40歳からでもつみたてNISAは遅くない。1番若い今日から資産形成を始めよう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

なぜ今金融投資がおすすめなのか?

ひと昔前までは貯金=美徳なんて言われていました。

ぼくも小学生ぐらいまでは親によく貯金しなさいと言われるがままにしていた記憶が…。

最近では銀行預金だけしているだけではお金はほとんど増えません。

増えてもスズメの涙ほど。

利息なんてこれから先も期待はできないし。

だからこそ投資にお金を回すべきとはよく巷では言われていますよね。

これは間違ってないのかなと思っています。

将来的にお金はないよりもあった方が心の豊かさが絶対的に違います。

ぼくは去年39歳からつみたてNISAを始めていますけど。

もしこれを読んでいる40歳のあなたは今すぐにでも始めた方が良いです。

今この瞬間が1番若いときだから。

40歳じゃなくても30歳ぐらいでもすぐに始めてみた方が良い。

つみたて投資は名前のとおり毎月の積立るお金が長期になれば効果が発揮されるから。

スポンサーリンク

なぜ貯蓄よりも投資なのか?

銀行預金の数字が毎月増えていくのって嬉しいですよね。

わかります。

確かにどんどん桁が変わっていくと「よしっ。この調子で来月も貯蓄していこう。」みたいなテンションになります。

ぼくもつみたてNISA始める前はそんな感じだったので…。

ただ銀行に預金していても増えません。

ほとんどと言って良いほど。

たまに通帳記入した時に4円だけ利息がついてるって。

そりゃないよりはある方が有難いですけど。

銀行にずっと預けてるだけじゃあお金は増えません。

通帳の金額がどんどん増えていくのをニヤニヤしながら眺めていくのが好きな人なら良いんでしょうけど。

利息だけでの期待はNO。

2018年1月から始まったつみたてNISAなら最大で20年間お金を運用して得た利益は税金がかかることなく自分の懐に入るので初心者の人には向いているはず。

ぼくも2018年の4月から10000円つみたてています。

100円からでも始めれるつみたて投資。

100円と言っても投資金額があまりにも少ないのでせめて10000円から投資するのが良いじゃないかと。

投資なので元本保証はありませんけど…。

あくまでも投資は自己責任です。

投機よりも投資がベ断然オススメ。

つみたてNISA9

1年や2年で全くプラスにならなかったからと言ってやめてしまうのはNGかなと思います。

つみたてNISAは最初から20年という期間が設けてあるので利用しない手はないでしょうね。

誰でもすぐにでもお金が増えるのが理想。

投機って言葉があるけどまさしくギャンブルなら一瞬で増やしたりは出来る可能性はあります。

はっきり言ってハイリスクハイリターン。

この手法はお金に余裕がある人のやり方。

昔の自分に言い聞かせたいですけどパチスロ、競艇などハマった時期があったんですけどね。

まだ20代だったんですけどお金に余裕が全くないのにギャンブル。

金がないのにギャンブルってアホと言いたい。

内田

完全にビギナーズラックでしたけど。

全く始めていったパチスロでいきなり2000円突っ込んで50000円になったものですから。

これが連続で3回。

1週間で15万ほど勝ったので完全に調子に乗っていました。

スロット余裕…。

まぁそんな良いことは長続きしません。

このギャンブルの怖いところが2、3回と勝っちゃうと味しめて何回も行っちゃうんですよね。

まさしくヤメられない。止まらない状態。

内田

昨日の負けを取り戻しにいく。

簡単に取り戻せるわけがない。

素人が勝てるように甘くはないですから。

今考えると軽自動車1代分は突っ込ん出ます…。

大多数の人が今すぐにでも金持ちになりたいみたいな欲望はあるんですよね。

普通に考えたらリスクデカすぎですからね。

ギャンブルは程々にしとかないとホント勿体無い。

ムダな時間も勉強代かな?

