例として

  • 5年間毎月10000円を年利5%で運用。
  • 20年間毎月10000円を年利5%で運用。

前者は投資元本60万円→約18万円増。

つみたてnisa26ヶ月目1

 

後者は投資元本240万円→約171万円増。

つみたてnisa26ヶ月目2

数字を見れば一目瞭然ですね。

時間と言うものを味方にすれば複利効果が十分に発揮されているのがわかります。

2008年9月15日にリーマンブラザーズという米国の有名な証券会社が破綻したことをきっかけに株価が大暴落しています。

現在2020年3月で約12年前にもなります。

結果的には株価が下がってはいますけどまた上昇してくるのは間違いないでしょう。

これがいつまで続くかは誰にもわかりません。

長期投資で大事なのは解約しないこと。

何度も言いますが「バイ&ホールドが基本。」(買ったら持ち続ける)

1番大事なのは精神面。

今回みたいに大暴落が起きてしまって精神的にツライ。

ぼくも実際にここまで下がるとは思っていませんでした。

気にしていても何も変わらないし投資をする以上は生きている以上どっかでまた暴落は起きます。

正直-10万円も下がるのか…。

つみたてnisa26ヶ月目 3

上記は実際のぼくの投資成績です。(2020/03/20現在)

キレイに全部が緑。実質-20.7%の含み損。

内田

今現在は楽天全米株式インデックスファンド一択。

下がるときは下がるし、上がる時は上がる。

あれこれ考えてもどうしようもないですからね。

メンタルやられる前に運用していることを忘れるぐらいになっておけば最強ですね。

大暴落に対する考え方。

1度つみたて投資を始めたら完全に放置しとくのがベスト。

これ以上マイナスが出たら怖いから解約…。

みたいにはならないことが大事。

コツコツ投資するだけで後は冬眠しときましょう。

今現在で-20%下落していますがさらに-40〜50%までいく可能性だってあるわけです。

つみたて投資で15年〜20年間投資しておけばほとんどプラス運用できるといったデータもあります。

初心者につみたて投資は最適な方法。

答え合わせは20年後。

最初は少額からでも投資していって慣れてきたら満額年間40万円に増やしてもOK。

月に33333円で年間40万円。

株価の動き自体は誰にもわからないし、淡々とつみたてていくだけで素人でも勝てる有効な手段であることは間違いないです。

つみたてた以上は長い期間投資し続けるということが1番の得かもしれませんね。

暴落した為に資産が減っていくのは仕方ないこと。

1789年以降、株価が戻らないということはないし世の中が良くなっていきます。

10年、20年とコツコツ投資していくことが資産を増やすコツです。

つみたてNISA基本は買ったら持ち続けるがベスト。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちゃろぐ , 2020 All Rights Reserved.