【レビュー】ウェクスレイ のリュックが抜群に良い。安い、蒸れない、疲れない。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

 

この度普段持ち歩くリュックを買い換えたのでレビューしていきます。

ウェクスレイ と言うブランドのリュックです。

値段が約15000円でハイクオリティ。

  1. 値段が約15000円とロープライス。
  2. 背中が蒸れない。
  3. 肩部分のショルダーストラップが頑丈。

あと生地がCORDURA(コーデュラ)。

簡単に言えば耐久と耐水に強いってこと。

使ってみて約2ヶ月経ちますが全くストレスなく使えてるってとこが最強。

もっと早くに知っておけばよかった…。

なんて思いながらこのウェクスレイ のリュックのレビューをしていきます。

スポンサーリンク

ウェクスレイ は良心的値段15000円。

ウェクスレイ 1

リュックに15000円を高くみるか?安くみるか?

普段4000〜5000円ぐらいのリュックを使っている人なら高く感じるのは間違いない。

逆に20000円ぐらいのモノを持っているなら安く感じますよね?

これは個人差があるので。

ただこのウェクスレイ のリュックは約15000円。

機能性に優れていて持ちやすい。

完全に防水ではないけど水にも耐えれることはメリット。

急な雨が降ってきても中身がビチャビチャにはならない。

生地がしっかりとしているので型崩れしないのはめちゃありがたい。

ぼくはこのウェクスレイ のリュックの前はタンカーのポーター 3way。

生地が雨に弱かったのですがデザインは気にいっていたので1年ちょっと使用。

梅雨や台風の時期が多くて中に水が浸透してきてさすがに買い替えを検討していたんです。

ポーター 3wayは値段が30000円ほど。

金額としては高額…かな。

ただずっと使っていく予定だったので。

最低でも3年ぐらいと計算して1年で10000円。

選んだ理由はブランドとデザイン。

手持ち、ショルダー、リュックと3パターンの持ち方が可能。

とは言ってもリュックとして持つことしかなかったんですが。

1年ちょっと持ってみて

  1. 浸水。
  2. 肩のショルダーストラップがちぎれそう。

この2点に不満を持つようになってきました。

そう考えると機能性には満足いく結果ではありませんでした。

3年持つ予定がたったの1年チョット。

実際に使ってみないとわからない部分はあります。

ただ今回のウェクスレイ のリュックはかなり満足いくモノ。

30000円のポーター 3wayに比べると半値15000円。

見た目重そうですがめちゃくちゃ軽いです。

ストレスなくリュックを背負える感じ。

これが15000円で手に入るなんて最高です。

ウェクスレイ のリュックは背中が蒸れない。

ウェクスレイ 6

リュックあるあるですがが背中の汗問題。

特に夏場の汗は厄介で張り付いたら最後。

蒸れやすくて背中に汗かいたらビチョビチョ。

これが軽減されるのがウェクスレイ 。

このボコボコ部分を見たら想像つくと思いますが。

背中にこもりやすい熱を分散してくれるんです。

これってスゴくないですか?

真夏の移動時間で背中が濡れるって心配も少なくなります。

長時間歩いたりすれば間違いなく背中の汗じみの心配も不要。

完全にユーザーファースト。

使う側のことをよくわかって作っていますね。

ここまで作り込んでるってことは造ってる側も違和感を感じたんでしょうね。

背中の汗問題を…。

リュックを背負うことは必ず背中と隣り合わせですから。

汗と切っても切れない関係であることは確か。

それにしてもホントよくできたリュックです。

ウェクスレイ の肩部分のショルダーストラップが頑丈。

ウェクスレイ 2

リュックを背負う上で大切なショルダーストラップ。

モノの大半をここで支えてるわけですから頑丈でなければいけません。

肩部分が弱すぎると破損の原因に。

ストラップ部分が肩にジャストフィットすれば持ち歩きがかなり楽。

めちゃくちゃ重たいモノを入れない限りは耐久性は問題なし。

ただ入れすぎは禁物。

毎日パンパンに詰め込みすぎるとリュックに限らず短命は確実。

上部分に少し余白を作ってあげることが重要。

デザインがシンプルかつ収納力抜群。

見た目は重要でカッコ良いことは当たり前。

シンプルな面構えをしているのでミニマリスト向き。

背面のスタイルは重要です。

シンプルであればあるほど服装の邪魔はしませんから。

学生でも社会人でも男女問わずいけるんじゃないかと思っています。

パソコン12インチも入るし小分けされたポケットたち。

ウェクスレイ 3

上の画像はそのまんまパソコンを入れた状態。

実はこの入れ方でも間違いではないんですが以下の画像を見たらわかります。

ウェクスレイ 7

ちょうど背面部分に専用と言えばいいのかパソコン収納スペースが設けられてるじゃないですか。

ここに入れておけば安心ですね。

ウェクスレイ のリュックは軽い。

モノ自体が入っていなければ当然軽いんですが入っていても安定の軽さ。

「何言ってんの?」と思うかもしれません。

ショルダーストラップと背中のデコボコに完全にやられました。

リュックでこの感動はなかなか得られません。

結構モノ自体が入っていても軽く感じることができます。

なんか不思議なんです。

モノはなるべく持たない方がストレスもなくなります。

弁当、水筒、充電器など最低限必要なモノは手放すことはできません。

使ってみてわかることなんですがとにかく軽い。

ウェクスレイ のリュックのデメリットは?

快適に使えいますがたった1つだけここがイマイチと言う点を挙げます。

これには2つあります。

  1. ショルダーストラップのカード入れが小さい。
  2. リュックのインナーカラーが黄色。

ショルダーストラップのカード入れが小さい。

ウェクスレイ 5

ショルダーストラップの部分にカード入れがあるんですがサイズが小さいのが難点。

クレジットカードや交通系ICカードがギリギリではみ出てしまう。

思いっきり突っ込めばいけますが…。

そうなるとカードが破損して使えないようなことにも。

無理して入れることはしなくてもOK。

いつの間にかファスナーが開いててカード紛失みたいな心配もありませんから。

財布に入れるかポケットにしまっておく方が無難。

あえて言うなら小銭ぐらいなら大丈夫。

使い勝手が悪いような感じがあるのは事実。

リュックのインナーカラーが黄色。

これはブラックで統一して欲しかった。

なぜ黄色にしたのか?

まぁファスナーを閉めてしまえば中は見えませんけど。

デメリット部分とは言っていますけど逆に黄色にすることでリュックに中の探し物を見やすくしているのかなとも思ったり。

デメリットも逆にメリットにみえてくるものなのかも。

内田

使っているうちに慣れてきます。

黄色もなかなか良いやんみたいな感じになってきます。

慣れって怖い部分ですね。

ウェクスレイ のリュックをオススメする人は?

  • シンプルなデザインが好きな人。
  • 15000円を高い買い物だと思わない人。
  • 耐久性を求めるリュックを探している人。
  • 雨にも強い生地を求めている人。
  • 肩部分の頑丈さを求めている人。
  • 背中の汗問題を解決したい人。
  • 疲れにくいリュックを探している人。

失敗はしたくないと思うので買ってこんなはずじゃなかったみたいなのは避けたいですからね。

ウェクスレイ 4

機能性は申し分ないですからこれが15000円で手に入るなら安いもんです。

どうしてもインナーカラーの黄色が苦手っ人は買わない方がいいかも。

ミニマリスト志向の人にもオススメできるリュックです。

》》ウェクスレイ の公式サイトはこちらから

ちなみにぼくは半年ほど待っていました。

在庫切れを起こす場合もあり買うなら早めに。

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です