お金ないのにギャンブルはNG。

それよりも今は投機よりも投資が有益。

固定費を下げて投資にお金を回す。

つみたてNISA8

給料が多い方が良いに決まっていますけど毎年上がっているって人は果たしてどのぐらいいるんでしょうかね。

年功序列、終身雇用も崩壊しつつありますし。

自分のお金を増やすには自分でどうにかするしかないんですよね。

ぼくは職業が美容師ですから給料は極端なアップダウンはなし。

ボーナスもなければ退職金もない。

投資に回せるお金を作るには余分な出費を減らすだけ。

固定費を下げるだけで30000円ぐらいのお金を投資に回すこともできます。

  • 家賃が安い物件に住む。
  • スマホ代を格安SIMに変更する。
  • 本当に必要なモノしか買わない。

これだけでかなりの節約はできます。

家賃が安い物件に住む。

例えですけど80000円の物件から40000円の賃貸に変更するだけで40000円浮きますからね。

駅から近くでも運よく探すことも可能。

  • オートロックが必要。
  • 風呂とトイレが別がいい。
  • エレベーターがないと嫌。
  • 部屋の広さが絶対に必要。

なんでもこだわりだしたら当然高くつきます。

1人暮らしでもワンルームで6畳ぐらいでもモノ自体が少なければ40000円ぐらいの物件は探せます。

住んでしまえば慣れてきます。

高くなくても安い物件はあります。

時期とタイミングにもよりますけど。

なんでわざわざ高い賃貸物件選んでしまったのか後で考えると悔やむことも。

関連記事

 

スマホ代を格安SIMに変更。

つみたてNISA7

大手のキャリアじゃないと絶対にイヤだ。

そのこだわりは捨ててしまってもしれません。

現にぼくは今格安SIMで運用しています。

関連記事

 

ドコモから変更したことで7000円ほどの節約につながっています。

  • キャリアメールは不要。(Gmailで対応)
  • 留守電は不要。(緊急なことは数年に1回あるかないか)
  • 解約金がもったいない。(月7000円ほど下げれば2ヶ月分のスマホ代で取り戻せる)
  • 友達との電話はアプリで。(LINEの無料通話で十分)

3大キャリアからの格安SIMは店舗があればいいんですけどネットだけで変更は可能。

ただ面倒だからやらないんですよね。

ドコモなら行って全部丸投げしておけばやってくれますからね。

格安SIMに変更ってそんなに難しくないですからね。

やったことないから難しく感じるだけ。

最初はなんでもそう思います。

やっていくうちに「そうか、こうやればいいんだ」みたいな感じになってくるので。

とりあえずやってみることが大事。

格安SIMで不満なことは特になし。

本当に必要なモノしか買わない。

服なんかは流行りを追い求めてはいけません。

いつ行っても同じ商品がそこにはある。

ズバリ定番品を買うことで毎回同じ気に入ったものが着れます。

言ってしまえばズタボロ寸前になる前までとは言いませんが。

大切に扱っていればいれば2シーズンは余裕で着れます。

いつ行っても定番品があるっていいですよ。

選ぶ時間もかからないですからね。

5年も同じもの着ていたら飽きもくるかもしれませんけど。

モノを買うときは事前に決めていけばOKです。

絶対に目移りしない気持ちが必要。

倹約に努めればお金は余らすことが可能。

毎月必ず必要な固定費を計算していけば残せるお金は必ず出てきます。

10000円でも20000円でも余らせることができたら貯蓄ではなく投資に回してしまいましょう。

ムダなものには一切お金を使わないという気持ちが必要。

ただ食費は1人だと30000円までとかマイルールを決めておけばいいでしょうね。(1日1000円まで)

毎日もやしばっかり食べていても飽きます。

普段は質素な食事だけど休みの日はちょっとプチ贅沢みたいな感じにすればメリハリが。

将来のためにもつみたて投資していくのは現代人の必須項目。

今が1番若いですから20年間つみたて投資するんだったらすぐにでも始めてみてもいいですね。

投資は自己責任で。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です