2018/06/24

そもそもパーマってなんで当てるのか?初心者向けについて考えてみた。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


毎日カットしまくっています。アラフォー美容師の内田裕一郎です。

詳しいプロフィール

内田裕一郎

スポンサーリンク

パーマのイメージってどんなものがありますか?

  • 傷む。
  • ボリュームアップする。
  • 動きが出やすい。
  • 華やかさが出る。
  • 老ける。
  • 大人っぽさが出る。
  • 根元の立ち上がりが出る。

パッと思いついただけでこれぐらい。

髪の毛にも向き不向きがあります。

細毛、猫っ毛、小毛 には、かなり向いています。

剛毛、爆毛、くせ毛は当てる必要はありません。

年齢関係なく華やかさが出る。

直線よりも曲線の方が柔らかいイメージを与えることができます。要するにストレートよりもパーマを当てている方が女性らしさが出るってこと。

今までまっすぐの髪の毛だったけれどパーマあててイメージがかなり柔らかくなったという人は実際に多いです。老けて見えることもあるのですが若い人には有効です。

大人っぽく見せたい。実年齢よりもプラス5歳に見られたい。特に20歳前後の女の子にはそういうイメージはあるでしょう。

普段ストレートにしていて軽く毛先だけ大きめのゆるいカールをつけるだけでも全然違います。

パーマと言っても

  • 根元から当てないといけない。
  • 毛先だけ当てないといけない。

そんな決まりなんて全くないんですから。必要な部分にだけ当ててしまえばいいんです。

カールが欲しいところに欲しい分だけ。

根元がぺちゃんこ。

どうしても根元のボリュームが出ないんであれば根元が立ち上がるように当てればいいことです。

この場合は基本レイヤースタイル(段カット)でないとほぼ立ち上がりは出ません。

表面と裾の長さが全く同じであれば重すぎて難しいです。段が入ることで表面の軽さで動きがつきやすくなるので根元の立ち上がりが出やすくなります。

真っ直ぐすぎる髪の毛には動きを。

直毛すぎて悩んでるんですよね。

そんな人には毛先中心にパーマを当ててあげることで柔らかさが出ます。初めて当てる人にはオススメです。

スポンサーリンク

普段はホットカーラーやコテを使っている人。そんな人には当てておけば巻いた時に型付けがしやすいんですね。

崩れにくいのはもちろん。セットしやすくなります。

縮毛矯正にパーマは?

これはかなり難易度が高くなります。

縮毛矯正で真っ直ぐにしている髪の毛にさらにパーマで曲げる。一度真っ直ぐにアイロンで伸ばしている髪の毛は曲がらない。

パーマではほぼキレイなカールは出にくいです。簡単なのはコテ、ホットカーラーを巻くだけがダメージ小でおさまります。

毎日やることで当然髪の毛は傷みます。毛先の引っかかりも出てきます。色も熱で焼けてしまい若干明るくなります。

一言で言うと負荷がかかり過ぎてしまうってコト。

やめておいた方が無難です。

パーマを当てない方が良い髪の毛。

最初に言った通り剛毛、爆毛、くせ毛はやめておきましょう。

当てれば確実にボンバーヘッドになります。自らが持って生まれた髪の毛なんで無理やり当てる必要はありません。

天然のカールはそのまま生かす方が1番ダメージもなく良いです。

わざわざ傷ませるコトもなく自然に任せる。

加齢と共にヤセる。

体の話ではないんですけど。

髪の毛がヤセて細くなります。もちろん全員に当てはまるわけではありません。

特にパーマやカラーをしている人はほぼ確実になります。何年も頭皮や髪の毛に薬をかけ続けるわけですから当然と言えばそうなんですね。

カラーはやったら最後。

一度やってしまうと根元の色が気になります。根元が伸びてくれば間違いなく染めますよね。

ほぼ9割型はこのループにはまります。黒髪でも白髪でも同じです。

ノーダメージでいきたいならば1番最初のカラーをやらないコトです。根元の色は必ず気になってきます。特に白髪は老けて見えるマイナス的な要素を持っていますからね。

まとめ。

パーマに向いている髪の毛は

  1. 猫っ毛。
  2. 細毛。
  3. 小毛。

この3つの髪質はドストライクです。

あとは毛先に動きが欲しい人です。

パーマは当てれば傷むけど華やかさを出すことが出来ます。

女性らしさもあり柔らかい印象を与えるコトも可能。気になる人は一度ゆる〜く当ててみてくださいね。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です